390万円からのレクサス最安SUV登場! 新型UXはC-HRとどれだけ違ってどれだけ買い??


 2018年11月27日、レクサス待望の小型SUV、新型UXがついに発売!

 C-HRやヴェゼルなどコンパクトSUVに人気が集まるなか、全長4.4m台とレクサスのSUVで最も小型かつ価格も390万円からとレクサス車ではCT200hに次いでリーズナブルとあって、注目度はかなり高い。

 新型UXはトヨタのC-HRをベースに開発された小型SUV。レクサス史上最もリーズナブルなSUVは、どれほどの実力を持っているのか? 人気・実力ともに高い“ベース”のC-HRとどれだけ違うのかも含めて、その魅力と立ち位置を解説!

文:松田秀士
写真:編集部、TOYOTA


C-HRで「今一歩」だった乗り心地&静粛性は?

LX、RX、NXの3台より小型かつ安価なレクサス最小型SUVとして登場した新型UX。価格帯は390万~509万円で4WD車のほかFF車も設定

 レクサス UXが日本市場でも販売開始された。実は米国市場ではすでに販売されていて、筆者自身WCOTY(ワールドカーオブザイヤー)試乗会が開催された米国・ロサンゼルスで試乗していた。この時の印象は室内の静粛性が非常に高く、なおかつ乗り心地の良い車という印象だった。

 その後、日本での試乗会に参加したわけだが、乗り心地に関しては日本よりも米国の方が路面が悪いので評価には適している。また、ロードノイズも路面の表面が粗く、コンクリート舗装や継ぎ接ぎのアスファルトなど様々な路面があり、こちらも評価するには絶好の場所。

 WCOTY試乗会では日本で販売されていないモデルも多数準備されていて、それらと直接比較することができ参考になる。ロードノイズに関しては、粗い路面では若干室内音の高まりを感じるが、細かいサーフェスの路面ではかえって他車ライバルと思しきモデルよりも静粛性が良かった。

 まず、何故この「室内静粛性」や「乗り心地」を先に挙げたかというと、UXのベースモデルとなるC-HRはこの2点に於いてそれほど優秀ではないからだ。特に、ラゲッジルームから後部座席の走行音が気になっていた。

 このあたりはレクサスブランドとして、アーバンライフにターゲットを置きながらもSUVとしての機動性を併せ持つモデルの最低限は達成している。

 ただ乗り心地に関しては、開発に当たって常にLSと乗り比べて進化させたというだけあり、クラスを超えた快適性を達成している。この点は先のWCOTY試乗会で試乗した海外他モデルと比較しても明らかだった。

インテリアデザインにレクサスらしさは感じられる?

レクサスブランドらしい質感が感じられるインテリア。インパネはベンツやBMWなどに近い横長のディスプレイを中心とした一体感あるデザインだ

 もうひとつ、インテリアデザインに注目してもらいたい。レクサスブランドらしく、視界に入る隅々まで詰め込んだ内容だ。

 どういうことかというと、どこか隅の方にぽっかり穴が開いたような「ここは捨てます」みたいな諦めのエリアがない。とにかく隅々まで気を抜かずにデザインしている。そのインテリア全体が目の保養になっている。

 ナビディスプレイの位置とダッシュボード周辺のデザインも、違和感なく視界に飛び込んでくる。ダッシュボード両端からボンネットに繋がる盛り上がりのデザインが、特に左フロント端への距離感をわかりやすくしている。

 また、ドアミラーをAピラーマウントとせずドアマウントとし、Aピラー周りの側方視界を確保しているので交差点の右左折時も視認性が良く安全だ。

 コンパクトSUVの限られたキャビンスペースのなかで、センターコンソールとアームレストの一体化は若干押しの強さを感じるが、スイッチ類の操作性もちょうど良く、デザイン性と機能性のバランスがとれていると感じる。

次ページは : 車体はベースのC-HRとどこが違う?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ