【北海道には最強のスタッドレスを!!】北海道生まれの安心・安全のスタッドレスタイヤとはいったいなんだ?

 冬が来る前にそろそろ準備をしておきたいのがスタッドレスタイヤ。いろいろなメーカーの製品があるし、どうやって選ぶべきなのかむずかしいという人も多いだろう。

 そこでベストカーWebでは世界最強との呼び声も高いバリエーション豊富な雪道が広がる北海道で、ヨコハマタイヤのiceGUARD6を試してみることに。

 東京生まれの担当が微妙な雪道知識を胸に向かった北海道。グルメをしつつ、iceGUARD6の実力をお伝えします。

文:ベストカーWeb編集部 写真:ヨコハマタイヤ、AdobeStock【PR】


■えっ、函館から札幌まで300kmもあるの??

 実は北海道はとんでもなく大きい。北海道に住む皆さんにとっては「なにを当たり前のことを……」と思われるだろうが、担当のような東京育ちの人間からするとそのとてつもないスケールの大きさにびっくりする。

 いま思えば笑い話だが、担当が高校生の頃、青春18きっぷで旅をしていた時期がある。その時に札幌から函館まで1日で移動しようとなんとなく思っていた。

借りだしたCX-5にはiceGUARD6が装着されている。頼もしいタイヤなのはわかっているものの東京育ちの担当はすでにドキドキ

 ところがどっこい札幌と函館は約300kmは離れている。特急列車で3時間30分はかかるというなかなかの遠距離ぶり。クルマだと4時間程走る必要がある。

 そんな函館から札幌への冬の道のりをヨコハマタイヤのスタッドレスタイヤ「iceGUARD6(アイスガードシックス)」と共に走り、北海道の魅力をお伝えしようというのがこの企画。

 心配になるのはやはり移動距離と冬の北海道の路面。なんせ担当、東京生まれ東京育ち。雪道はスキーの往復程度。世界最強とも言われる北海道の雪の路面に立ち向かえるのか……??

 前日は心配のあまり眠れない、なんてこともなく睡眠充分でさっそく函館まで空路で移動。函館に一泊し、札幌まで移動するという計画。まずは函館で超新鮮な海鮮丼を食します!!

 函館空港に14時に到着して借りだしたクルマは4WDのSUV。足元はもちろんヨコハマタイヤのiceGuard6。晴れていたこともあり視界は良好だが路面は前夜から降った新雪が積もっている。

 目指すは魚市場。除雪が完了した道路ではウェット路面も多くあったがなんら気を使うこともなく走ることができた。

 途中で市電の軌道上を除雪する「ササラ電車」に遭遇。地元の人に聞くとそこそこ降雪がないと出動しないらしく「見れたらラッキー」とのこと。

市電の軌道を除雪するササラ電車。そこそこ積雪はあるがブラシの回転で雪を吹き飛ばしていく姿は豪快だ

 一方の道路の除雪は行き届いているものの、信号周辺などはうっすらと雪が残っている。今回のクルマは4WDモデルではあるがラフな操作は禁物だ。

 都会人の担当が一生懸命に書物で学んだ雪道運転の基本は「急をつく動作をしない」。靴のソールに全神経を集中させ(いま思えば考えすぎだが必死だった)、じんわりとクルマを動かす。

 足元のiceGUARD6は雪を「グググッ」と掴み前に進む。これはタイヤのトレッド(溝)がしっかりと雪を掴んでいるのだろう。右足のヒラメ筋を酷使するアクセルワークをしていた担当は拍子抜けするほど。

 そうこうしているうちに魚市場に。観光ガイドブックによるとどのお店も評価は横ばい。こういう時は地元の人に聞くに限る。老夫婦が切り盛りするお店を勧められた。

 結果的に大正解!! 海鮮丼はご覧のとおり豪勢で、羽田空港から水分しかとっていない担当の身に染みわたります。

今日だけは健康診断の結果は置いといて、プリン体を摂取することを許可してもいいだろう……、いやダメか??

 昼食というべきかおやつというべきか、新鮮な海鮮丼を堪能した後はやはり函館の夜景。夕暮れも近く函館山の近くまでクルマを走らせてみる。

 日暮れで道路上の雪も少し固くなってきたように感じる。思いついてクルマを止めて降りて歩いてみるとかなり滑る。

 凹凸のないスニーカーでは足元を掬われるほどツルツルしている。あまり意識なく走っていたがこれほどまでに滑る路面をiceGUARD6なら普通に走れていた。スタッドレスタイヤの本領発揮だ。

 クルマを走らせ函館山が近づいてきた。冬季は車両通行止めになっている函館山だからロープウェイで山頂まで登ることに。眼下に広がる光景は圧巻。澄んだ空気で透き通って見える函館市内はまるで真珠のようだ。

■上り坂の途中で停車するというタブーをしでかす

 翌朝、魚市場のいくらに後ろ髪を引かれるながらいざ札幌へ。高速道路は除雪が行き届いており、本州と変わらない感じで走ることができる。

 このまま走っていても少し物足りない。少し寄り道して大草原のなかを走る道を目指してみた。

 あまり除雪が行き届いていないのだが、タイヤの性能を知るにはピッタリな場所だ。雪煙を巻き上げながら走る。

雪のなかを走り続ける。これはなかなか楽しい経験だ。普通の雪道ではなにも起きない、と思いたくもなるほどイージーなドライブが続く

 法定速度は50km/hだが、どうやら地元のドライバーたちの抜け道のようでペースはそこそこ速い。担当も至って順調に走る。コーナーなどでも横に滑るような感覚がなく、しっかりと路面を掴んで離さない印象だ。

 順調にクルマを走らせていると途中で交通の流れが滞ってきた。迂闊でした。上り坂の途中で止まってしまったのです。

 大きなSUVだけに発進時に後ろに下がらないのか不安になる。だって「上り坂の途中で止まるとヤバい」というのはなんとなく知っている雪道知識。

上り坂を進む。周囲からすれば雪道知らない人の典型的な走りだっただろう。タイヤに救われたものの、これは精進しなければ!!

 すごく距離を置いて坂道の頂上で止まっている前走車と、坂道の麓で止まっている後続車。きっと車内で「あいつやっちまったな」と嘲笑されているに違いない。

 とにもかくにもクルマを前進させるしかない。またミリ単位でアクセルを踏み込む。「ガッガッガガ」と空転を許すもののクルマは走り出す。

 凍結路面+上り坂という最強な環境でも発進はできた。もちろん上り坂で止まることは避けたほうがいい、のは言うまでもない。

 高速道路に戻り札幌に到着。いやはや、北海道は本当に大きい。もう夜やん。味噌ラーメンを求めて札幌の中心部を目指す。ところがある一定のエリアからどうも周囲のクルマの流れがゆったりとしている。

 交差点で信号待ちをする。対向車のタクシーが右折してくる。でもおかしい。まるで『頭文字D』のようなフルカウンターで後輪を空転させながら曲がってくる。

 こ、これがあの世界最強に手ごわいとも呼ばれる「札幌のブラックアイスバーン」なのか!!

■世界最強のブラックアイスバーンは実は札幌にあった!!

 タクシードライバーの技術を賞賛すべきなのかもしれないが、超低速ドリフト状態の右折に物理の法則が一瞬わからなくなる。

それと同時に一抹の不安がよぎる。この道何十年の地元のプロドライバーが苦戦している道を、ヒヨッコ雪道ドライバーが走れるのだろうか……。

黒光りを見せる札幌中心部の路面。凍結した路面に多くの交通量が重なりまるでスケートリンク状態

 周囲のクルマを見ていてもブレーキランプは点いているのにツーーッと滑走している。10mほど滑走するクルマを横に見ながら走りだす。

 今回の旅でもっとも緊張するシーンだ。さすがに少々の滑りは感じる。よく見れば凍結した路面の上にほんのりと水分がのっており、妙な輝きもある。

 これはタイヤのトレッドだけではどうにもできないだろう。なんせつかめるものがなさそうだ。

 事前にiceGUARD6の資料を読んだが、タイヤ表面の穴で水を吸水して滑りを減らすのがiceGUARD6だった。クルマ自体の電子制御も介入するほどの道だが、路面はまだ掴んでいる感覚はある。

 とはいえ、油断大敵。少しでもラフな操作は許されない。しかもすぐに信号だから止まる必要もある。弱めのブレーキをかけ始める。当然ながらクルマって止まらないほうが怖い。

 グーグッグッググ。タイヤが路面との摩擦を起こしている音がした。信号手前で停車。スケートリンクのような路面でも無事に発進、停止ができたのだ。

 吸水をして路面の水分を減らし滑りにくい路面を作る。理屈はわかっていても実体験すると感動するほどだ。思いっきり冷や汗をかいたあとは札幌ラーメンで締めることに。

多くの雪道がある北海道。千差万別の自然との共生には頼りになるスタッドレスタイヤが必要だ。iceGUARD6の実力は相当に高い

 トータルで450kmほど雪の北海道を走破したが、やはり相棒となるスタッドレスタイヤがしっかりしていないと不安で仕方がない。

 しかも北海道には新雪、圧雪、そしてブラックアイスバーンまで世界にもあまり類を見ないバリエーション豊かな雪道が揃っている。

 スーパーへの移動でも移動距離が長い北海道だけに、スタッドレスタイヤは信頼性抜群のiceGUARD6を選んでも損はないはずだ。

 というよりも、北海道・旭川生まれのiceGUARD6でないと怖くて運転できないんじゃないか、と本気で思った担当である。

それにしても北海道のご飯のおいしさはずるい!!

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ