前後の映像が同時に記録可能!! 高性能 ドラレコが魅力的な価格で登場!


 今やなくてはならない装備がドライブレコーダー。もしもの事故の時に正確にその状況を記録できることも重要だが、ドライブ中の美しい風景が撮影できるなど、とても便利なアイテムでもある。

 そんなドラレコに求められるのは、美しい録画品質とあおり運転対策のためのリアカメラ、そして優れたコストパフォーマンスだ。

 今回はそれらを兼ね備えたデータシステムの新製品DVR3200-Bをご紹介しよう!

文:ベストカー編集部/写真:平野 学【PR】


■前後カメラがセットになったDVR3200-B

DVR3200のフロントカメラは、対角137度の広角6層ガラスレンズを採用し、WQHD画質(2560×1440)での録画が可能

 データシステムの新製品DVR3200-Bは、ドラレコに求められる重要なポイントを備えた優れた製品である。

 まずは前後カメラがセットで、同時に録画が可能なことだ。旅の風景なども前後合わせて残すことができる。

 そしてフロントカメラは対角137度の広角6層ガラスレンズにより、広角でも歪みを抑えたクリアな映像を実現。ガラスレンズは、樹脂レンズより高い透明度を持ち、劣化による白濁などの症状も発生しにくいのだ。

 しかもフルハイビジョンの1.8倍というWQHD画質(2560×1440)に対応し、交差点での信号や周囲の車両のナンバーが正確に記録される。HD画質(1280×720)のリアカメラとの組み合わせで、あおり運転にも対応可能だ。

専用のリアカメラDVR-R1はHD画質(1280×720)に対応する

 強い衝撃を受けた時には、前後一定時間の記録ファイルを上書きされないようにロックする「イベント録画機能」を搭載。重要な映像をしっかりと保護してくれる。

 さらにジェスチャーセンサーを搭載し、手をかざすだけで「イベント録画機能」を使うことができるので、残しておきたい風景に出会った時は便利だ。

ジェスチャーセンサー搭載により、手をかざすだけで、映像が保護されるイベント録画が開始される。手軽かつ確実に重要な映像を残すことができる

 記録された映像は、PC用の専用ビューアーソフトにより前後同時に再生することができる。走行した場所や速度などの情報も表示されるのでとても便利だ。

 行楽の記録としても活用できる!

 これだけの機能を持ちながら、前後カメラのセットが2万1800円と極めて魅力的な価格設定なのだ!

■車線逸脱アラート機能搭載

60km/h以上で走行中に車線をまたぐと車線逸脱アラート機能により警告が表示され、アラーム音が鳴る

 安全運転をサポートする機能も搭載される。60km/h以上で走行時に車線をまたぐと警報表示とアラーム音で知らせてくれる。また設定した速度以上での走行時にアラーム音を鳴らす機能も便利だ。

 上記の機能は、GPS受信時に使用可能だ。

次ページは : ■製品詳細

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ