「走りのエルグランド」がより安全に、ダイナミックに

■日産エルグランドが12/13仕様変更

 高級サルーンのような豪華で余裕のある走りを、よりゆったりとした広い室内空間で味わえるとあって人気の高いLLクラスミニバン。多人数で乗っても充分くつろげるため、家族の多いファミリー層にも好評となっている。

 そのLLクラスミニバンのなかでも、特に走りのよさで高い評価を得ているのが日産のエルグランドだ。【PR】

■極上のクルージングも爽快な走りも味わえる

 エルグランドは、低重心プラットフォームを採用し、フォルムもミニバンとしては圧倒的にロー&ワイド。足回りには、リアにマルチリンクサスペンション、制振性を向上させるリバウンドスプリング内蔵のショックアブソーバー、それに剛性を高めたステアリングコラムなどを装備している。

エンジン搭載位置を低くし、薄型の燃料タンクを床下へレイアウトすることを可能とした低重心プラットフォームを採用

 この重心の低さに加えて専用の足回りを持つことで、ロールが抑えられ、滑るように曲がるコーナリングや正確なハンドリングを実現。高速道路でも、しなやかな乗り心地や横風にも強い安定したクルージングを可能にしている。

 搭載される2.5Lと3.5Lエンジンによる力強さと相まって、スポーティにも走れるし、最上のクルーズ走行も味わえる。広くて豪華なだけじゃない。ミニバンのレベルを超えた走行性能への作り込みを行っているのだ。

迫力あるロー&ワイドフォルムがスタイルの特徴。豪華なのはもちろんスポーティさもエクステリアの魅力

 そんな走りの高級ミニバン、エルグランドが12月13日、仕様変更を実施。走りの性能はそのままに、先進安全装備の充実化をメインにしたリニューアルが行われた。

 その先進安全装備では、インテリジェントクルーズコントロールを2.5L車(250XG除く)にも標準装備に。今回新たに、踏み間違い衝突防止アシスト、緊急ブレーキであるインテリジェントエマージェンシーブレーキや車線逸脱防止支援システム&車線逸脱警報、ヘッドライトのハイとローを自動で切り替えるハイビームアシストが標準装備されたのが大きなポイントだ。

高級サルーンのような質感とサルーンにはないゆとりある空間もエルグランドの魅力。写真は350/250ハイウェイスタープレミアム アーバンクロム(7人乗り)のグランドブラックの内装で、インパネ回りに木目調パネル、シートはキルティングを施したブラックレザーシートを採用。助手席と2列目席にはオットマン機能付きキャプテンシートが装備される

■エルグランドならではのフィーリング

 インテリジェントクルーズコントロールは、先行車をセンサーが検知し、~100km/hの速度の間で車速に応じた車間を保って走行。先行車が減速した場合は減速し、先行車が停止した場合はそれに応じて停止。さらに、カーナビの情報をもとにカーブの大きさにも合わせて車速を制御するので、高速道路などでのドライバーの負担を軽減してくれる。

【インテリジェントクルーズコントロール】高速道路などで先行車との車間距離を自動的に調整して走行する機能を搭載。~100㎞/hの範囲で速度設定ができ、追従走行中の先行車が停止した場合は自車も停止。ドライバーの負担を軽減する(250XGを除く全車標準)

 内外装については今回大きな変更はなく、プレミアムミニバンらしい力強く存在感あふれるエクステリアも、全席でゆったり座れる余裕の広さと圧倒的に上質な空間のインテリアも従来どおり。豪華なエルグランドならではの世界観を作り出している。

 走りの魅力に充実の先進装備をプラスした新しいエルグランドは、よりいっそう走る喜びと安心感あふれるドライブを約束してくれるはずだ。

【踏み間違い衝突防止アシスト】駐車場でのアクセルペダルの踏み間違いなどによる急加速を抑制し、衝突回避を支援。コンビニなどのガラスも認識する

【緊急ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ】前方車両や歩行者を検知。安全に減速できなかった場合は、ブレーキで衝突の危険回避をアシストする

【車線逸脱防止支援システム】走行している車線から逸脱しそうになると警報によってドライバーに警告するとともに、クルマを車線内に戻す操作を支援する機能を装備。安全運転をサポートする

【ハイビームアシスト】ヘッドライトのハイビームとロービームを自動切り替えする機能。周囲に先行車や対向車がいない時はハイビーム、他車両のライトなどを検知するとロービームに自動で変わる

最新号

ベストカー最新号

スクープ! 2020年の大物新車たち|ベストカー 2月10日号

 新年初売り号となる「ベストカー」最新号が2019年1月10日に発売。元号も変わるなど激動の1年となる2019年だが、ベストカーではそのさらに先、2020年に登場する大物ニューモデルを独自スクープ! 五輪イヤーに向けて、期待の新車が目白押し…

カタログ