ナンバーワンには理由がある!! 日産セレナの「選ばれる理由」【PR】

 熾烈な販売競争が繰り広げられているミニバンカテゴリーにおいて、2018年上半期の国内販売台数ナンバーワンを獲得した日産セレナには、多くのファミリーに選ばれるだけの理由がある。

 本稿では、今年2月にe-POWERを追加設定し、販売絶好調のセレナの魅力を、飯田裕子氏にチェックしていただいた。【PR】

文/飯田裕子 写真/西尾タクト


■燃費26.2km/L!! エコだけじゃないe-POWERの実力

 最も活動的な子育て世代の移動を「安心」「安全」「イージー」に支えてくれるセレナは、昔から高い人気を誇ってきたが、今年2月にはe-POWERを追加してその勢いが増加。エンジンを発電装置として用いて、電気モーターでタイヤを駆動させるe-POWERの燃費はJC08モードで26.2km/Lに達する。

今回、大ヒット中のセレナをじっくりチェックしてくれたのは飯田裕子氏。新型e-POWERの実力は本物だ

 そんな燃費のよさも魅力だが、ドライブフィールがとても新鮮で、ほかのミニバンにはないユニークさを持つ。

 アクセルペダルだけで加速、減速ができる〝e-POWER Drive"はドライビングの〝新しさ〟を〝面白さ〟として感じられるだけでなく、アクセルとブレーキのペダルを踏みかえる頻度が減り、スマートで効率のいい〝運転操作のしやすさ〟にも繋がっている。

 それに電気モーターで走るEV方式は、ピュアEVのように充分なパワーやトルクを持ち、エンジンは発電のみに用いられるため静粛性も非常に高い。室内の会話はしっかりと聞き取ることができるし、音楽だって楽しみやすい。軽やかでスムーズなe-POWERの走りは、ドライバーだけでなく同乗者にも快適さを提供してくれるのだ。

人気のe-POWERはエンジンを発電に使い、モーターで駆動する電気自動車の新しいかたち。充電は不要で、ガソリンスタンドでの給油で走り続けることができる。高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」は、家族や仲間と遊び尽くした後のドライブでも疲労を大きく低減し、安全な走行に寄与してくれる

■考え抜かれた「使いやすさ」の魅力

 もちろん、セレナの魅力はe-POWERだけではない。実用面ではすべてのグレードに用意される〝イージー〟ぶりに注目したい。

 見た目以上の広さが感じられる室内と豊富なシートアレンジはもちろん、シートベルトを内蔵する2列目シートにより、チャイルドシートを装着したままでも3列目の乗り降りができるのもとてもイージー。

2列目シートはシートベルト内蔵式なので、チャイルドシートを付けたまま3列目への乗り降りが可能。便利さを実感する装備だ

 また、室内へのアクセスは「ハンズフリーオートスライドドア」が頼もしい。例えばお子さまを抱っこし、キーをバッグやポケットに入れたまま、さらに雨の日に傘をさし両手がふさがったままでも、足先をドアのセンサー下にスッと入れるだけで自動開閉が可能だからとても便利でイージー。

足を出し入れするだけで開閉できるハンズフリーオートスライドドアは、手がふさがっている時に便利な装備

 さらにバックドアはドア全体が大きく開くだけでなくガラス部分だけが開く「デュアルバックドア」を採用。駐車場で後ろのスペースに余裕のない時も開閉できるうえに、ドアは軽く、ママにも優しいのだ。

 こんなふうに、日常のカーライフでのさりげないストレスを減らすばかりか、よりスムーズに効率よくサポートしてくれるセレナ。高速道路同一車線自動運転技術の「プロパイロット」も用意され、週末の渋滞や遠出のストレス、疲労を軽減してくれるのは間違いない。

 子育て時代の慌ただしい毎日や貴重な一年一年を、パパやママと一緒に支えてくれるセレナは多くのファミリーに支持され、選ばれるだけの理由が確かにある。

 お子さまの成長とともに、たくさんの思い出を残せるミニバン。セレナはあなたのよきパートナーになってくれる。

■きっと「ぴったりのセレナ」が見つかる

 セレナはバリエーションが豊富なのも魅力のひとつ。ベーシックなS- HYBRID、人気のe-POWERのほか、スポーティな走りを楽しめるNISMOや内外装に高級な装備を施したAUTECHもあって、まさにスキなしの構成。

 ミニバン販売ナンバーワンを維持しているのは、こうしたユーザーの好みに応じたキメ細やかなバリエーションにもある。セレナは予算や求める要素をほとんどカバーしてくれている。

【e-POWER】296万8920円~ 主力グレードのe-POWERはJC08モード燃費26.2㎞/Lの低燃費と静かで爽快な走りが魅力。2列目シートはセパレートタイプの7名乗車となる

【S-HYBRID】250万4520円~ S-HYBRIDはモーターが発進、加速を短時間アシストするシンプルタイプで、JC08モード燃費は16.6~17.2㎞/L(2WD車)、7名~8名乗車を一台で実現

【NISMO】342万4680円~ ミニバンの域を超えた本格的な走りが魅力のNISMO。内外装にもスポーティなアイテムが満載で、運転好きのおとうさんにはベストなチョイスだ。e-POWERの設定はなくS-HYBRIDのみとなっている

【AUTECH】299万520円~ 高級なスタイリングや素材にこだわったAUTECHにはS-HYBRIDとe-POWERの両方を設定

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ