胸すく新型日産キックス! S-SUVの大本命は大人気!!


電気の力で走るSUV e-POWER×プロパイロット

 夏の盛り、試乗と撮影という大義名分のもと、話題の日産キックスを近場の自然まで走らせた。オンラインの時代とはいえ、こればっかりは籠もりっきりのデスクワークじゃどうしようもないのだ。気持ちよかったー!

 キックスは日産にとって大いなる挑戦となるニューモデル。

 ライバルがひしめき、今最も熱いコンパクトSUVカテゴリーに割って入るだけでなく一気に主役に踊り出るため、電動パワートレーンのe-POWER専用モデルとして、また先進運転支援システムのプロパイロットを標準採用して登場した。

 どちらも日産の最新にして虎の子のテクノロジーであり、開発陣の鼻息の荒さがわかるというものだ。

文:塩見 智/写真:西尾タクト【PR】
初出:『ベストカー』 2020年10月26日号


■サイズを超えた存在感あるデザイン

キックスはダブルVモーショングリルを採用し、高級感とスポーティさを上手にバランスさせている

 キックスはまったく新しい車名を戴いた新型車だが、フロントマスクに新しくなったVモーショングリル(ダブルVモーショングリル)が大きくデザインされているので、ひと目で日産車だとわかる。

塩見氏が個人的に気に入っているというリアピラーのデザイン。フローティングルーフのかっこよさを効果的に演出している

 止まっていても躍動感があるのは、ピラーがブラックアウトされてルーフが浮いているように見えるフローティングルーフ処理の効果だろうか。

 以前より海外市場で広く販売されてきたグローバルカーのキックス。

 日本仕様にはフロントグリルに組木細工、リアコンビランプには切子ガラスをモチーフにした専用デザインが散りばめられている。満を持しての〝本国投入〟に際し、大幅に手が加えられたわけだ。

リアコンビネーションランプはすべてLEDとし、ジュエリーのような高級感とシャープな印象を与える

■上質で広いスペースを持つインテリア

インパネにダブルステッチで丁寧に縫い上げられたソフトパッドを採用し、高級感とあたたかみを演出している

 分類上コンパクトと書いたものの、乗り込んでびっくり。キックスは広い。

 特に後席は足元、頭上ともに空間に余裕がある。ラゲッジルームも天地、左右、奥行きのいずれも充分で、容量423リッターを誇る。単に容量が大きいだけでなく、凹凸が少なくデッドスペースが生まれにくそうなのがよい。

フロントシートは背骨から胸部まで連続的に支持する中折れ形状とし、座面はマットスプリングタイプとした日産独自のゼログラビティシートを採用。長距離走行でも疲れにくい
後席は前席のシート形状を最適化し、ニールームを拡大したことで大人4人がゆったりと座れる空間を確保。特筆すべきはリアのサイドウィンドウが大きく設計されていて、開放感がある
荷室長はリアシートを畳まなくても900mmを確保。中型のトランクケースとデイパックを入れてみたが、なんだか物足りないくらいに余裕があった。クラスナンバーワンに疑いなし

次ページは : ■進化したe-POWER ワンペダル感覚の新鮮さ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ