プリウスα、エクシーガクロスオーバー7が廃止? 好調のスズキとマツダのSUV戦略にも迫る!!【地獄耳スクープ】

 月に200店のディーラーを回る遠藤徹氏。その遠藤氏が足で稼いだディーラーでの最新情報を毎回お届けするのがお馴染みの「地獄耳スクープ」。

 今回はモデル廃止の危機にあるプリウスαとクロスオーバー7の話題、そしてスズキの大躍進、大きく変わるマツダのミニバン戦略の詳細をお届けします。

 文:遠藤徹/写真:トヨタ、マツダ、スズキ、スバル
ベストカー2017年1月26日号


好調の新型プリウスにα(アルファ)の設定はなし?

 トヨタ販売店筋によると、「トヨタは次期型プリウスαの開発プロジェクトを稼働させておらず、モデル廃止の方向で検討中らしい」とコメントしています。

 プリウスαは先代プリウスをベースに全長や全高を拡大し、ステーションワゴン感覚のボディレイアウトにしながら、2列シート5人乗り&3列シート7人乗り仕立てとしたコンセプトで2011年に登場しました。

 最近はモデルが古いこともあり、月販1500台弱の推移でプリウスシリーズ全体の10%前後にとどまっています。

 ステーションワゴンや3列シート車はここ数年、ボックス型のミニバン以外はニーズが急速に低下しており、モデルチェンジしても売れゆきの回復は難しいことから、今後モデル廃止を検討することになると思われます。

 プリウスに比べ車重が重くて燃費改善が難しいという事情もあります。まだ最終決定をしていないことから、多少コンセプト変更をして違ったレイアウトで継続する可能性も残されています。

タクシー需要もあったプリウスα。TNGA採用の新型へのスイッチの可能性は低そうなのが現状だ

マツダはCXシリーズの充実でミニバンから完全撤退へ

 マツダは2018年までの国内次世代商品ラインアップでプレマシーとビアンテを廃止してミニバン市場から完全撤退し、代わってCX-3、CX-4、CX-5、CX-6のSUVラインアップの確立で対応する方針のようです。

 CX-3がコンパクト、CX-4がミディアム、CX-5がアッパーミディアム、CX-6がラグジュアリー、というのが各クラスのポジションです。

 それぞれに乗用車とSUVの中間のコンセプトを持つクロスオーバータイプ、オフロード色のクロカンタイプという2タイプを設定し、従来以上に幅広いユーザーをターゲットとしてより多くのユーザーを確保を目指します。

 搭載するパワートレインはクリーンディーゼル車が1.5Lと2.2Lのターボ、ガソリン車は1.5L、2L、そして2.5Lで一部にターボ仕様も用意し、それに2Lハイブリッドをラインアップします。

 また、2列シート5人乗りが基本ですが、上級バージョンには3列シート7人乗りも展開する見込みです。

 SUVのラインアップはトヨタ、日産、三菱、スバルも充実化を進めており、国産メーカー間で国内、グローバルでのシェア争いが今後一段と白熱する方向にあります。

 マツダの武器はクリーンディーゼル車ですが、ディーゼル車のラインアップ強化はトヨタ、三菱も進めており、こうした局面でも競争が激化する可能性が高くなります。

CX-5のモデルチェンジを受けて注目の集まるマツダのSUV。一時代を築いたマツダのミニバンだけに少し寂しい気もするが……

スズキは2016年、年間販売台数が10万台突破はまちがいなし?

 スズキの2016年(1〜12月)における登録車販売は、目標だった10万台を突破して、悲願を達成しそうです。

 1〜11月の販売実績は9万5677台で前年同期比35.6%増ですから、あと4323台に迫っています。

 11月が7422台であり、12月は年末セールの最終で、11月29日にソリオにフルハイブリッドを追加していることから、販売台数はプラスで推移する見込みです。

 こうしたことから暦年では10万台の突破が確実視されます。2015年8月にソリオをフルモデルチェンジしヒットさせたのを皮切りに2016年は1月イグニス、3月バレーノと相次いで戦略ニューモデルを投入し、その成果が現われています。

 今後はソリオのフルハイブリッドに加えて12月27日に一新したスイフトがフルに寄与することから、さらに登録車販売は加速しそうです。

注目のスイフトは現場からも好評のようだ。900kg台の車重を活かしたスズキらしい元気な走りは、きっとスズキの2017年販売台数の牽引役になるはず。ベストカー2月26日号の販売台数ランキングに乞うご期待!!

スバルのミニバンも全廃の危機?

 スバル唯一のミニバン「エクシーガクロスオーバー7」が苦戦を強いられています。月販500台前後と生産販売を維持できるぎりぎりで低迷しているのです。

 3列シートの多人数乗りのミニバンは両側スライドドアが主流で、同モデルのようなヒンジ開閉ドアは最近、売れゆきが極端に低迷していて、モデル廃止に追い込まれるケースが多くなっています。

 エクシーガクロスオーバー7は両側スライドドアにすると車重が増えて、得意とする走りのよさが生かせないとして採用していません。

 エクシーガは2015年にSUVとのクロスオーバー仕様に仕立て直していますが、売れゆきはぱっとしない状況が続いています。新型へと一新することなく、モデル廃止の道を選ぶかも知れません。

3列目からも視界のよさを誇るエクシーガクロスオーバー7。ただ走りを意識するあまり、実用性を追求できなかったのも敗因のひとつかもしれない

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ