サーキットでのトラック走行会に試乗会! 体験型イベントがてんこ盛り!! 「ジャパントラックショー in 富士スピードウェイ」開催!!

サーキットでのトラック走行会に試乗会! 体験型イベントがてんこ盛り!! 「ジャパントラックショー in 富士スピードウェイ」開催!!

 10月29日、富士スピードウェイで「ジャパントラックショー in Fujispeedway2023」(以下JTS in 富士)が開催された。

 体験型のジャパントラックショーとしてサーキット場で初開催する今回。果たしてどんなイベントとなったのか? その会場の様子をかいつまんでお届けしていこう!!

メーカー展示エリアの展示物

サーキットで行なわれたトラックパレードランの風景。各々のトラックがスタートグリッドに着いたところ。先頭はペースカーとしてトランスウェブのスカニアが担った
サーキットで行なわれたトラックパレードランの風景。各々のトラックがスタートグリッドに着いたところ。先頭はペースカーとしてトランスウェブのスカニアが担った

 来年開催予定の「ジャパントラックショー2024」に先立ち、体験型のスピンオフイベントとして富士スピードウェイで開催された「JTS in 富士」。サーキットコースやパドック・駐車エリアでさまざまな催しが開催された。

 そのメイン会場であるAパドックはメーカー出展エリアとなり、三菱ふそう、トランスウェブの輸入部門のEUトレーラーズ、レッカーの城南ホールディングス、セノプロやヨシノ自動車のFast Elefantなどのカスタムメーカー、商用ATを手掛けるアリソンといったコンポーネントメーカー、タイヤメーカー、部品用品メーカー等、約40社が出展した。

 このうち、三菱ふそうは電気小型トラックの新型eキャンター、EUトレーラーズはケスボーラーのあらゆるサイズに対応できるコンテナシャシー、重量物運搬低床3軸トレーラ、ダンプトレーラ等を出品。

EUトレーラーズが展示したケスボーラーの低床3軸トレーラ「K.SLS3」
EUトレーラーズが展示したケスボーラーの低床3軸トレーラ「K.SLS3」
城南オーナーズクラブによるレッカー作業実演風景
城南オーナーズクラブによるレッカー作業実演風景

 また城南ホールディングスはイタリアのFGMとSilver STS社製の大型車輸送用低床トレーラ(前者が3軸、後者が2軸車)を展示したほか、城南オーナーズクラブによるレッカー作業を実演。2台のレッカー車を使い横転した大型トラックを起こすまでの作業を披露し、来場者の注目を集めた。

 この他にも富士スピードウェイのお膝元、御殿場市の板妻駐屯地に駐屯する第34普通科連隊の保有するいすゞSKW、軽装甲機動車、高機動車などの自衛隊車両の展示や、iLaboが開発したいすゞフォワードベースの水素エンジントラックなども出展された。

全国から集結したカスタムトラックとサーキットイベント

ヨシノ自動車のFast Elefantブースに展示されたボルボFH
ヨシノ自動車のFast Elefantブースに展示されたボルボFH

 ジャパントラックショーでお馴染みとなったセノプロやヨシノのFast Elefantといったカスタムメーカーの展示の他に、今回、トラックユーザー自慢のカスタムトラックの展示が行なわれたのも「JTS in 富士」ならではといえるだろう。

 その展示会場となったCパドックおよび隣接する駐車場にはカスタムトラックが全国から集結。目算で約100台ほど、煌びやかなユーロスタイルトラックがズラーっと居並ぶ姿はなかなか壮観な光景であった。

Cパドックと隣接駐車場には全国から集まったカスタムトラックが並ぶ
Cパドックと隣接駐車場には全国から集まったカスタムトラックが並ぶ

 さらに今回のイベントでは「トラックパレードラン」と称し、メインサーキットでの走行会も開催され、カスタムメーカーや運送事業者等のトラック、約60台が参加。サーキットをトラックが走る珍しい光景をひと目見ようと、ホームストレート脇のピットレーンには来場者の多くが集まった。

 またトラックによる「スタートダッシュチャレンジ」も開催。これはメインサーキットのホームストレートで行なうゼロヨンのような催しだが、本格的なレースではなく、どちらかといえばお祭り的なイベントである。

 したがって参加車両は単車やトラクタヘッドなどバラバラだが、クオンVSギガやスーパーグレートVSプロフィア、スカニアVSボルボのヘッド対決など、気になる勝負が組まれていてなかなか面白い。

スタートダッシュチャレンジの決勝。新旧ボルボFH同士の対決となった
スタートダッシュチャレンジの決勝。新旧ボルボFH同士の対決となった
アリソンの外周道路での試乗会風景。写真はアリソンのトルコンATを搭載した日野レンジャーGKミキサ(大型車)
アリソンの外周道路での試乗会風景。写真はアリソンのトルコンATを搭載した日野レンジャーGKミキサ(大型車)

 この他にも、ボルボFHの試乗会がサーキットで、三菱ふそうの新型eキャンター、アリソンのトルコンATを搭載した日野レンジャーダンプ/ミキサの試乗会が外周道路(富士スピードウェイの敷地内)で開催されるなど、サーキット場のメリットを活かした体験型イベントが盛りだくさんの内容であった。

【画像ギャラリー】「ジャパントラックショー in 富士スピードウェイ2023」をギャラリーでチェック!!(28枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号