スバル「ヴィジヴ7 SUVコンセプト」をLAショーにて初公開

 ロサンゼルス自動車ショーで、スバルの新しいSUVのコンセプトモデルが世界初公開された。スバルのラインナップ上、最大となるボディスタイルとなるという。

 文:WEBベストカー編集部


迫力のボディ! トライベッカの後継モデル

 ヴィジヴ7 SUVコンセプト は、7人乗りSUVのコンセプトモデルで、全長5200×全幅2030×全高1860mm、ホイールベース=2990mmという迫力のボディーサイズを備える。

 2018年から販売が計画されているトライベッカの後継モデルとなることが予想され、今回のコンセプトカーによれば3列シートのすべてにおいてゆとりの室内空間を提供するという。

 また、デザインには新世代のスバルのデザインフィロソフィーである「DYNAMIC×SOLID」の意匠も取り入れる。

mh01603110
横から見たヴィジヴ7 SUVコンセプト
mh01603140
真正面からみたヴィジヴ7 SUVコンセプト

 パワートレーンについての発表はないが、4気筒もしくは6気筒の水平対向ユニットを搭載することが予想される。

mh01603120
スバル史上最大のSUVとなる。タイヤは265/55R21を装着

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ