レーシングマシンの技術満載! メルセデスベンツの本気がMFGに上陸!! 『MFゴースト』を彩る名車列伝14 メルセデスAMG GT 編


 伝説のクルママンガ『頭文字D』の意思を現代に受け継ぐ次世代のクルママンガ、『MFゴースト』。2017年の連載開始時から圧倒的な読者人気を獲得しており、14巻発売時点の現在で、ついに単行本累計発行部数350万部を突破している。

 同作品に登場したクルマたちの世界観と魅力を読み解いていく本連載。第14回目となる今回は、MFGのことを揶揄する言葉「リッチマンズレギュレーション」を地でいくモデル、ラグジュアリーなハイパワークーペのメルセデスAMG GTについて紹介していこう。

文/安藤修也
マンガ/しげの秀一

【画像 ギャラリー】F1のセーフティカーとしても活躍中! メルセデス AMG GTの走りを見ろ!!(6枚)画像ギャラリー

■ラグジュアリーさと強烈なパワーを両立

 メルセデスがポルシェ911を仮想ライバルとして開発したと言われるスーパースポーツクーペがAMG GTである。この「AMG」というのは、「メルセデスベンツ」傘下のサブブランドで、多くのメルセデスベンツ車にハイパフォーマンスモデルとしてAMG仕様が設定されている。

 しかし、ほかのセダンやクーペモデルなどと違い、AMG GTは、メルセデスベンツ車にベースモデルのない、専用設計のAMGオリジナルマシンとして2014年に誕生した。

 AMG車のコンセプトは「快適でいて、速い」といったもので、メルセデスらしい快適性をベースにしつつも、ほかの高級スポーツカーブランドに負けない走行性能を備えていることが特徴。

 両者は共存しないようにも思えるが、AMGは1990年代からこれを具現化、商品化して、多くのファンを獲得。名実ともに、リッチマンの到達点というブランドイメージを確立してきた。

メルセデスAMG GT R(2021年モデル)/全長4550×全幅2005×全高1285mm、パワーユニット:4.0L V型8気筒ツインターボエンジン、最高出力:585ps/6250rpm、最大トルク:71.4kgm/2100-5500rpm

 スタイリングは、往年の名レーシングカー・300SLのように精悍な雰囲気で、イメージカラーがシルバーなこともあって、その曲線美は、たくましくも、高品質にも見える。スタイリングの特徴でもあるロングノーズやワイドグリルは迫力があり、ある意味、メルセデスらしいオーラを放っている部分だ。ファミリーモデルとして、4ドアモデルやソフトトップのGTロードスターもラインナップされている。

 外観から想像するに、キャビン(乗員スペース)はそれほど広くなさそうに見えるが、実際、適度にタイトな室内空間となっている。しかし内装各部にはメルセデスらしく高品質な素材が採用されており、ほかのスーパーカーに比べてラグジュアリーな雰囲気が溢れている。また、ドアを閉めてみると静粛性が高く、密閉感があって、安全性の高さを感じさせる。

 その長いボンネット内に搭載されるエンジンは、4.0L V型8気筒ツインターボで500ps以上を発揮(マイナーチェンごとに強化されている)。このハイパワーエンジンに対して、トランスミッションは7速AMGスピードシフトDCTが組み合わされ、強大なパワー&トルクをFRレイアウトで受け止めている。

■ステアリングを握るのは前年度ベスト7に入る実力者

 『MFゴースト』における初登場シーンは、第2話「思い出の写真」。ラウンド1「小田原パイクスピーク」の予選3日目で、MFG参戦車のなかでは、日産 GT-R、トヨタ 86に次ぐ3番目の登場となった。車種名は「AMG GT S(改)」となっており、「S」は、発売開始時に設定されていたスポーツ仕様である。

 カーナンバー7の同モデルに乗るのは大谷洋介。MFG参戦3年目にして「ようやく勝負できる自信がついた」と語る23歳の青年だ。「まずは1勝……」というセリフから未勝利ドライバーであることがわかるが、前年度ランキング7位なのだから実力はそれなりのようだ。ここでは、予選走行1分前に発車した先行車(インプレッサWRX)にも追いつく姿が描かれている。

 予選結果は4位と好順位につけたAMG GTだったが、決勝レースではその姿が登場することはほとんどなく、最終レース結果は5位。3位表彰台を獲得したフェラーリ488GTBに抜かれたことになる。

 同じハイパワー系のスーパーカーであり、メルセデスがF1でもチャンピオン争いを繰り広げているフェラーリに抜かれるのは屈辱的な結果ともとれる。もちろん、『MFゴースト』のドライバーたちに、そういったブランド意識があるかといえばそうではないのだが。

 ラウンド2「芦ノ湖GT」も予選3日に登場したAMG GT、しかし車種が「AMG GT R」に変更されている。これは2017年に日本導入された、GTのサーキット仕様。完全受注生産モデルとなっており、メルセデスは「公道走行可能なレーシングモデル」と謳っている。

 MFGのレギュレーションでは、シーズン中、同メーカーのモデルであれば乗り換えていいことになっているため、この変更に問題はない。AMG ファンしか気づかないようにも思えるが、スペック的には大谷にとって大いなる力となる。

次ページは : ■「R」の投入で事態は好転したか!?

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ