マツダMX-30全容発表!! ロータリー搭載で日産ホンダといざ尋常に勝負!!

 欧州マツダが2020年5月20日に公式リリースを発表。同社初の世界戦略EV「MX-30」市販モデルのスペックを明らかにした。また2020年5月19日から、宇品第1工場(広島県)で生産を開始しているという。

 すでにヨーロッパでは受注を開始しているMX-30だが、このスペックから読み取れる、現在の国内でのライバル車である日産「リーフ」やホンダ「ホンダe」と比較した場合どうなのか? 発表されている200kmという一充電走行距離は、SUVという実用性重視のモデルにあって適当なのか?

 注目されるMX-30の性能や実用性について、自動車ジャーナリストの御堀直嗣氏が分析する。

文/御堀直嗣
写真/MAZDA、HONDA、Mercedes-Benz

【画像ギャラリー】厳しくなる排出ガス規制対応のためにも成功させたい! マツダ「MX-30」の全貌


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ