e-POWER NISMOバージョンが販売好調のノートに追加!!

 11月2日に発売となった日産のコンパクトカー「ノート」の販売が好調だ。11月の販売台数は、前年同月比2.4倍の1万5784台となり、日産車では29年ぶりの首位となっている。

 なかでも売れ筋はモーター搭載の「e-POWER」で、新モデルへの注目度の高さがうかがえる。

 そして、このe-POWERに「NISMO」バージョンが追加される。12月12日に発売となる本モデル、さっそく詳細をチェックしていこう。

 文:WEBベストカー/写真:NISSAN


ワンランク上の走りが期待できるe-POWER NISMO

 今回追加されるノート e-POWER NISMOは、ノート e-POWERをベースにNISMOの専用チューニングを行ったもの。NISMO仕様らしくスポーティな内外装に仕上げてある。

 エンジン&モーターはノーマルのe-POWERと共通ながら、専用チューニングのコンピューター(VCM)を搭載することで、どこからでも加速する瞬発力の高いフィールを実現する。

 搭載するドライブモードも、e-POWER NISMO用に専用チューニングされたもの。「NORMAL」と「S」モードでは、NISMOバージョンらしいレスポンスや回生力を実現する。

 これらに加えて、ベース車と同じ「ECO」モードも搭載、合計3つのドライブモードが選択できる。

 またe-POWER NISMOでは、ボディ補強や専用サスペンションの採用も行われており、走りのよさとスポーティさを両立させる、ワンクラス上の乗り心地や操縦安定性も実現する。

 なお、e-POWER NISMOの登場に合わせ、従来モデルの「ノート NISMO」「ノート NISMO S」もモデルチェンジ。

 新デザインを採用すると同時に、仕様向上も実施。ノートNISMOには、インテリジェントエマージェンシーブレーキやLDW(車線逸脱警報)などの安全装備が追加されている。

ノート スペック比較表
161208-01-02-1200x690
インパネ周り
161208-01-08-1200x843
e-POWER NISMOは専用のスエード調スポーツシートを採用する

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】マツダ 社運を賭けた新車戦略の全貌|ベストカー12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…

カタログ