アンチラグ制御搭載でゴキゲンに!! プロドライバー以外は8ATモデル一択か!? GRヤリス大幅改良モデル試乗

アンチラグ制御搭載でゴキゲンに!! プロドライバー以外は8ATモデル一択か!? GRヤリス大幅改良モデル試乗

 2020年9月の発売以来、数多くのモータースポーツで鍛え上げられたトヨタ GRヤリスが大幅改良を実施。エクステリアこそ小変更だが、中身はEVOモデルと呼びたいほどの大きな進化を遂げた。発売は2024年春予定。オーダーするなら急ぐべし!!

※本稿は2024年1月のものです
文/国沢光宏、写真/西尾タクト、トヨタ
初出:『ベストカー』2024年2月26日号

■モータースポーツで鍛え上げフィードバック

サイドロアグリル部分は冷却性能向上のため、開口部を大きくデザインを変更。ロアグリルはスチール製のメッシュになり割れなくなった
サイドロアグリル部分は冷却性能向上のため、開口部を大きくデザインを変更。ロアグリルはスチール製のメッシュになり割れなくなった

 新型GRヤリスの試乗レポート、どれも絶賛の内容になると思う。まったく異論はないのだけれど、スポーツモデルってそう簡単じゃない。

 現行のヤリスGRと比べ圧倒的にいいかとなれば「もちろんです!」と答えるほど簡単じゃないのだった。ポルシェ911だってデビューから59年経っても改良を続けています。以下そんなことをイメージして読んでいただきたい。

 今回変更された点の大半はモータースポーツに出場した時の課題の解消。

 よく言われるようにエンジンの冷却性能はもちろんだが、例えば全日本ラリーだと、パワステのモーターすらオーバーヒートしちゃうのだった。そんな課題を克服すべく今回のマイナーチェンジとなった。

■シフトフィールにブレーキフィールも大幅アップ!!

パワーアップの効果はもちろんだが、MTモデルはシフトフィールやブレーキのタッチがよくなり、ドライビングが楽しくなった。さらにサーキットではアンチラグ制御が入り、サウンドでも楽しめる
パワーアップの効果はもちろんだが、MTモデルはシフトフィールやブレーキのタッチがよくなり、ドライビングが楽しくなった。さらにサーキットではアンチラグ制御が入り、サウンドでも楽しめる

 それでは試乗といきましょう。まず現行のGRヤリスに乗って再確認する。袖ケ浦サーキットを全開で3ラップしただけだと何ら不満なし。

 30馬力ほど上がったパワーに魅力を感じるのなら、20万円も出せば300馬力を余裕で超えるロムチューンキットが多数出ている。現行のGRヤリス、今でもいいクルマです。

 続いて新型に乗り換える。アクセル全開でコースインすると、なるほど改良を受けた点はしっかりと効果を出せている。

 例えばシフトフィールがよくなった。現行モデル、少しばかりゲートが甘く、左右方向の重さも課題を抱えており、サーキット走行などで強い横Gが掛かった状態ではシフトミスを招いた。

 ステアリングフィールも向上しており、現行より微細な路面感覚をつかめる。

 ブレーキフィールは一段とカッチリしており、これまた荷重コントールをしやすくなっている。

 大いに感動して「素晴らしい!」とペースアップしていくと、ここがスポーツモデルの面白さで、次なる課題も見えてくるのだった。

 それはタイヤ性能ですね! サスペンションの受け止め能力を高めたため、さらに高い速度でコーナーを曲がれるポテンシャルを得た。

 当然ながらタイヤ性能を上げないと、ドライバーの期待値より早いタイミングでアンダーステアが出てしまう。

 本来ならワンサイズ大きくするか、食いつきのいいコンパウンドにしたいところ。されど今や騒音規制などあるため、そうもいかない。

 だとすれば大型のエアロパーツなど装着してダウンフォースで対応すればいい!? といった「欲望」がムラムラと湧き出してくる。

 このあたり、GRヤリスのテストドライバーでもある大嶋和也選手に聞いたら「そうなんです。このレベルのクルマになるとサーキット毎のベストセットが違ってきます。もちろん袖ケ浦サーキット用のベストセットもありますよ~!」だって。

 次回、試乗会をやるなら、市販車ベースでベストのアライメントにした車両を用意してほしいとリクエストしておきました。これだからクルマは面白い!

次ページは : ■オヤジ殺しになりそうな8ATモデル

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!