全面刷新!! ベンツSクラスなSUV”GLS-Class”がフルモデルチェンジ


 メルセデス・ベンツのSUVの頂点に君臨するGLS-Classそのフルモデルチェンジモデルが、日本上陸を果たした。第3世代へと進化を遂げた。

 新型では、内外装の一新に加え、ボディサイズもアップ。様々な角度から、より快適な最上級SUVの姿が目指されている。極上のおもてなしを提供する新SUVは、どんなSUVに仕上がっているのだろうか。

文:大音 安弘、写真:メルセデス・ベンツ日本

【画像ギャラリー】最上のおもてなしSUV”GLS-Class”


価格は1263万円&1669万円

 メルセデス・ベンツ日本は、2020年3月23日、メルセデス・ベンツのフラッグシップSUV「GLS-Class」のフルモデルチェンジを発表し、同日より受注を開始した。

 グレードと価格は、クリーンディーゼルの「GLS 400d 4MATIC(右ハンドル車)」が、1263万円。マイルドハイブリッド仕様のガソリン車「GLS 580 4MATICスポーツ(左ハンドル車)」が、1669万円となる。

全面刷新で第3世代へと進化したGLS-Class。写真は、GLS 580 4MATICスポーツ

サイズアップを図りながらも、よりエレガントなスタイルに

 第3世代となる新型は、最新メルセデスのデザイン思想を取り入れ、より上級車らしいエレガントなスタイルへと進化を遂げた。

 ボディサイズは、全長5207×全幅1956×全高1823mm(400d 4AMTICの欧州参考値)と先代よりも全長が拡大されている。その拡大ぶんの60mmをホイールベースに割り当てることで、車内空間の拡大が図られている。

 パワードームを備えるボンネットやクローム仕上げのアンダーガードなどSUVらしいアイテムを備えるいっぽうで、最上級モデルに相応しい落ち着きあるフロントマスクが目指された。

 八角形デザインと内側に配された2本のルーバーを持つフロントグリルは、先代のイメージを引き継ぎ、力強さを感じさせるものだが、ルルチビームLEDヘッドライトをふくよかなデザインとすることで、最上級モデルに相応しい落ち着きあるフロントマスクを実現した。

 リアセクションでも同様に、上質さを追求。テールランプをコンパクト化かつ流麗なデザインとすることで、たかやかな雰囲気を備えつつ、全体ではボリューム感あるフォルムに仕立てることで、SUVらしい安定感を与えている。

押し出し感の強かった先代と比べるとエレガントな装いになったリヤビュー。

次ページは : より広く快適になったキャビン