【トヨタ秘蔵のスポーツセダン現る!?】新型カムリTRD 発進!! GR顔負け305馬力のド迫力!!!

 トヨタ カムリに秘蔵のスポーツモデル「TRD」が追加! 日本未発売のV6エンジン搭載で305馬力を発揮する“最強のカムリ”は、外観もクールで中身も大幅に差別化!!

 2017年7月に登場した現行型トヨタ カムリは、国内で2019年月平均約1600台という堅調な販売実績を記録。さらに主要市場の米国では販売台数ランキング8位、ピックアップトラックとSUVを除いて1位の約33万7000台を販売。トヨタにとって非常に重要なモデルである。

 それだけに米国仕様のパワートレーンは、2.5Lハイブリッドのみとなる日本仕様に対し、2.5L・直4と3.5L・V6エンジン車も設定される。

 そんなカムリの米国仕様に、2020年モデルから初のスポーツモデル「TRD」がカタログモデルとして加わり、2020年2月に開催された「シカゴモーターショー」にも出展。パッと見でも迫力満点な注目スポーツセダンの全容とは?

文:永田恵一
写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】(全10枚!!)新型カムリ「TRD」を写真で詳しく見る!!


新型カムリTRDは標準モデルとどう違う?

新型カムリ TRD。フロントマスクは日本仕様の「WS」に近い印象だが、エアロパーツなども装備し、さらにスポーティ度アップ!

 トヨタのピックアップトラックや「4ランナー」(ハイラックスサーフの米国名)のような米国で販売されるヘビーなSUVには、以前からドレスアップなどを施した「TRD※」や悪路走破性を高めた「TRDプロ」が設定されていた。

(※TRDはトヨタのモータースポーツ活動やチューニングパーツ開発などを担うブランド。日産のNISMOやスバルのSTIに近い存在で「トヨタ・レーシング・デベロップメント」の略)

 その流れを乗用車に盛り込んだのがカムリTRDだ。乗用車としては初のTRDグレードとなったカムリと同時に、若干上級車となるアバロンにもTRDが追加されている。

カムリ TRDと同時に追加されたアバロン TRD。こちらは全長4876×全幅1849mmでカムリと大差ないものの、やや上級よりのセダンとなる

 カムリTRDは、簡単にいうと、それまで最もスポーティだった「SE」グレード系(日本仕様では「WS」に近い)のスポーツ性をさらに高めた存在となる。

 カムリTRDは最高出力301hp(=305ps)を発揮する3.5L・V6エンジンのみの設定だ。

 基準車との違いを内外装から見ていくと、エクステリアは、それぞれ空力性能の向上にも貢献するフロントバンパー、サイドスカート、下部がディフューザー形状となったリアバンパーを採用。

 このほか意外なほど派手な形状のリアスポイラーなどエアロパーツで武装し、235/40R19サイズのタイヤに、マットブラック塗装の19インチホイール、左右出しのマフラー(パワートレーンの変更はマフラーだけだ)を装着する。

外見だけじゃない!! 足回りやボディも「TRD」は特別

カムリTRDのリアビュー。フロント以上にスポーティな設えで、ウイングやマフラー、大径アルミホイールなどが迫力を演出

 インテリアも、標準車とは若干形状が違って見えるファブリック&レザーのコンビシート、赤のステッチ入りステアリング、赤いシートベルトなど、アクセントに赤が多用される。

 このほか、TRDのロゴ入りシフトノブやフロアマット、トランクマットも装備され、スポーティな雰囲気を高めている。

 ボディとサスペンションにも手が入っている。ボディは板厚を上げたアンダーボディブレースの装着によりねじり剛性を向上。

ボディの強化もなされているカムリ TRD。それだけでなく、走りに関わる足回りにもきっちり手が入っている

 サスペンションも、TRDのショックアブソーバーと車高15mmダウンのスプリングの装着に加えスタビライザーも強化され、ロール剛性は基準車に対しフロントで44%、リアで67%向上しているという。

 さらに、ブレーキも基準車に対し約23mm拡大されたディスクローターと、キャリパーも基準車のシングルピストンに対し、片持ちデュアルピストンという強化されたモノに変更。

 TRDでは前述したハンドリングの良化を乗り心地の悪化なしで実現するため、トヨタが持つ米アリゾナ州と日本の東富士のテストコース、米テキサス州のサーキットを使った入念なテストが行ったという。

写真はトムス C35。こちらも米国仕様の3.5L・V6エンジン車をベースとしたコンプリートカー

 3.5L・V6を搭載するカムリというと、日本ではトヨタ系レーシングチーム/チューナーの「TOM’S(トムス)」がベース車を米国から輸入し、コンプリートカーとして仕立てたトムス「C35」(650万円)が浮かぶ。

 トムス C35は、標準ではトムスのエアロパーツとマフラーが付き、そのほかコンフォートローダウンスプリングやホイール、ブレーキパッドなどを、ユーザーが好みで選び仕上げるというモデルだ。

 キャラクターとしてはレーシーなTRDといい意味でアダルトなトムスC35といったところだろうか。

日本導入はやや希望薄!?

2019年10月改良で追加されたC-HR GRスポーツ。トヨタはGR系モデルを拡充中で、素性の良いカムリに設定される可能性も充分あり得る

 日本にカムリの3.5L・V6エンジン搭載車や「TRD」が導入される可能性は、残念ながら非常に低いだろう。

 しかし、カムリがマークXの後継車という役割も持つようになったことを考えると、現在の「WS」より、さらにスポーティな「GRスポーツ」があってもいい気はする。

 こうしたことを総合すると、日本でもカムリに「TRDに相当するGRスポーツが加わる」という、小さな期待は持っても良いのかもしれない。

■新型カムリ「TRD」 主要諸元
全長×全幅×全高:4943×1857×1430mm
ホイールベース:2824mm
エンジン:V型6気筒、3456cc
最高出力:305ps/6600rpm
最大トルク:35.5kgm/4700rpm
トランスミッション:8速AT
価格:3万1170ドル(=約342万円)

【画像ギャラリー】(全10枚!!)新型カムリ「TRD」を写真で詳しく見る!!

最新号

ベストカー最新号

【今夏やってくる!?】ヤリスクロスオーバー&キックス最新情報|ベストカー4月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、新型ヤリスクロスオーバーのエクステリアデザイン最新情報と、新型キックス含めた日産SUV新車攻勢の最新情報をお届け。  そのほか、予算200万円から250万円までで買える軽自動車&コンパ…

カタログ