LPガス + e-POWERに乗った リッター45km走行も可能ってマジ!? 世界初試乗!!

 LPガスのクルマというとタクシーを思い浮かべるかもしれない。そのイメージはトルクがないとか、臭いとかネガティブではないだろうか? 

 ところがどっこい、LPガスはガソリンよりも、軽油よりもエコでお得な燃料かもしれない。

 そんなLPガス車だが、今回は世界初のLPガスタンクを装備するノートe-POWERが登場。最新パワーソースとの相性も抜群のLPガスに迫ります。

文:ベストカーWEB編集部/写真:塩川雅人


LPガスのネガティブイメージは過去のもの!?

 LPガスというとどうしてもタクシーなどのイメージが強いのではないでしょうか。そしてそこに付きまとう「低速トルクがない」などのネガティブなイメージ。

 しかし、皆さん実際にLPガス車を運転したことは? 教習車で乗った? タクシーの運転手さんの話を聞いただけ?

 今回ベストカーWEBではLPガス仕様のノートe-POWERを山形県酒田市のケイテック株式会社から借りて試乗してみました。

 ハイブリッドにLPガスというとあまりイメージがないですが、実はこちらの会社、現行型プリウスもLPガス仕様にするなど、かなり意欲的。もちろん世界初のノート e-POWER+LPGだ。

 今回は高知県のカスタマーからの依頼でLPガス仕様のノート e-POWERを作ってしまったんだそう。「ノート LPG e-POWER」といったところか。

 「違いのわかる男」を目指す編集部Sが試乗してみたところ、どうにも「違いがわからない」のひと言。

 やっと「違いがわかる男」になれると意気込んで乗ったものの、どんだけ意地悪して加減速をしてみても普通のe-POWERとの差がまったくわからないぞ。低速トルクだ、排ガスが臭いだ、そんなネガな事実はどこ吹く風。

 スペックでいえばLPガスはブタンガスなどを混ぜてパワーを出していて、寒冷地など気化の関係でブタンの含有量を減らさないとならない地域ではパワー感にかける部分はなきにしもあらず。

 またかつてのキャブレター時代のLPガス車を知る人にとっては、LPガス車は非力なものというイメージもあることだろう。現在はインジェクションだからそんな心配もなし。さらにモーターが存在するe-POWERであれば尚更関係なし。

 わざわざLPガス仕様車に乗るならなにか「特別感」がほしくなるが、困ったことにガソリン車の”フツー”のノート e-POWERとの差がない。なんてこったい。見事にいい意味で裏切られた。

上り坂でも加速感には不満なし。
というよりも、ガソリンのe-POWERとの差がまったくわからない!!
リアバンパーにはガスの充填口、そしてガスタンクが見える

実はガソリン車よりもお財布に優しいLPガス

 LPガスと電気モーターの相性は極めて高い。このノート e-POWERのLPガス仕様はガソリンタンクと、LPガスタンクが併載している。

 当然ながらLPガスが切れた場合はガソリンで走れる。普段はLPガスを優先して使用するが、なんとリッターあたり20km/Lを記録。

 山形から群馬、そして東京へという長旅でここまでの数値を出せるのは凄い。片道のLPガス消費量は20L(山形県酒田市のLPガスはリッターあたり97円)で、2000円程度だという。

 山形県酒田市からの約500kmを約2000円で走れるとは実は凄いこと。約25km/Lで東京まで走ってしまったのだ。2000円をレギュラーガソリン(130円/L)に換算すると約15L分。

 換算すればガソリン車で33km/Lという平均燃費で走らなければならない。普段からクルマに乗る皆さんならこれがいかに難しいことかおわかりだろう。

 LPガスは地域で価格は異なるが、リッターあたり50円〜100円程度になるという。ちなみに東京だとだいたいリッター75円(タクシーなどの大口契約だともう少し安い)。

 先ほどの山形県からの500km走行も、東京でLPガスを入れたら、ガソリン車で45km/Lの燃費をたたき出していることとコスパは同等になる。アメイジング。

 さらに排ガスもNoX(窒素酸化物)やCO2(二酸化炭素)の含有量はガソリン車やディーゼル車よりも低く、かなりエコだったりする。

 コストとの兼ね合いが気になるところだと思うが、このLPガス仕様へのコンバージョンはキット化されており、その価格は改造費込みで60万円。

 LPガスの価格にもよるが改造コストは10万km程度で回収できる。1日300km弱走る都内のタクシーならば1年ほどで回収できてしまうのだ。

 タクシーのみならず営業車としての利用もされそう。企業は燃料コストへの要求が高く、燃料自体が安いLPガスの存在感はかなり大きくなる。

 なにかと「プロ専用」の燃料と思われがちなLPガスだが、実は全国に約1500カ所あるLPガススタンドでは通常は誰でも燃料補給できる。しかもLPガススタンドを探す専用アプリもケイテックが開発済み。

 めんどくさそうに思われているLPガスボンベの定期点検も、6年に1回で1万円程度で点検を受けられるときた。LPガス、普通に乗れそうだ。

 水素自動車「MIRAI」を擁する弊社の社用車勢にも、LPガスがあってもいいかもしれません!?

エンジンルーム左に見えるのがLPガスのライン。ご覧のとおり後付け感なく、すんなり収まる
LPガスのメーターはこちらにインストール。使い勝手を邪魔する部分はなし

 LPガス車両について気になる方はこちらから!! ケイテックではもちろん法人のみならず個人でも購入可能です!!

最新号

ベストカー最新号

【今夏やってくる!?】ヤリスクロスオーバー&キックス最新情報|ベストカー4月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、新型ヤリスクロスオーバーのエクステリアデザイン最新情報と、新型キックス含めた日産SUV新車攻勢の最新情報をお届け。  そのほか、予算200万円から250万円までで買える軽自動車&コンパ…

カタログ