オンもオフもドンと来い! 最新オールテレーンがマジで頼れる!! SUVオーナー必見のオープンカントリー最新作がすごい【PR】


 このところSUVモデルの人気が追い風となり、オフロード志向のタイヤも流行しつつある。その筆頭がTOYOTIRESのオープンカントリーシリーズだ。このほど最新モデル「オープンカントリーAT III」がデビュー。

 早速、三菱 デリカD:5に装着して一般道と高速、さらには悪路にてテストを敢行。ちなみに装着したサイズは235/70R16とデリカD:5をカスタムするうえで、絶大な支持を集めているサイズとなる。今回は、普段からオフロードを愛するプロカメラマンはこのタイヤをどう評するのか!?

文・写真:池之平昌信

【画像ギャラリー】オフロード走行したトレッド面に注目! 素直にカッコいいゾ(15枚)画像ギャラリー

普段使いも悪路もイケる! いまこそオールテレーンタイヤがオススメ

TOYOTIRESの売れ筋モデルの最新モデル「オープンカントリーAT III」。SUV人気の今、カスタムユーザーから熱視線を集めている注目のタイヤ!

 “TOYOTIRESのオープンカントリーAT”が新しくなった! と言われても、何のことだかわからない、という方も多いだろう。ちょっとクルマに詳しい男性や、サーキットを走ってるような方ですら「AT? オートマチック・トランスミッションのこと?」などと、言いかねない。

 オフロードタイヤのハナシってそんなにマニアックなのか? と思ってしまうが、世の中はSUV・アウトドア・キャンプブーム。風はオフロード方向に吹いている。街中で4WD、AWDのクルマを見かけることも増えてきた。で、そんな皆さんにお勧めしたいのが、このAT(オールテレーン)タイヤなのだ。

 Terrainとは地域や地形といった意味だ。(ここ重要)つまり、舗装路、砂地、林道、そういったさまざまな路面を走れるように「バランスよく作ってありますよ」ということだ。

「いやそれじゃ困る!オレは泥沼だろうが砂漠だろうがもっとハードに走る。そのためなら舗装路の乗り心地や騒音は我慢するぜ」という向きにはMT(マッドテレーン)というタイヤもあるのだが、それはジムニーやラングラー、ランクル、パジェロなどをベースに車高アップなどの本格カスタムを施している方が多く、敷居も高い印象だ。よって、オフロード入門者や車体はノーマル重視といった方に、まずこのATタイヤを履いてみることを推奨したいのだ。

舗装路も安心! 少々ノイズがあるも気にならないレベル

窓を開けてオンロードを走行すると、かすかにタイヤノイズがするレベルと静粛性も折り紙付き

 と言うことで、やや前置きが長くなったが、今回は「オープンカントリーAT III」を全くノーマル状態の三菱デリカD:5(ディーゼル)に装着してテストを行った。サイズはデリカカスタムの定番となる235/70R16である。

 あいにくの雨ではあったが、いつも走っている住宅街から幹線道路、高速道路……とオーディオ類をすべて消し、耳をすまして走行。新車装着のノーマルタイヤに比べれば「コオーー」といった感じのちょっとしたノイズが聞こえるが、ほぼ気にはならないレベルといって良いだろう。

 安全運転をしていればクルマのハンドリング、直進性などに影響はない。濡れたマンホールなどで「ツルッ」なんてこともない。海や山、オフロードに行く時だって、「道中の9割以上は舗装路で向かう」という人が大半だ。それに普段の生活と移動を犠牲にしない、という点でも舗装路の性能はとても重要だ。そしてそこはさすがのTOYOTIRES。充分納得の結果となった。

汚れが似合う!? オフロードもラクラクこなす頼れるタイヤ

撮影当日はあいにくの空模様であり、テストしたコースもぬかるみや水たまりなどが随所に広がっていた。だが、オープンカントリーAT IIIは難なくこなす、素晴らしいデキ!

 さて、雨は降ったりやんだりだが、これまで幾度となく訪れている某河川敷のオフロードコースへと向かう。筆者はこれまでにこの場所でMTタイヤを履いたJEEPラングラーやパジェロ・ミニ。ATタイヤを履いたHR-V、ジムニー、ランクルなど、はたまたオフロードバイクでも走行経験がある。

 それにスタック(どうにも動けなくなる状態)したことも多少はあるが、なんといっても雨天時にココへ入るのは初めてなので、けっこうな不安とスリルがある。はたしてデリカと新型ATタイヤの組み合わせはどうか。

 念のため同行したベストカー編集部員のジムニーにけん引ロープが積んであることも確認しつつ、いつもの岩場、水たまり、モーグル、砂地、坂路、沢などを突き進んでいく。タイヤやホイールはどんどん汚れていくが、特に何の問題も起きない。「ああ、ATタイヤじゃこれが限界かあ」なんてこともなかった。もしそういうことがあるとしたら、タイヤの溝の間に泥がつまってしまってツルツルになるようなケースだろう。

 またデリカD:5ディーゼルの粘り強いトルク特性との相性も良かった。危なげなく様々な路面をこなしていく。オフロードタイヤ独特のトレッドパターンやサイドのデザインも力強くて頼もしい。もちろん過信は禁物だが岩場やガレ場でも安心感をもって走行できる。

次ページは : ホワイトレターを採用しなかったワケとは!? 後日追加される可能性も!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ