新型プリウスに手軽に乗るなら? トヨタが最先端のクルマ作りに取り組んだUグレードのサブスク「KINTO Unlimited」に注目!!!!【PR】

新型プリウスに手軽に乗るなら? トヨタが最先端のクルマ作りに取り組んだUグレードのサブスク「KINTO Unlimited」に注目!!!!

 驚きをもって、その登場が迎えられた新型プリウス。その発売と同時にまったく新しいサブスクリプションサービス、「KINTO Unlimited」がこの新型プリウス1.8Lハイブリッドの「U」グレードで開始する。とにかくこのUグレードは画期的でサブスクも有力な選択肢になりそうだ。その内容について紹介しよう!

本文/ベストカーWeb編集部、写真/ベストカーWeb編集部、トヨタ、KINTO

■新型プリウスの先進性と衝撃性、そしてその魅力とは!?

歴代で最もエモーショナルでスタイリッシュな新型プリウス。今度のプリウスはサブスクも乗るための選択肢として注目だ!
歴代で最もエモーショナルでスタイリッシュな新型プリウス。今度のプリウスはサブスクも乗るための選択肢として注目だ!

 2022年11月16日にワールドプレミアされた新型の5代目プリウス。何よりも特徴的なのはそのスタイリッシュなエクステリアデザインだ。見た瞬間に「これはカッコいい!」と思えるような外観を身にまとっていることがおわかりだろう。

 先代型の4代目プリウスは前期型のアバンギャルドなデザインがやや「攻めすぎた」こともあり、販売的に不調になったことでマイナーチェンジではややおとなしいデザインに回帰していた。しかし、今回の新型プリウスはセンセーショナルで、まるでスポーティなクーペのようなデザインとなっている。

 新型プリウスのボディサイズは全長4600×全幅1780×全高1430mm、ホイールベース2750mm(※グレードによってボディサイズは若干異なる)。先代モデルから全長で25mm、全幅で20mmアップして逆に全高は40mmダウンし、ロー&ワイド化が図られており、ホイールベースは50mm延長されている。

 搭載されるパワートレーンは1.8Lハイブリッド(FFと4WD、システム出力140ps)、2Lハイブリッド(FFと4WD、システム出力193ps)、そして2Lプラグインハイブリッド(FFのみ、システム出力223ps)の3種類を用意。各パワートレーンの0-100km/h加速はハイブリッド車の1.8Lが9.3秒、同2Lが7.5秒、そしてPHEVは驚愕の6.7秒とアナウンスされている。

新型プリウスは2Lと1.8Lのハイブリッド2種類に加え、2Lのプラグインハイブリッドをパワートレーンとして設定する
新型プリウスは2Lと1.8Lのハイブリッド2種類に加え、2Lのプラグインハイブリッドをパワートレーンとして設定する

 新型プリウスの1.8Lハイブリッドは「X」と「U」、2Lハイブリッドは「G」と「Z」の2グレード展開となる。新型プリウスは2Lハイブリッドが2023年1月10日発売開始となり、2LのPHEVは2023年春以降の発売となる予定だ。

 そして、気になる新型プリウスのハイブリッド2L車(FF)の価格は2023年1月10日、320万~370万円と発表された。1.8Lのみの先代モデルが259万7000~364万円だったのに対し、若干の値上げとなっているのだが、さにあらず。

新型プリウスと先代型プリウスの価格表。先代型が1.8Lハイブリッドで259万7000~364万円だったのに対し、新型は2L(FF)で320万~370万円と廉価グレード自体の価格帯は上がっているが、上限はさほど大きな差はない
新型プリウスと先代型プリウスの価格表。先代型が1.8Lハイブリッドで259万7000~364万円だったのに対し、新型は2L(FF)で320万~370万円と廉価グレード自体の価格帯は上がっているが、上限はさほど大きな差はない

 ウリである燃費の向上についてはもはや当たり前となっており、第5世代ハイブリッドシステムの採用により、ハイブリッドは1.8L、2Lともに走りと燃費を改善している。特に1.8Lは歴代プリウス最高の燃費数値をマークしている。また、第2世代に進化したTNGAプラットフォームはフロント部分を新設計し、操安性を向上させているのも見逃せない。

次ページは : ■ベストカーWeb編集長が語る「KINTO Unlimitedでプリウスに乗る」大きな意味合い

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ