クロスオーバーからは段違いのデキ!! クラウンスポーツは21インチでもしなやか足に!? デザインもカッコ良すぎた

クロスオーバーからは段違いのデキ!! クラウンスポーツは21インチでもしなやか足に!? デザインもカッコ良すぎた

 巷ではフェラーリのエクステリアと比較されるほど、デザインでは高評価を得ているトヨタ クラウンスポーツ。国産車のデザインもここまできたかと感慨に浸ってしまうが、走りはどうなのか? 2023年師走の東京で公道初試乗してきた!!

※本稿は2023年12月のものです
文/鈴木直也、写真/TOYOTA、ベストカー編集部、撮影/平野 学
初出:『ベストカー』2023年1月26日号

【画像ギャラリー】快進撃のクラウン四天王!! 第2弾にしてもうメロメロです……引き締まった走りが魅力のトヨタ クラウンスポーツ(24枚)画像ギャラリー

■国産車の歴史始まって以来の誇るべき難クセ

ついに登場したトヨタ クラウンスポーツ。2023年12月、師走の東京で試乗した
ついに登場したトヨタ クラウンスポーツ。2023年12月、師走の東京で試乗した

 最近ネットで笑ったのが、SNSで見かけた「クラウンスポーツはフェラーリプロサングエのパクリ」という書き込み。

 よい子の皆さんはご存知のとおり、クラウンの発表は2023年7月15日、プロサングエは9月13日。どちらが先かといえばクラウンのほうが早い。

 ま、このタイミングだとどちらも独自にデザインが進行していたというのが事実だろうが、重要なのは、クラウンスポーツのデザインはネット民が「フェラーリをパクった」と勘違いするほどカッコいいと認識されていること。日本車で「フェラーリと似てる」なんて言われた例、これまでなかったと思いません?

 そんなわけだから、クラウンスポーツの実車に接した際、じっくりとそのデザインを鑑賞してみたが、いやホントにカッコいいんだわ、これが。

 クラウンクロスオーバーに対して、全長を210mm、ホイールベースを80mm短縮したプロポーションは、ぎゅっと引き締まった筋肉質。

 グイッと張り出したリアフェンダーにはアスリートの力こぶを彷彿させるエネルギーが漲っていて、それとバランスをとる意味で21インチホイールを自然に履きこなしているのも素敵。スーツをビシッと着こなした大谷翔平って言ったら褒めすぎですかね?

■素晴らしいシャシー性能には文句ナシ!

生産技術の進化で実現した微妙な曲線が魅力的なデザイン。足が固くないのにスポーティな走りを狙っている
生産技術の進化で実現した微妙な曲線が魅力的なデザイン。足が固くないのにスポーティな走りを狙っている

 商業的には、このデザインだけでもう成功も同然だと思うのだが、走りっぷりも予想以上の出来のよさに感心した。今回試乗できたのは2.5LのHEVのみで、パフォーマンス的にはビックリするレベルではない。

 エンジン単体で186ps/22.5kgm、全モデル4WDということでリアのeアクスル(40kW)を含めたシステム総合出力は234ps。1810kgの車重に対して充分以上と評価できるものの、全開で踏んでも「パワフル!」と表現するまでのインパクトはない。

 その代わりシャシー性能は文句なく素晴らしい。開発者は「単純に固めるのではなく、しなやかに路面を捉え、思ったとおりのラインをトレースできる足を目指した」とのことだが、よく聞くこのコンセプトがお題目にとどまらず、かなりのレベルで表現されているのにはビックリした。

次ページは : ■第一弾のクロスオーバーから大きく進化

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!