ポルシェパナメーラは、スポーツと快適性、相反する特性を高次元で両立


 新型パナメーラの日本仕様が2月28日に公開された。2代目となる本モデルは、すべてを一新。

 ポルシェAGのパナメーラプロダクトラインセールス&マーケティング担当ディレクターのDr.ステファン・ウッチ氏によれば、先代から引き継だのは「コンセプト」「パナメーラの名」、そして「エンブレム」だけと言う。

 7年ぶりにフルモデルチェンジした新型パナメーラについて見ていこう。

 文:WEBベストカー/写真:WEBベストカー


ニュルでかつての911 GT3を凌駕する

 ウッチ氏によれば、新型パナメーラは「スポーツと快適性という相反する特性を、先代以上に両立させている」と強調する。

 「サーキットでのダイナミックな走りを実現しながらも、長距離移動での快適性にも優れ、ビジネスミーティングにもリラックスしたまま到着することができる」と語る。

 その走りの性能は、ニュルブルクリンク北コースの7分38秒というタイムにも象徴される(パナメーラターボ)。これは、サーキット向けに開発された911 GT3(997型)が7年前に記録した7分40秒よりも速いタイム。

 ラグジュアリサルーンでありながら、本格スポーツの実力を備えるという証明でもある。

 新型パナメーラは、先代同様に、最先端の技術が多くつぎ込まれている。

 軽量化ではアルミをベースとした最先端の複合素材を多用。また、シャシーは統合された4Dシャシーコントロール システムを採用。

 これにより走行挙動をリアルタイムに分析し、システムを最適に調整してハンドリング性能などを向上させる。

 もちろん、快適性能はさらに進化。150mm延長されたホイールベースにより、後席のレッグルームは110mm長く、バックレストは最大40mm可倒範囲が拡大されている。

「新型パナメーラは、ラグジュアリサルーンでありながら、ポルシェの名を冠するスポーツカーとしての実力を兼ね備える」と語るDr.ウッチ氏

PHEVのシェア拡大を狙う

 新型パナメーラに搭載されるパワートレーンは4種。3L、V6ターボエンジン(330ps)を搭載するのが、パナメーラ、パナメーラ4、パナメーラ4 エグゼクティブ。

 2.9L、V6ツインターボ(440ps)を搭載するパナメーラ4S、パナメーラ4Sエグゼクティブ。

 同エンジンにモーターをくみあわせるハイブリッド(462ps)のパナメーラ4 E-ハイブリッド、パナメーラ4 E-ハイブリッド エグゼクティブ。

 そして4L、V8ツインターボ(550ps)を搭載するパナメーラターボ、パナメーラターボ エグゼクティブというラインナップとなる。

 すべてのエンジンで低回転域でのトルクが向上し、レスポンスも改善されている。

 なかでも注目は、ハイブリッドモデル。ポルシェでは燃費性能にも注力しつつ、パフォーマンス向上のために積極的にハイブリッド(PHEV)を使うとしている。

 発表会で、ポルシェジャパン七五三木敏幸(しめぎとしゆき)社長は、日本におけるポルシェの好調ぶりを語ったが、近年それを牽引しているのはマカンであるという。

 昨年は全モデルのなかでも37%を占めたが、他のモデルの販売台数が落ちたわけではなく、マカンの好調ぶんがそのまま上乗せとなったという。

 ニューパナメーラの登場によって、さらなる販売台数増と、昨年達成できなかったPHEV比率10%を狙っていく。

記念撮影に応じる代表取締役社長 七五三木 敏幸氏(右)とポルシェAGのDr.ウッチ氏
サイドからみるとよりクーペらしいフォルムとなっているが、ラゲッジは先代より拡大されており、495Lを確保
ミッションには新設計された8速PDKを採用。パワーロスを28%改善しているという。またポルシェ独自のテレマティクスシステム「PCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント)」も搭載される

次ページは : 【モデル一覧と価格】

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ