ホンダアコード新型発表!! セダン復権の救世主か!? それとも…!? 日本導入は2019年!

 2017年7月17日、ホンダは新型アコードを発表した。このアコードは2017年秋に北米市場で発売を予定。

 日本市場への投入はアナウンスされておらず、日本では当面、2013年に発表された従来型(CR型)のアコードハイブリッドとアコードプラグインハイブリッドを販売していく(ガソリン仕様は存在せず)。

 日本車のセダン市場は危機的な状況にある。そうした事情を紹介しつつ、新型アコードを紹介したい。

文:ベストカーWeb編集部


■日本市場にある「セダンの危機」

 日本国内では国産セダンが売れていない。そりゃもう「どうなの」というくらいの苦戦が続いている。

 車名別の販売台数ランキングを見ても(2017年1〜6月)かつて一世を風靡したカローラでも13位、クラウンが28位にいるだけで、そのほかにセダンらしき車名は見当たらない(11位のインプレッサ、29位のアクセラにもセダンがラインアップされているが、カローラにしても半数以上はフィールダー)。

 かつてのマークⅡ三兄弟やセド/グロ全盛期を知る読者諸兄であれば、この販売状況は「惨状」と言いたくなるのではないだろうか。

 そしてそれはメーカー側もわかっていて、だからこそトヨタのマークXは新型カムリとの統合・モデル廃止が計画されているし、ミドルクラス以上のセダン国内市場は輸入車(特にメルセデス、BMW、アウディ)が席巻しているといっても過言ではない状況が続いている。

 ざっくり言ってしまえば、かつて国産セダンを購入していたユーザー層の多くがミニバン、SUV、あるいは高級輸入車に流れていって、戻ってくる気配がない。

 そうした中で発表されたのが、ホンダの新型アコードだ。

アコード

 やや古いホンダファンであればその車名を聞いただけで胸の奥が少し暖かくなるようなアコードではあるものの、いまや販売のほとんどがアメリカと中国で占められている。

 従来型(9代目)アコードも、まず2012年9月に北米で発表発売され、日本導入は(北米仕様とボディ共用で)2013年6月だった。今回発表された10代目アコードも、2017年秋に北米市場で発売され、日本市場にはまだ導入されない。

 ここでとりあえずは今回発表された(あくまで北米仕様の)10代目アコードの仕様を見ていこう。

■日本に導入するさいはハイブリッド専用仕様になりそう

 新型アコード最大の特徴は、先代よりワイド&ローを強調したエクステリアデザインにある(先日発表された新型カムリもその点をアピールしていた。最近のアメリカの流行りなのだろうか)。

 短縮された全長や低めに抑えられたボンネットを採用して、スポーティさを前面に押し出している。

 パワートレインは1.5Lと2Lの直噴ターボエンジンを搭載したモデルに加え、ホンダの第3世代となるハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載した仕様が用意される。

 もちろん得意の先進安全技術パッケージ「Honda SENSING」も全グレード標準装備するとのこと。

 北米仕様はすべてオハイオ州メアリズビル工場で生産されるという。

 ではこの新型アコード、日本導入はあるのか? もちろんある。ただし早くとも北米市場発売の1年後(2018年秋)、遅れると2019年頃となるだろう。

 北米市場ではヒットしているアコードだから、デザインも仕様も北米中心になるのは当然の企業戦略だと思う。

 しかし「そういう車」を日本に持ってきても、日本のユーザーが満足するかといわれれば、なかなかに厳しいと言わざるをえない。

 さらに今回発表されたデザインを見るかぎり、「これ日本で売れると思う?」と聞かれると、正直なところ、うーん……どうなんだ……と言いたくなる。

 いや、実車を見ないでそんなことを言うのは不遜だ。すみません。ぜひとも導入して実車を見てみたい。

アコード 車内

最新号

ベストカー最新号

【22年次期タイプR 登場!?】注目2台のスポーツカー確定情報!!|ベストカー7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型シビックタイプRとスープラGRMNの最新情報をお届け。  そのほか、6月24日に発表された日産キックス、GRヤリス、タフトなど注目車種の情報から、ブルーバード伝説や、挑んだ日本車ランキングな…

カタログ