マツダ最強のタフガイ!! 地上唯一の鼓動デザインピックアップ! 新型BT-50登場

 トヨタ ハイラックス級のピックアップトラックで、海外専売のマツダ「BT-50」の3代目モデルが、6月17日発表された。

 発表された新型BT-50は、「鼓動デザイン」に一新された最近のマツダ車の雰囲気が色濃いが、実はこの新型からいすゞのピックアップトラック「D-MAX」のOEM車となっている。

 本稿では、2020年後半にオーストラリアから販売が始まる新型モデルと、BT-50が歩んだ軌跡を紹介したい。

文:永田恵一
写真:MAZDA、ISUZU

【画像ギャラリー】これぞマツダ流ピックアップ!! 新型&歴代BT-50


BT-50は日本でも売っていたプロシード後継車

マツダが6月17日に公開した新型BT-50。日本未発売のピックアップトラックながら外観は完全に「鼓動デザイン」化されている

 マツダのラインナップには、かつて「プロシード」(1965年登場)というピックアップトラックがあり、初代モデルの米国仕様にはなんとロータリーエンジン搭載車も設定されていた。

 プロシードは1977年に2代目モデルにフルモデルチェンジされるのだが、日本向けは1980年に一度絶版に。

 その後プロシードは3代目モデルだった1990年に復活し、1991年にはハイラックスに対するハイラックスサーフのようにボディ後方にキャビンを設け7人乗り3列シートとしたプロシードマービーも加わった。

 プロシードは輸出向けこそ5代目モデルまで続き2009年まで販売されたのだが、日本では3代目モデルをもって1999年に歴史を閉じた。

写真は1991年発売のプロシードマービー

 BT-50はプロシードの後継車として2006年に初代モデルが登場。これは北米向けのプロシード(1994年登場)が、フォードのピックアップトラックである「レンジャー」とともに米国で生産される兄弟車となったのに準じたモデルだった。

 初代BT-50は、当時マツダとフォードがタイ国に合弁で持っていたAAT(オートアライアンスタイランド)で生産されるピックアップトラックで、2.5Lと3Lのディーゼルターボエンジンを搭載。

 生産国かつピックアップトラックが乗用車代わりに使われることが多いタイ国で販売されたのはもちろん、ヨーロッパやオセアニア圏にも輸出された。

従来型のBT-50。同車まではフォード系の姉妹車であり、デザインを始めとした雰囲気も新型とは大きく異なることがわかる

 2011年にはフォード レンジャーの兄弟車という成り立ちは変わらないまま2代目モデルにフルモデルチェンジ。

 エンジンは2.2L・4気筒ディーゼルターボに加え、3.2L・5気筒ディーゼルターボというマニアックなものもラインナップされた。

 2代目BT-50は、フォードレンジャーの兄弟車ながら、内外装は当時のマツダ車らしいものだった点は今になると印象的だ。

新型BT-50はいすゞベースでも大きく差別化!

リアスタイルは定番のピックアップスタイル。全長5280×全幅1870×全高1790mmと堂々のサイズだ

 そもそもマツダは以前最大積載量2トン級の「タイタン」と1トン級の「タイタンダッシュ」という小型トラックをラインナップしていた。

 しかし、2000年代から自社開発が難しくなり、タイタンは2004年にいすゞ エルフのOEM車に移行し、それ以来マツダといすゞの業務提携は続いている。

 ピックアップトラックに関しても両社は2016年にいすゞからマツダへのOEM供給を発表しており、新型BT-50はそれが具現化したものである。

図太いトルクの3Lディーゼルターボ車もラインナップする新型BT-50。走り姿もなかなか格好良い!

 このOEM供給はマツダは「フォードとの関係解消によりピックアップトラックがなくなってしまう」、いすゞも「GMとのピックアップトラックに関する関係解消により販路が減ってしまった」という双方の事情もあり、OEM供給によりお互いがウィンウィンということで結ばれたものなのだろう。

 オーストラリアで販売される新型BT-50は、3Lディーゼルターボエンジンを搭載する点など、機能面は当然ながらD-MAXに準じる。

 しかし、エクステリアを見るとフロントマスクは多くの部品が変更され、まさしくマツダの鼓動デザインとなっており、インテリアもハンドル中央のホーンパッドやダッシュボード中央のエアコン吹き出し口など意外に違いは多く、OEMとしては想像以上にマツダ色が強いことが特徴といえる。

新型BT-50の開発元! いすゞ D-MAXとは

現行型のいすゞ D-MAX。日本では未発売だが、タイなどでは定番のピックアップとして人気を集めている

 D-MAXは、いすゞがジェミニなどの乗用車を自社で開発していた頃からあったロデオを前身とするモデルで、初代モデルは2002年に登場した。

 D-MAXもタイ国で生産され、当時は以前のマツダとフォードのようにいすゞと深い関係があったGMとの共同開発で、GMが販路を持たない地域ではブランドを変えるなどしてD-MAXの兄弟車が販売されていた点はBT-50とよく似ている。

 D-MAXは初代モデルだった2005年にはタイ国で約16万3000台を販売した人気車で、2011年には2代目モデルに移行。

 現行型3代目モデルは2019年の登場で、3代目モデルからはOEM供給を含めGMとの関係はないピックアップトラックとなった。

 現行D-MAXも最大積載量1トンで、ボディタイプは2ドアの「シングルキャブ」、これにマツダ RX-8のような観音開きドアを加え、キャビン内の荷物置き場を持つ「エクステンドキャブ」、4ドアの「ダブルキャブ」を持つなど、ピックアップトラックとしてオーソドックスである。

 しかし、内外装は最近のピックアップトラックはどれもそうだが、実に乗用車的で、前述したようにタイ国では乗用車代わりに使われていることがよく理解できる。

 エンジンは、小型トラックのエルフに搭載されるものとの共通性もある3L・4気筒ディーゼルターボ(最高出力190馬力/最大トルク45.9kgm)と1.9L・4気筒ディーゼルターボ(最高出力150馬力/最大トルク35.7kgm)の2つを搭載する。

 前者はピックアップトラックとして標準的なものだが、後者は「いすゞにそんなエンジンがあるのか」と感じる目新しいものだけに乗用車用としての他社への供給など、興味深いところもある。

 加えて後者は前者に対し同じような仕様のクルマ全体で85kg軽いというメリットも見逃せない。なおトランスミッションはそれぞれのエンジンに6速のATとMTが設定される。

◆  ◆  ◆

 自動ブレーキや運転支援システムなど対応すべき点も多いにせよ、新型BT-50は日本導入を検討する価値のあるモデルに感じる。

 というのも日産も三菱自動車もピックアップトラックがあるにも関わらず、堅調に売れているハイラックスに続けという気配も感じられないからだ。

 ならばマツダは日本メーカーではクルマに関心の強いユーザーが多いブランドであるわけだし、いろいろな折り合いが付いてBT-50の日本導入が実現すればハイラックスに対し一矢報いることもできそうな予感がする。

【画像ギャラリー】これぞマツダ流ピックアップ!! 新型&歴代BT-50

最新号

ベストカー最新号

【22年次期タイプR 登場!?】注目2台のスポーツカー確定情報!!|ベストカー7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型シビックタイプRとスープラGRMNの最新情報をお届け。  そのほか、6月24日に発表された日産キックス、GRヤリス、タフトなど注目車種の情報から、ブルーバード伝説や、挑んだ日本車ランキングな…

カタログ