メルセデスベンツGLEクーペがフルモデルチェンジ!! これぞ大人の余裕!?


 多彩なクーペモデルを揃えるメルセデス・ベンツ。その最新モデルが、第2世代に進化したミッドサイズクーペSUV、GLEクーペだ。

 ベースとなるGLEに引き続き、全面刷新を図ることでボリュームアップ。しかし、同時に、ただGLEとの差別化も拡大されている。さらなるゆとりを身に着けた新生クーペSUVの進化に迫る。

文:大音安弘/写真:メルセデスベンツ日本

【画像ギャラリー】メルセデス・クーペSUVの頂点!メルセデス・ベンツGLEクーペが新世代に


GLEの進化に合わせて第2世代へ

 メルセデスベンツ日本は、2020年6月11日、ミッドサイズクーペSUV「メルセデスベンツGLEクーペ」のフルモデルチェンジを発表し、同日より受注を開始した。価格は、1186万~1421万円となる。

 GLEクーペは、その名が示すように、メルセデスベンツのミッドサイズSUV「GLE」をベースとするクーペスタイルのSUVだ。昨年、フルモデルチェンジを果たし、2代目に進化したモデルをベースに開発されている。

フルモデルチェンジで第2世代へ進化したミッドサイズクーペSUV「GLEクーペ」

GLEとともにサイズアップするも差別化も明確に

 従来型同様、GLEのスタイリングをベースにするが、流麗なクーペライクなルーフラインを始め、各部に手を加えることで、流麗なスタイルを身に着けさせている。

 フロントマスクは、メルセデスのクーペモデルとの共通性を感じさせるため、同様のデザインであるシングルルーバーのダイヤモンドグリルを装着。

 そのいっぽう、バンパーデザインは、SUVらしい力強さを強調したアンダーガードや大開口を備えたデザインとすることで、クロスオーバーなクーペSUVのキャラクターを主張する。

 印象的なフォルムを際立たせる、なだらかな傾斜を描くテールは、クーペの独自性が発揮される部分であり、スリムで細長いコンビネーションランプを与えることでワイド感を演出する。

 新型のボディサイズは、全長4955mm×全幅2020mm×全高1715mmと、先代比で全長+65mm、全幅+5mm、全高-15mmへとボリュームアップ。ホイールベースも、20mm延長の2935mmとなった。

 これは、GLEのサイズアップの影響だが、GLE比で全長を60mmも抑えることで、スポーティなスタイルとハンドリングを実現しているという。

より強調されたコンビネーションランプが印象的。サイズアップされたが、GLEよりもコンパクトにまとめられているのも特徴だ

次ページは : SUVらしさも演出されるキャビン

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ