ベンツVクラスの特別仕様車はボンゴフレンディの再来!? 車中泊好きが歓喜


 日本はアウトドア人気が高く、もはやブームというよりも日本人の生活に根付いてきている感がある。

 アウトドアを楽しむために、SUVやミニバンを購入して家族で楽しんでいる人も多いなか、メルセデスベンツは大型ミニバンのVクラスにポップアップルーフを備えた、『V200d Marco Polo HORIZON(マルコポーロホライズン)』という特別仕様車を2020年5月21日から販売を開始した。

 ポップアップルーフといえば、1990年代初頭にマツダボンゴフレンディAFT(オートフリートップ)が日本で大人気になったが、ボンゴフレンディを思い出さずにはいられない注目の1台だ。

文:ベストカーWeb編集部/写真:MERCEDES-BENZ JAPAN

【画像ギャラリー】キャンピングカーよりお得? ポップアップルーフが特徴的なメルセデスベンツV220dの魅力に迫る!!


車中泊に最適な1台

メルセデスベンツVクラスは1998年から日本で販売。2003、2015年にフルモデルチェンジを受け現行モデルが登場。全長5150×全幅1930×全高1960mm

 メルセデスベンツVクラスは1998年から日本で販売される欧州を代表するミニバンだ。全長は5mを超え、全幅は2mに近いという日本のキング・オブ・ミニバンのアルファード/ヴェルファイアをも凌駕する大きさを誇る。

 日本で使うには大きすぎる、という意見がある反面、この大きさに惚れ込んだ熱狂的なファンも存在している。

 現行のV220dは2015年デビューしているが、日本初導入以来、日本のミニバンに対抗すべく快適性、安全性などが大きく進化している。

 アウトドアの楽しみ方にはいろいろあるが、今回紹介するV200dマルコポーロホライズンは、車内で休息をとったり、車中泊をするのに打ってつけの仕様となっている。

 マルコポーロホライズンの特別装備について見ていく。

最大の特徴はポップアップルーフ

車内で快適に過ごすスペースを確保するためにマルコポーロホライズンでは、ポップアップルーフを特別採用。大型ボディだからルーフ上のスペースも広い

 日本で販売されているV220dは、標準、ロング、エキストラロングという3タイプのボディが販売されている。マルコポーロホライズンのベースとなっているのは、中間的サイズのロングで、全長5150×全幅1930×全高1960mmとなっている。

 マルコポーロホライズンの最大のセールスポイントがルーフ上にポップアップルーフを専用装備していることだ。1990年代初頭の第1次アウトドアブームでマツダボンゴフレンディのATFが異彩を放っていたが、まさに同じ仕様が与えられた。

日本でポップアップルーフの先鞭をつけたのがボンゴフレンディで、ATF(オートフリートップ)を装備。1995~2006年まで販売された

 マルコポーロホライズンのポップアップルーフ内には、2名までが使用可能なフルフラットなベッド、リーディングライトも備えているので快適性抜群。

 また、ルーフ右側にはロールアップ機能を備えたサイドオーニングが装着されているので採光性にも優れている。

 車中泊するのもいいし、ルーフを開いた時に高さがたっぷりあるため、着替えスペースなどに使うこともできる。

ポップアップルーフ内は2名がくつろげるスペースを確保。フルフラットなのでベッドスペースとして重宝すること間違いなし

次ページは : かつての日本のミニバンを彷彿とさせるシートアレンジ