サーキット専用なんて誰が言った!? 一般道も気持ちイイ!! ADVAN NEOVA『AD09』を三者三様インプレッション【PR】


 横浜ゴムのスポーツブラントADVAN NEOVAからストリートスポーツタイヤの最新作AD09が登場した。どうもサーキット専用のタイヤという印象を持たれがちだが、開発陣によればサーキットに行って楽しんで、帰宅できるというのがコンセプトととのこと。

 気になるサーキットでの限界挙動を全日本チャンピオンが試し、ジャーナリストが高速道路と一般道でAD09を試します。前作AD08Rから9年ぶりの登場となる次世代スポーツタイヤ『ADVAN NEOVA AD09』を三連続インプレッション!!

文/新井大輝、永田恵一、大音安弘 写真/池之平昌信【PR】

【画像ギャラリー】9年ぶり新作は『ナイン』!! 横浜ゴムからストリートスポーツタイヤ『ADVAN NEOVA AD09』登場!!(24枚)画像ギャラリー

サーキットも任せろ!! 全日本チャンピオン新井大輝が限界挙動チェック

新型BRZに新型ネオバAD09を履いてテルル桶川スポーツランドへ。サーキット走行を楽しんでみた

 新型BRZに新型ネオバAD09を履いて“テルル桶川スポーツランド”へ行ってきました!! BRZの後部座席を倒し、4本タイヤを車に積み込んで現地でタイヤを履き替えると言う週末の大人なサーキットユーザーと同じようなスタイルで楽しんでみました。

 実は今回が初めての新型ネオバ(AD09)を実際に運転する日だったので当日はワクワクして気分的には小学生の遠足気分でした。意外かと思いますが、タイヤがしっかり4本積めて移動できるスポーツカーはかなり貴重ですね! 久しぶりに一人の車好きとして楽しむことができました。

 今回は一般的にBRZや86ユーザーが一番使いそうな225/40R18を組んで持って行ったのですが、これが一般道でも凄く乗りやすくて先代のAD08に比べると遥かに使い易く万人受けするような素晴らしいフィーリングです。運転していてとても安心して乗れました。

 サーキットでは敢えて運転の仕方も少し雑に乗ってみたり、色々試してみたのですが、想像以上にタイヤがカバーしてくれていました。

 ハンドルを切ってからドライバーより先にタイヤが思った通りに動いてくれいるのでアンダー傾向で侵入してもタイヤが自然に動いてくれるのでタイヤを中心としてクルっと車体が綺麗に旋回していきます。

ステアリングを切った先でドライバーよりもタイヤが先に入ってくれる感触があり安心感が高いという

 摩耗レベルも一回のサーキット走行でも新品状態から使用して、9部山ほど残っていたのでタイヤのライフ的にもAD08よりは期待できる印象を受けました。

 初めの何周かは自分のドライビングが上手くなったのかなと錯覚しましたが、別にそんなことは何一つなく、AD09の進化が私の想像を超えていただけでした。失礼しました! 笑

 今回のネオバは走行性能の高さもさる事ながら、トレッドパターンのファッション性も兼ね備えているので展示系のイベントでも見栄えはかなり良いでしょう。先代のAD09から培われていた伝統的なトレッドの紋様も引き継がれていることも個人的には凄く嬉しく感じるポイントです。

 先代のタイヤはどちらかと言うと、運転している路面のインフォメーションが鋭く伝わってきて、ドライバーの好みで好き嫌いが少し別れるかなと言う印象だったのですが、今回のAD09では路面入力に対する許容範囲がかなり広く設定されていて、アンダーもオーバーの傾向も極めて低く初心者のユーザーに対してもよく考えられているタイヤだなと感じました。

 初心者でも安心して「乗って早い」+「履いてカッコ良い」を両立できるタイヤもそうはありませんので、もし機会があれば是非近くのタイヤガーデンなどで実際に見て購入してみて下さいね!!

(文/ラリードライバー新井大輝)

タイヤ交換も現場でサクッと行う新井選手。このあたりはさすがラリーストだ

次ページは : ■サーキットまでの道中も快適なのがいいよね

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ