300台限定で日本初登場!!ジープラングラー「スカイワンタッチ パワートップ」の魅力

 人気クロカンのジープ・ラングラーに、気軽にオープンドライブが楽しめる電動開閉式トップの「スカイワンタッチパワートップ」を装備した限定車を設定。

 またカタログ仕様には、非設定の定番色も限定復活しているようだ。早速、限定ラングラーの情報をお届けしよう。

 文:大音 安弘、写真:FCAジャパン

【画像ギャラリー】手軽に日光浴!?限定車ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ スカイワンタッチパワートップ


特別装備を加えた限定ラングラー登場

 FCAジャパンは、アメリカンSUVブランド「ジープ」の本格クロカン「ラングラー」に、限定車「ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ 2.0L スカイワンタッチパワートップ」を設定し、2020年6月6日より発売することを発表した。

 限定数は300台で、価格は620万円(全車右ハンドル仕様)となる。

人気SUVのラングラーに、電動開閉式ルーフ装備の限定車が登場。300台の限定となる

日本未導入の電動開閉式ルーフを搭載!

 限定車の最大の特徴は、電動開閉式ルーフの「スカイワンタッチパワートップ」の装備だ。このアイテムは、本国ではオプションのひとつだが、日本仕様では、非設定のため、特別なアイテムとなる。

 ルーフ部のボタン操作ひとつで、ソフトトップが自動的に開閉。作動時間は、約20秒で、走行中でも約96km/h以下ならば、操作可能なので、急な天候の変化にも対応できる優れものだ。

 元々、ラングラーのメタルルーフは着脱可能で、オープン仕様にすることができる。しかし、メタルトップよりも、着脱が容易ではあるソフトトップを入手していたとしても、ある程度の手間は必要。やはり気軽に開放感を得るのは難しい。

 その悩みを解消してくれるのが、「スカイワンタッチパワートップ」というわけだ。さらに、この電動開閉式ルーフも取り外しが可能なため、ラングラー本来の開放感も味わうことが出来るのも、大きな魅力といえよう。

キャビンの頭上が完全に開くので、開放感満点だ。しかも約20秒で開閉できるので、突然の雨も怖くない

限定車だけの特別色も用意

 ボディカラーは、3色を用意。ブラックC/Cが50台、パンプキンメタリックC/Cが100台、そして限定車で初導入となるサージグリーンが150台の計300台を導入する。

 専用色となるサージグリーンは、これまでもラングラーで採用されたことのある色だが、現行型では初となる。ブランドの原点であるジープを彷彿させる野性味ある雰囲気が、本格クロカンである素性を強調してくれる。

現行型初採用となる「サージグリーン」が選べるのは、限定車のみ!

快適なドライブが楽しめる充実装備

  限定車のベースとなるのは、5ドア仕様であるアンリミテッドの上級グレード「サハラ」。

 このため、ナビゲーションシステム付8.4インチインフォテイメントシステム、アルパイン製スピーカーシステム、レザーのステアリング&シート、ステアリング&フロントシートの内蔵ヒーター、LEDヘッドライト、18インチアルミホイールなど充実装備を誇る。

 また先進安全機能としては、ブラインドスポットモニターや駐車支援センサー、アダクティブクルーズコントロール(ACC)などを備える。

 パワートレインは、軽量な2.0L直列4気筒ターボエンジンを搭載。最高出力200ps、最大トルク400Nmとクロカン性能を支えるパワフルさを発揮してくれる。

 ジープ本来の開放感を気軽に味わえる電動開閉式ルーフは、季節の移ろいが楽しめる日本の四季とも相性抜群といえるもの。ラングラーオーナーからも羨まれる装備となりそうだ。

LEDヘッドライトなど充実装備を誇る上級グレード「サハラ」がベースとなる

【画像ギャラリー】手軽に日光浴!?限定車ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ スカイワンタッチパワートップ

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ