アルファード/ヴェルファイアの中古車事情に異変あり!! 未使用中古車多数!?

 国産LLサイズミニバン市場を独占しているのが、トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」だ。

 元々このマーケットを開拓したのは、1997年に登場した日産「エルグランド」だったが、2002年に登場したトヨタ「初代アルファード」が台頭。燃費性能に優れたハイブリッド車までラインナップされ、エルグランドはキングオブミニバンの座をアルファードに明け渡すことになった。

 そして、2008年に登場した2代目アルファードはトヨペット店専売となり、兄弟車としてネッツ店向けに「ヴェルファイア」が登場。上下に分割された薄いヘッドライトと大きなグリルによる押し出し感と圧倒的な存在感によってヴェルファイアはアルファードを上回るヒットモデルとなり、国産LLサイズミニバン市場を独占した。

 そして、現行型アルファード/ヴェルファイアは2015年1月に登場。LLサイズミニバンという枠を超えて、新時代の高級車として開発された。その人気振りはもはや日本国内に留まらず、アジア圏にまで及び、東南アジアでは車両本体価格1000万円を超える超高級車として大人気となっているのだ。

 そこで今回は新車だけでなく、中古車でも圧倒的な人気を誇るトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」の中古車事情について紹介したい。

文/萩原文博
写真/編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】中古車で狙うなら今!! アルファード/ヴェルファイアの現行モデルをおさらいする!


■”キングオブミニバン”の座を盤石にする着実な進化

 現行型アルファード/ヴェルファイアは、2015年1月に登場。開発テーマは「大空間高級サルーン」で、新時代の高級車として開発された。

 シャシーから一新され、リアにはダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用し、乗り心地にこだわった。また、高張力鋼板の採用範囲の拡大をはじめ構造用接着剤を積極的に導入し、ボディの強度そして剛性を上げつつ、軽量化を両立させたのだ。

3代目アルファード(前期型)。リアサスペンションを、それまでのトーションビーム式からダブルウィッシュボーン式に変更し、乗り心地を大幅に向上させた
2代目ヴェルファイア(前期型)。オラオラ顔の代名詞ともいえるフロントデザインを採用し、人気を博していた

 搭載されるパワートレインは2.5L 直4エンジン+CVT、3.5L V6エンジン+6速ATそして、2.5L 直4エンジン+モーターのハイブリッドシステムの3種類を用意している。2017年12月にマイナーチェンジを行った。内外装の変更に加えて、安全装備、グレード体系の充実を図った。

 変更のポイントは3.5L V6エンジンに組み合わされるATが6速から8速へと多段化されたこと。超豪華仕様の「エグゼクティブラウンジ」がエアロ系グレードとハイブリッド車にも追加されたことだ。

 そして、運転支援システムが第2世代と呼ばれる「トヨタセーフティセンス」へ進化したことだ。従来から採用しているミリ波レーダーに加えて、単眼カメラを搭載。

 2つのデバイスによって高精度な検知能力を実現し、全車速追従機能付レーダークルーズコントロールには、車線中央をキープして走行できるようにレーントレーシングアシストアシストを初採用。さらに、衝突被害軽減ブレーキのプリクラッシュセーフティは昼夜の歩行者だけでなく、昼間の自転車運転者も検出できるようになった。

 2018年10月、2019年12月と一部改良が行われ、2018年はインテリジェントクリアランスソナーが全車標準装備となり、2019年はエグゼクティブラウンジを除くグレードに9インチのディスプレイオーディオと車載通信機DCMが標準装備となり、スマートフォンとの連携、コネクティビティ機能が強化されている。また、このタイミングでアルファードはトヨペット店とトヨタ店、ヴェルファイアはカローラ店とネッツ店での併売となったのだ。

2017年12月のマイナーチェンジで、フロントの意匠を大幅変更したアルファード(写真右)。このマイナーチェンジで2台の勢力図は一変することになる

 現行型アルファード/ヴェルファイアはデビュー当初は先代を受け継ぎ、アルファードより、ヴェルファイアのほうが人気だった。

 2016年の年間販売台数は、ヴェルファイアの4万8982台に対してアルファードは3万7069台だった。2017年6月あたりから両車の販売台数が接近し、2017年はヴェルファイア 4万6399台に対してアルファードは4万2281台と肉薄。

 そして2017年12月のマイナーチェンジで人気は逆転し、アルファードは5万8806台に対して、ヴェルファイアは4万313台となった。また最新の2020年3月の販売台数でもアルファード 7885台に対して、ヴェルファイアは2719台でマイナーチェンジ後はアルファードが圧倒的な人気を誇っている。その人気は中古車にも大きく影響を及ぼしているのだ。

 それでは、最新の中古車事情を見てみよう。

■アルファードが横ばいのなか ヴェルファイアは大きな値動き

 まずはヴェルファイアからだ。現行型ヴェルファイアの中古車の流通台数は約2070台。3カ月前の2020年1月下旬の時点では約1700台で、3月までは横這いだったが、4月に入ってから右肩上がりで増加している。

 中古車の平均走行距離は3カ月前が約2.5万kmで、現在は2.7万kmまで延びており、この動きにリンクして、平均価格も3カ月前の約370万円から現在は約353万円まで17万円の値落ちを記録。この値落ち幅は流通台数が増え始めた4月に入ってからで、わずか20日で17万円という暴落を記録したのだ。

こちらの写真をクリックすると「ヴェルファイア」の中古車情報が見られます

 一方のアルファードは、現在の流通台数は約2600台と好調な新車の販売台数を受けて、流通台数はヴェルファイアを上回っている。

 アルファードも2020年1月の時点では約1780台で、その後は微増と言えるレベルだったが、4月に入って急激に流通台数が増加した。中古車の平均走行距離は3カ月前が約1.2万kmで、現在は約1.4万kmと延びてはいるものの、ヴェルファイアと比べるとかなり少なめだ。

こちらの写真をクリックすると「アルファード」の中古車情報が見られます

 そして気になる平均価格は3カ月前が約393万円で、4月も約394万円とほぼ横ばいとなっており、ヴェルファイアとは大きく異なる動きとなっている。

 そこで、もう少し比較するスパンを拡大して1年で見てみると、ヴェルファイアの1年前の平均価格は約388万円で、その後緩やかに値落ちしたが、消費税が増税した2019年10月に再び約388万円まで上昇。その緩やかな値落ちカーブを描いていたが、4月になって大幅な値落ちとなっているのだ。

 一方のアルファードは1年前の平均価格は約410万円でその後も横這いが続き、消費税増税のタイミングで最高値の約423万円まで上昇。その後12月から年末まで一気に値落ちし、最安値の約392万円を記録した。その後は小幅な値動きで横這いとなっているのだ。

 鉄板の人気モデルと言われたアルファード/ヴェルファイアもタイミングがずれたものの大幅な値落ちを記録したのだ。アルファードの値落ちしたタイミングは一部改良と販売店が併売を始め時期と重なっており、これもひとつの理由かもしれない。

こちらの写真をクリックすると「ヴェルファイアハイブリッド」の中古車情報が見られます

■新型コロナ禍で輸出が大幅減! その影響でオークション価格が大幅下落

 ヴェルファイアは走行距離が延びて、平均価格が値落ちというのは納得できるのだが、アルファードは流通台数が増加、走行距離も微増しているにも関わらず、平均価格はほぼ横這いというのが疑問なので、より詳しく調べてみると驚きの事実がわかった。

 人気車で新車の納車待ちも長くなっているアルファードだが、なんと2019年~2020年式という高年式で、走行距離500km以下という未使用中古車がなんと約800台も流通しているのだ。しかも人気の高いエアロ系グレードの「2.5S Cパッケージ」が約335台、「2.5S」が約200台、そして「2.5 Aパッケージ」が約97台となっている。しかもこれらの中古車は関西方面に集中している。

こちらの写真をクリックすると「アルファードハイブリッド」の中古車情報が見られます

 その理由を関西の知り合いの販売店に聞いてみたところ、まさにコロナウイルスの影響で、輸出がストップしたことによるものだった。オートオークションで相場が100万円近く下がっているので、小売りしているということだった。

 確かにアルファード/ヴェルファイアは日本国内だけでなく、アジア圏でも人気だったので、輸出がストップすると国内で販売するために市場にでまわったのだ。

 中古車相場は需要と供給のバランスで相場が決まるので、アルファードのオートオークションでの価格が100万円下がったということは、小売価格も下がる可能性が高い。

 しかも日本国内の消費も冷え切っているので、アルファード/ヴェルファイアのような人気モデルの中古車も暴落なんてこともありえるかもしれない。コロナウイルスの影響が中古車市場にも及んできたのだ。

【画像ギャラリー】中古車で狙うなら今!! アルファード/ヴェルファイアの現行モデルをおさらいする!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ