BMW 新型7シリーズ&i7プロトタイプ試乗! 駐車場での自動バックアップ走行は白眉

BMW 新型7シリーズ&i7プロトタイプ試乗! 駐車場での自動バックアップ走行は白眉

 BMWのトップモデル、7シリーズの先代モデル(G11型)は2015年に登場し、2019年のフェイスリフトを経て今日に至っている。そして7年目を迎えた2022年、ニューヨークで7世代目の7シリーズ(G70型)が発表された。

 私はこの発表に先立ってBMWのテストコースでプロトタイプによる試乗会に参加したのでレポートしたい。

文/木村好宏、写真/木村好宏、BMW

【画像ギャラリー】進化し続けているBMW 新型7シリーズ&i7の内外装をチェックする(17枚)画像ギャラリー

新型7シリーズ 内燃機関搭載モデルとBEVの2機種を同時発表!

BMWのテストコースに現れた新型7シリーズ。全長が従来型モデルより17cm長い、5400mmとなった
BMWのテストコースに現れた新型7シリーズ。全長が従来型モデルより17cm長い、5400mmとなった

 私の前に現れた2台のニュー7シリーズは完全なカムフラージュ姿であったが、そのサイズは圧倒的だった。というのもBMWはこれまでのショート及びロングバージョンを廃止して新たにワンモデルに統一したのだが、その全長は5.4mで、これまでのロングバージョンよりも17cmも長いのだ。

 この日に試乗できたのは、直列6気筒エンジン搭載モデルとフルEVのi7だったが、今回は後者「i7」を中心にレポートをお届けする。

 BMWはCLAR(クラスター・アーキテクチャー)と呼ばれるフレキシブルなプラットフォームを採用しているが、それは内燃機関、PHEVそしてBEVのどんなパワートレーンにも対応できる。

 そして、エクステリアデザインもiXシリーズのようなアバンギャルドなものからこれまで発表されたi4や今回紹介するi7のようにICE搭載モデルとほとんど変わらないアウタースキンを被せることも可能なのだ。

BMWらしさも残しつつ進化!! 安定感かつ乗り心地抜群でドライブを楽しめる! 

 BMWの近未来戦略は「顧客の選択肢を狭めない、自由」を提供することを標榜している。ゆえにi7も極端に薄いLEDヘッドライトや各部のEV専用ブルー・アプリケーションを除けばICE搭載モデルと見分けがつかない。

 詳細は語られなかったが、試乗したのはおそらくi7xDrive60で、後日配布されたデータによれば前後に搭載された電気モーターによるシステム出力は400kW/544ps、最大トルクは745Nmを発生する。

 また、ダイナミック性能は0‐100km/hが4.7秒、最高速度は240km/hである。そして搭載される105kWh(グロス)、101,7KWh(ネット)のバッテリーによる航続距離は510kmに達する。

 この時点では、まだカムフラージュされたインテリアは「カーブド・ワイド・スクリーン」でOSはBMWオペレーティング・システム、加えてコンソールには伝統のiDriveが残されている。

 ゆったりとしたキャビンのシートは快適だが、BMWらしさを残したスポーティで身体をしっかりとサポートしてくれる。そしてドライブペダルを踏み込むとドライバーの背中はバックレストにのめり込むような加速感が襲ってくる。

 およそ1kmのストレートで簡単にドイツの巡行速度130km/hに達する。コーナーでは4WSとアクティブ・ロール・コントロール・システムのおかげで、5.4mのボディを感じないほどのクリックで安定したなハンドリングが際立った。

 また、ブレーキフィールはまったく自然でメカニカルと回生の狭間を感じることはなかった。さらにランフラットを止めた19インチタイヤのおかげでロードノイズは減少し、乗り心地が向上している。

次ページは : ベンツEQSに相当!? BMW i7はEVサルーンのバリエーションを増やせる

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します