アルファード VSグランエース徹底試乗比較!! 禁断の同門ガチバトル

 全国8000万のついついクルマの試乗記を読みあさってしまう皆さん、お待たせしました! アルファードと“キャラ被り”のグランエース、どちらがより“イイ”のか、渡辺陽一郎と清水草一が同条件下でガチ乗り比べ!

 今回はアルファードとグランエース、渡辺陽一郎氏と清水草一氏。ともに「運転するより後ろがいい」というクルマだが、ふたりはどういう結論を出すのか?

 皆さんには、ぜひインプレションを読み比べてみていただきたいです。

【画像ギャラリー】鳴り物入りで登場した究極のVIPカーVSミニバン界の皇帝!!! グランエース&アルファードをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年4月のものです
文:渡辺陽一郎、清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年5月10日号


■先攻 アルファード エグゼクティブラウンジ

152ps/21.0kgmを発生する2.5Lの直4エンジンに加え、フロントに143ps/27.5kgm、リアに68ps/14.2kgmを発生するモーターを搭載。2.5Lハイブリッドでスイスイ走る!

 日本を代表するLクラスミニバンの雄。2.5Lと3.5L、2種のガソリンと、2.5Lベースのハイブリッドを用意。価格は352万~775万2000円。今回は最上級グレードのエグゼクティブラウンジに試乗。

■渡辺陽一郎のアルファードインプレッション

 アルファードは「クラウンのミニバン仕様」という印象だ。

 現行クラウンは乗り心地が硬めで欧州車風だが、アルファードには多くの人が愛した従来型クラウンの雰囲気がある。内装にはメッキパーツが多用され、豪華さもわかりやすい。

 試乗車のエグゼクティブラウンジは、2列目は超絶的に豪華で快適だが、3列目は座り心地の柔軟性が乏しい。

今回の試乗車は最上級グレードのエグゼクティブラウンジだけに、コックピットまわりも木目調パネルやメッキパーツで豪華な雰囲気

 床と座面の間隔も足りず、足を前方へ投げ出す座り方になる。2列目と3列目とでは快適性が大幅に違うから、大人6名で長距離移動する時は、時々席替えをしたほうがよさそうだ。

 アルファードの3列目はほかのミニバンに比べると快適だが、上級グレードは2列目が一層豪華だから、格差が拡大する。そうなると最適な使い方は、1/2列目に4名で乗車して、3列目は格納して荷物を積むことだろう。

3列目シートは跳ね上げに対応する必要があるため、座面の厚みをさほど持たせられない。長距離の移動では、辛い面があるだろう

 運転感覚は自然な印象で、重心の高さも意識させない。ハイブリッドの場合、登坂路では4気筒のノイズが少し響くが騒々しくはない。クラウンに近い感覚で運転できる。

 なおハイブリッドエグゼクティブラウンジの価格は760万円弱に達するが、エアロパーツを装着しながら価格を抑えた買い得なハイブリッドSなら479万9000円だ。グランエースプレミアムと比べて約170万円安い。

■清水草一のアルファードインプレッション

 アルファードは傑作だ。何が傑作かって、なんといってもデザインが傑作! 進撃の巨人のごときフロントマスクは、従来の常識を木っ端微塵に打ち砕き、箱型フォルムにもかかわらず、サイドもリアも立体的な曲面を持っている。

 ただ、このクルマの乗り味や快適性については、そんなに高いとは思っておりません。装備は凄いし、シートもゴージャスだけど、何よりも乗り心地がいまひとつだ。

いまいち評価の高くない3列目シートだが、身長170cm程度の男性で、移動距離がさほど長くなければ充分快適に座れる

 その原因はボディ剛性の低さにある。両側スライドドアミニバン特有の弱点で、ねじりに弱い。なかでもアルファードは、デカいぶんかどうかわからないが、最も強くねじれを感じる。

 フツーに走ってても、いつもボディがよじれながら走ってる。そのよじれをサスが制御しきれてないので、乗員にも微妙に不快な振動として伝わってしまう。2列目に乗せてもらっても、あまり満足できません!

エグゼクティブラウンジ最大の長所である2列目シート。プレミアムナッパレザーのシートはサイズも大きく、快適

 じゃ運転してどうかというと、常に出足のトルクの弱さを感じる。2トンを超える巨体だけに、2.5Lのハイブリッドでも、3.5LのV6ガソリンでも力不足。線が細い印象になってしまう。

 よって運転しても同乗しても、私はそれほど快適には感じない。見てるのが一番いい。いや、あまりルームミラーに大映しになってほしくもないけど。

システム出力=197psを発生する2.5Lハイブリッド。出力自体は充分だが、加速時には車体の重さを感じるシーンも

■後攻 グランエース Premium(6人乗りモデル)

5m超えの超大型ボディを持つグランエースながら、その走りは2.8トンという重量を感じさせない。1.5BOXならではの独特な走りがおもしろい

 昨年(2019年)12月デビューのトヨタミニバンで最大のボディを誇るハイエースベースのモデル。3列と4列シート車を設定。価格は620万~650万円。

■渡辺陽一郎のグランエース 試乗インプレッション

 グランエースは「センチュリーのミニバン仕様」という印象だ。

 3列シートのプレミアムは、価格が650万円だから前席も相応に上質だが、アルファードエグゼクティブラウンジほどではない。内装から乗り心地まで、センチュリーのように後席の快適性を優先させた。

ブラックを基調とした低くワイドな印象のインパネ。空調の吹き出し部には金属調加飾、助手席の正面に木目調加飾を施してゴージャスな雰囲気に

 アルファードと最も違うのは、2/3列目に快適性の格差がないことだ。3列目にも2列目と同じエグゼクティブパワーシートが備わり、正確には3列目の頭上空間と乗り心地が少し下回るが、ほとんど違いはない。

 大人6名が乗車して、席替えをせずに長距離を移動しても、車内の雰囲気が険悪になる心配はない。

室内長3290mm、室内幅1735mmという室内空間の圧倒的な広さを誇るグランエース。専用エグゼクティブシートは快適でゆっくりくつろげる

 その代わりアルファードに比べると、前席の満足度は微妙だ。インパネの基本形状は海外版ハイエースと同じで、機能を優先して作り込んだ。

 重いボディを悠々と走らせる感覚は、試乗中はバスの運転手さんになった気分で面白かったが、実際にオーナーになったらどうなのか。エグゼクティブパワーシートに座るのが奥さんと子どもと両親では、かなり人間がデキていないと辛いかもしれない。

 このように考えると、家族で使うならアルファードが無難だろう。グランエースを買うと、見栄を張ったつもりが、逆の展開になる可能性もありそうだ。

3列目も2列目に負けず快適!

■清水草一のグランエース 試乗インプレッション

 グランエース、こいつはスゲエ! もとがハイエースなので、カタチは基本的に素っ気ない箱型で、そこにアルファードもどきのオラオラ顔を張りつけただけ。デザインではアルファードの敵ではないが、この大きさは圧倒的だ。隣にアルファードが並んでも、こっちのほうが格上だと威張っていられる。

3列目シートを前方にスライドさせると広大なラゲッジスペースが出現。3列目の着座スペースを確保しながらでもゴルフケース4個を立てたまま収納可

 それでいて、取り回しは意外なほどラク。ハンドルが深く切れるので、小回り性能はアルファードと同じなのですね。上から見ると真四角なだけに、見切りも抜群。なぜかアルファードより取り回しがよく感じるほどでした。

 室内の快適性も高い。内装は「貨物車ベースにめいっぱい頑張りました!」という風情ではあるけれど、とにかく乗り心地がイイ! その最大の要因は、やっぱりボディ剛性なんだよね。

「これ、トラックシャシー?」と思ったくらいしっかりしてる。「ストレートラダー構造を持つモノコック」なんだそうですが、しっかり感がアルファードとは雲泥の差だ! サスペンションも絶妙。

グランエースは2列目と3列目に専用エグゼクティブパワーシートを採用する。いったん、その快適性を味わったら病みつきになること請け合い!

 もちろんレクサスLSとかそのへんの最高級セダンには到底かなわないし、「最高級トラック」って感じではあるけれど、後席でふんぞり返っていても実に安心感がある。

 運転手としても、こっちのほうが断然イイ! 2.8Lディーゼルのトルクは、動き出した瞬間からモリモリッと来て、2.8トンという重さを感じさせない。ステアリングのダイレクト感もトラックなみに高い。デカいけど、思いどおりに動かせるクルマなのだ。プロドライバー気分に浸れます。

直4、2.8Lクリーンディーゼルエンジンは最高出力177ps、最大トルク46.1kgmを発揮する。WLTCモード燃費は10.0km/Lをマークする

■2台の採点&総括 両氏はこの2台をどう評価したか?

 試乗を終えたところで、清水氏と渡辺氏のふたりが対談。グランエースとアルファードの2台を比較してどうだったのか? 各々の意見を率直に語り合ってもらった。

*   *   *

ベストカー(以下BC):乗り比べての結果、まず乗り心地はいかがでしたか?

清水:グランエースは、トラックを連想させるほど堅牢だ。乗り心地は凄くいいわけじゃないけど、しっかりした乗り味が好印象だね。私は、アルファードより好きだな。

※写真はイメージです

渡辺:グランエースは最小回転半径を抑えるため、細めのタイヤを履き、空気圧も高め。だからタイヤの固さを感じるのが、残念。でもしっかりしたシャシーのおかげで、全席ともに乗り心地はいい。後席を満点にしたのは、シートの作りのよさだね。一方、アルファードは、ボディが意外とヤワ。グランエースと比べると、ロードノイズが大きく、重厚感も乏しい。

BC:それぞれの走りのよさは、どこにありますか?

清水:グランエースは、ディーゼルの力強さだよね。

渡辺:運転のしやすさならアルファードだね。重心も低いし、操舵に対する正確性も、こちらが上。格下のミニバンからの乗り替えも問題なしだ。

BC:静粛性の評価は、おふたりでまったく異なりますね。

※あくまでイメージです

清水:グランエースの評価が低いのは、ディーゼル音がトラックを連想させるから。これがメルセデスのものだったら、どれほど静かだろうね。

渡辺:アルファードはハイブリッドゆえ、アクセルを踏み込んだ時のエンジン音が気になる。その点、グランエースのほうは、遮音を入念にしたことで、走行中の車内の静粛性が高く感じられる。その点を評価した。

清水氏はグランエースのディーゼルターボによる力強い走りのよさがいいとする一方、静粛性はいまひとつという評価だった

BC:総評をお願いします。

清水:私は、グランエースの勝ち。カーマニアとしては、レアのほうがいい! だってアルファードは、ヤンキーや職人の憧れる一台で、たくさん走っている。でも、そんな彼らもグランエースの前にはひれ伏すんじゃない。

渡辺:俺は、アルファード。そもそもグランエースが月販50台って、志が低いよ。売れ線のミニバンで、王者アルファードと対決させたくなるくらい話題性があるのに……。そんな弱気の姿勢に喝だ!

清水:安くて、数も少ないなら、グランエースは取り合いになるでしょ。需要より一台少なく作る、これが基本。

渡辺:トヨタはフェラーリじゃないんだからさぁ。(編集部注/かつてエンツォ・フェラーリが、「いいか、客の需要をしっかりと調べつくせ。そのうえで、その需要より1台少なく作るんだ」と語ったと言われている)

清水:トヨタにフェラーリがあったっていいじゃない! ミニバン界のフェラーリを目指して頑張ってほしいなぁ。

結果(採点表)はこちら! 最終的に清水氏はグランエースの勝ち、渡辺氏はアルファードの勝ち、と判定!

【番外コラム】取材を終えて

(TEXT/編集部)

 この2台、対象ユーザーは似通っているがキャラクターは全然違った。

 アルファードは2.5Lハイブリッドのおかげで静か、加速もいい。一方のグランエースは「トラック感覚」で、これを両評論家ともに「これはこれでおもしろい」と絶賛していた。

 アルファードの3列目はこれまで「快適」という評価を受けていたが、より快適なグランエースが出てきた今、各メディアの評価は相対的に下方修正されそうだ。グランエースであれば2列目の奪い合いという悲しい争いは起こりにくいだろう。

 両者の採点とインプレッション、どちらが正解ということはない。自分の感覚に近い評論家はどちらか、考える際の目安にしてほしい。

クルマが動いている間はこの体勢で座るのはNG。かかとを床につけ、シートベルトがキッチリかかっていることを確認しよう

【画像ギャラリー】鳴り物入りで登場した究極のVIPカーVSミニバン界の皇帝!!! グランエース&アルファードをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ