【10年ぶり日本開催復活! ラリーこそ日本車の輝く真髄!!】 WRCベースマシンの熱き系譜 [スズキ マツダその他メーカー編]

 日本にWRC(世界ラリー選手権)が10年ぶりに戻ってくる!! すでにお伝えしてきたとおり、来年11月19~22日にラリージャパンがシーズン最終戦として復活し、少なくとも2022年までの3年間開催される。

 今回はWRCラリージャパンの復活を記念し、これまでWRCに参戦してきた各メーカーの系譜をたどっていくこととしたい。

 現在、日本車でWRCに参戦しているのはヤリスWRC擁するトヨタのみだが、かつてはこぞって参戦していた熱い時代を振り返る!!

新型ヤリスも参戦するぞ!!! トヨタ・日産編はこちら!!!
スバルはXVでの参戦も!? 三菱・スバル編はこちら!!!

【画像ギャラリー】サバンナ、シャレード、ランチア・デルタ、アウディクワトロ…往年の名車たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年10月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年11月26日号


■【Part5 スズキ マツダなど他メーカー編】「氷の女王」や「イエローバレット」の異名取り活躍!

●スズキ……1986年にWRC初出場を果たしたスズキが本領を発揮したのは2002年創立のジュニアWRC。2004~2005年と初代~2代目スイフトスポーツによってタイトルを獲得している。

●マツダ……1981年にマツダチームヨーロッパが設立され、1983年には初代RX-7でグループBに参戦するも振るわず。1987年から6代目ファミリア4WDで参戦し、T・サロネンのドライブでスウェディッシュラリーで初の総合優勝を果たした。

●ダイハツ……1979年、初代シャレードでダイハツはラリーモンテカルロに挑戦。その後も2代目&3代目シャレードターボで1984年以降のサファリラリーに参戦。1993年のサファリラリーではセリカGT-FOUR(ST185型)4台に続く総合5~7位を3台のシャレードが続く快挙を成し遂げた。

●いすゞ……1983年、初代アスカで英国RACラリーに出場し、クラス優勝を果たしている。

*   *   *

●マツダ 6代目ファミリアGT-X

 1986年登場の6代目ファミリアのトップグレードとなった「GT-X」はWRC参戦も視野に、1.6Lターボに日本車初のフルタイム4WDを組み合わせた画期的なモデルだった。WRCには1986年のうちから参戦を開始。翌1987年はグループBからグループAへの変革期だったことも幸いし、第2戦スウェディッシュラリーで初優勝を飾った。

●ダイハツ 初代シャレード

 1977年登場の初代シャレードは軽自動車とカローラなどの大衆車との間を埋めるリッターカー、今でいうコンパクトカーの先駆けとして人気を集めた。WRCにはモンテカルロラリーに1979年から3年間参戦し、1981年にはクラス優勝を飾った。その後もシャレードのWRC参戦は舞台をサファリラリーに替え、1993年まで続いた。

●スズキ 2代目スイフトスポーツ

 2005年に2代目モデルとなったスイフトスポーツの市販車は排気量を1.6Lに拡大するなどし「安くて楽しいクルマ」として人気となった。2代目スイフトスポーツはJWRCにも登場直後から投入され、当初は信頼性が足りなかったものの2回のドライバーズタイトルを獲得。スズキのWRC撤退後もJWRC参戦は2010年まで継続された。

●スズキ 初代SX4 WRC

 市販車は「乗ればいいクルマながら地味な存在」というのが否めなかった2006年登場の初代SX4ながら、市販車にはない2Lターボ+4WDとすることで2007年のテスト参戦からWRCに参戦。当初はリタイヤが続いたものの、2008年シーズン終盤にはラリージャパン5位などの成績も残した。しかし2008年12月にスズキはWRC撤退を決めた。

●マツダ 7代目ファミリアGT-X

 1989年登場の7代目ファミリアでもWRC参戦ベースのGT-Xは、排気量を1.8Lに拡大するなどして継続された。実戦には翌1990年から投入され、1991年にはパワーアップなどが施されたGT-Rが登場するものの、ライバル車の2Lに対し1.8Lと排気量が小さいなど戦闘力不足は否めず、ワークス参戦は1992年初めで終了した。

●マツダ 初代サバンナRX-7

 マツダが大ピンチに陥っていた1978年に登場した初代サバンナRX-7はピュアながら安価だったこともあり、好調な販売成績を残した。WRCには1981年と1982年のRACラリー(英国)に参戦後、当時トップカテゴリーだったグループBに1983年から参戦を開始。しかしサバンナRX-7はFRという不利が致命的で、1985年で参戦を終了した。

●いすゞ 初代アスカ

 1983年にフローリアンの後継車として登場したアスカは主にファミリーカーとして使われることを想定したミドルクラスのセダンで、GMとの業務提携によりオペルアスコナなどとも兄弟関係にあった。アスカには2Lターボもラインナップされたこともあり1983年にはRACラリーに参戦し、クラス優勝という素晴らしい成績を残した。

■【Part6 輸入車編】ランチア、プジョー、シトロエン、フォードなど多士済々

 WRCが創設された1973年から1980年代初頭まではグループ4にランチアやアウディなどが参戦。その後、1982年からはグループBがWRCのトップカテゴリーとなり、異形のアウディクワトロA2、プジョー205ターボ16、ランチアデルタS4、ルノー5ターボといったモンスターマシンが席巻した。

 速すぎて危険すぎたグループBに代わり、1987年にグループAに移行してからはランチアデルタ、フォードシエラ&エスコートのほか、トヨタ、スバル、三菱といった日本勢と鎬を削るようになった。

 1997年にはWRカー規定が新たに導入され、大幅な改造が認められるように。当初こそカローラWRCやインプレッサWRCが善戦していたものの、次第にM・グロンホルムやS・ローブの駆るプジョー206&307CCをはじめ、シトロエンクサラ&C4などが他を圧倒する。その後はS2000規定を経て、現在の2022年規定へ。

●アウディクワトロ

 1981年からWRC参戦を開始し、コーナーは遅かったものの圧倒的なトラクションでWRCを席巻した。

●ルノーアルピーヌA110

 軽量コンパクトかつRRならではの強烈なトラクションを武器に、1973年には初代WRCメイクスタイトルを獲得。

●ランチアストラトス

 モータースポーツでの勝利だけを目的に開発されたMRのスポーツカー。WRCでも圧倒的な強さを見せた。

●プジョー205ターボ16

 見た目はプジョー205だが、グループBでのWRC制覇を目指しMRの4WD+1.8Lターボで200台が市販化された。

●ルノー5ターボ

 通常FFとなるルノー5をMRとし、グループ4クラスで1980年代初めのWRCに参戦。市販車も人気となった。

●フォードエスコート

 シエラの2Lターボ+4WDというパワートレーンを小さなボディに移植し、グループAとWRカー規定で活躍。

●フォードシエラ

 シエラのモータースポーツベース車となるRSコスワースにはFRと4WDがあり、レース、ラリーともに活躍した。

●ランチアデルタ

 初代デルタはグループBからグループA時代にかけてWRCで名声を残し、ベース車は日本でも大人気となった。

●フォードフォーカス

 フォーカスはWRカーの規定が2Lターボ+4WDだった時代に初代と2代目モデルがWRCに参戦した。

●フォードフィエスタ

 フィエスタはWRカーの規定が1.6Lターボ+4WDになった2011年以来、下位カテゴリーも含め参戦継続中だ。

●プジョー206

 日本でも人気車となったプジョー206はWRCでも2000年以降3年連続のメイクスタイトルなど大活躍した。

●プジョー307CC

 プジョーのWRカーを2004年に206から引き継いだ307はメタルトップのCCをベースにしたものだった。

●シトロエンC4

 C4は2007年にクサラの後継車としてWRCに投入され、4回のドライバーズ、3回のメイクスタイトルを獲得。

●シトロエンクサラ

 プジョー306の兄弟車となるクサラはドライバーズ、メイクスともに3回のタイトルを獲得。

●シトロエンC3

 C4、DS3から続くシトロエンのWRカー。今シーズンはセバスチャン・オジエ選手がすでに3勝を挙げている。

●VWポロR

 2013年から2016年まで大活躍したポロR WRCは、WRカーをイメージしたロードカーも2LターボのFFながら市販。

●ヒュンダイi20

 ヒュンダイは2014年からi20、i20クーペでWRCに参戦しており、今年のメイクス部門をリード中だ。

●BMWミニJCW

 2011年から日本でクロスオーバーと呼ばれるモデルをベースに参戦するが、2012年初めにワークス活動を終了。

【画像ギャラリー】サバンナ、シャレード、ランチア・デルタ、アウディクワトロ…往年の名車たちをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【東京オートサロン情報も満載】早くもつかんだ2021年の新車 全情報!!|ベストカー 2020年2月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、早くも2021年に登場する新車情報全台を一挙にお届け。  新型WRX S4、マツダ2、新型ヴェゼル、新型ノア/ノアカスタム、日産アリアら注目車たちが続々登場する見込みとなっている  そのほか、今…

カタログ