レクサスの大黒柱 売れ筋SUV「UX」に大人でお洒落な特装車登場

■UX250hに特別仕様車“Brown Edition”を設定

 レクサスは2020年4月2日、レクサスブランドの最小SUV、「UX250h」に特別仕様車を設定、同日発売した。

UX250h“Brown Edition”

「UX」はレクサスブランドの中で2番目に売れている大黒柱のようなモデル(一番はRX)。2020年1月は1647台、2月は853台を販売している。今回お洒落でお得な特別仕様車を設定して、さらなる拡販を目指す。

 特別仕様車“Brown Edition”は、UX250h“version C”をベースに、専用内装色としてインストルメントパネルにノーブルブラウンを配したノーブルブラウン&オーカーとノーブルブラウン&ブラックの2種類を設定。ヘアライン加飾のオーナメントパネルやスカッフプレートを標準設定し、より上質な室内空間としている。また、ボディカラーにアンバークリスタルシャインなど全5色を設定。都会に映える落ち着いた印象となっている。

特別仕様車専用内装色(ノーブルブラウン&オーカー)

 また、パノラミックビューモニター、ブラインドスポットモニター[BSM]、パーキングサポートブレーキ(静止物+後方接近車両)[PKSB]、ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)など人気のオプション装備を標準設定。UXの特徴であるコンパクトクロスオーバーとしての取り回しやすさや使い勝手の良さを向上させている。

 価格は2WD(FF)が4,685,000円、AWD仕様が4,950,000円。ノーマル仕様の「version C(FF)が4,573,148円だから、特別装備内容を考えると非常にお得な仕様といえる。

ノーマル仕様のレクサスUX。トヨタブランドでいうところのC-HR

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ