新型フェアレディZ降臨記念!「今、安東アナがMTで乗りたいスポーツモデル5選」

新型フェアレディZ降臨記念!「今、安東アナがMTで乗りたいスポーツモデル5選」

 絶滅危惧種というイメージがある3ペダルMT車。実は欧州では、まだまだ選択肢は多いのですが、ここ日本で購入できる新車のMT車となると、かなりかぎられます。そういう意味では、日本においては絶滅危惧種と言っていいでしょう。

 そのなかから、自称MTフェチの私が日本でも新車で買えるMT車を5車種、選ばせていただきました。

文/安東弘樹、写真/安東弘樹、トヨタ、スズキ、マツダ、ダイハツ、日産、ホンダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】マニュアル魂は死なず! 電動化の波に立ち向かう各社のMT車を見てみよう!!(21枚)画像ギャラリー

■シフトフィールも素晴らしいスイフトスポーツ!

 まずは発売年の2017年に、その年のカーオブザイヤー(以下COTY)に私が選んだスイフト。そのなかでももちろん、6速MTを選べるのは「スイフトスポーツ」です。

 140ps/230Nmの1.4L直噴4気筒ターボエンジンは1トンを切る「スイスポ」を軽々と走らせます。初めて試乗した時は運転が楽しすぎて、予定していた試乗時間を大幅に延長して2時間半、ずっと走っていました。

現代日本のライトウェイトスポーツの至宝「スイフトスポーツ」2003年に初代登場、4代目となる現行型まで、軽くて安くて速い!! を貫き通している。鮮やかなイエローカラーも定番だ
現代日本のライトウェイトスポーツの至宝「スイフトスポーツ」2003年に初代登場、4代目となる現行型まで、軽くて安くて速い!! を貫き通している。鮮やかなイエローカラーも定番だ
正直リアの居住性やラゲッジスペースは狭い。しかし、その凝縮感と軽さのおかげで140psのパワーを使い切る快感とクルマとの一体感が楽しめるクルマだ
正直リアの居住性やラゲッジスペースは狭い。しかし、その凝縮感と軽さのおかげで140psのパワーを使い切る快感とクルマとの一体感が楽しめるクルマだ

 ステアリングフィールも上々。そして私にとって最重要点であるシフトフィールですが、コク、コクと節度を伴って、各ゲートに入り、剛性感も、まずまず。これも重要な、ペダルレイアウトも違和感なく、気付くと、「楽しい」と呟いている自分に気付きました。

1.4Lターボエンジンを活かす6MT。日本仕様は欧州仕様に対してローレシオ化され、加速性重視のセッティング。街中でも小気味よい走りを魅せる。シフトフィールもまずまずだ
1.4Lターボエンジンを活かす6MT。日本仕様は欧州仕様に対してローレシオ化され、加速性重視のセッティング。街中でも小気味よい走りを魅せる。シフトフィールもまずまずだ

 しかも、このクルマが200万円前後で買えるのです。5ドアのハッチバックで普段は「便利に使える」「スポーツカー」を作ってくれたSUZUKIに感謝です。

■ハイブリッドが定番のカロスポにも唯一無二のMT仕様が存在する

 2台目はこれも私が2018年のCOTYに選んだ、カローラスポーツです。ハイブリッドモデルでは当然? MTは選べませんがGグレードのガソリンモデルで6速MTを選ぶことができます。

 1.2L4気筒ターボエンジンは116ps/185Nmと平凡なスペックですが、1300kgのクルマを充分、元気に走らせてくれます。また、iMTという名のMTは坂道でもクルマをホールドさせ、シフトダウン時には自動的に回転を合わせてくれますので、MTへのハードルを少し下げてくれるのではないでしょうか。

1300kgのボディに1.2L、116psダウンサイジングターボを搭載。スイスポ同様スポーツを名乗るが走りはやや大人しめ。ただ剛性感の高いシャシーが勝る走りもまた楽しい<br>
1300kgのボディに1.2L、116psダウンサイジングターボを搭載。スイスポ同様スポーツを名乗るが走りはやや大人しめ。ただ剛性感の高いシャシーが勝る走りもまた楽しい
実は現行カローラとともに登場した新開発MTなのだ。坂道発進補助機能やシフトアップ/ダウン時には回転を合わせる「iMT制御」を装備。その協調のおかげか、サイドブレーキは電制なのだ
実は現行カローラとともに登場した新開発MTなのだ。坂道発進補助機能やシフトアップ/ダウン時には回転を合わせる「iMT制御」を装備。その協調のおかげか、サイドブレーキは電制なのだ

 MTを語る時、「坂道発進が怖い」というドライバーが圧倒的に多いので、ぜひそんな方は試していただきたいと思います。

 ちなみにスイフトスポーツとカローラスポーツは、各々、テレビ番組(どちらも旅番組)で終日、MTモデルを運転したのですが、運転が楽しくて疲労を感じることはまったくありませんでした。

昨年S耐で話題となった水素エンジン搭載車はカロスポベースだった。水素タンクを3本搭載かつ水素充填のためには5ドアの同車が適任だ。GRファミリーにガソリン仕様が追加の噂もあるが……
昨年S耐で話題となった水素エンジン搭載車はカロスポベースだった。水素タンクを3本搭載かつ水素充填のためには5ドアの同車が適任だ。GRファミリーにガソリン仕様が追加の噂もあるが……

 それぞれ、スズキとトヨタの1社提供の番組でロケで使うクルマを私が選ばせていただいたのですが、ともに「出演者が車種を指定してきたのも、ましてやロケでMT車を使うのも初めて」だということです。

次ページは : ■マツダ3はあのXエンジン搭載車にもMTを設定!!(ファストバックのみ)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ