新型シビックへの5つの疑問を空気読まずに聞いてみました! 売れるの?


 2017年7月下旬に発表予定の新型シビック。一世を風靡した超名門ブランドとはいえ、いったん日本市場から撤退しているだけに、その仕上がりと販売状況は気になる人も多いだろう。

 はい、本企画担当も大変気になります。勝算はあるんでしょうか?

 「いいクルマ」に仕上がっているであろうことはわかるのですが、売れるかどうか、大丈夫なのか、一問一答、Q&A形式で明らかにしていきます!

文:ベストカー編集部 写真:池之平昌信
ベストカー2017年7月10日号


■Q/新型シビックは日本で「売れる」クルマなの?

 A/本田技研工業の、新型シビック国内営業の責任者、寺谷公良日本本部長に率直にその疑問を投げかけたところ「我々も爆発的大ヒットとなるとは思っていません。

 インプレッサやアクセラが直接的なライバルと考えています。その程度の台数は、頑張りたいと思っています」とのことだった。

 つまり月販平均2000~3000台を狙っているということだ。

シビック

■Q/まだ明らかにされていない「価格」は?

 A/これまた前出の寺谷日本本部長に聞くと「ライバル車と競争力のある価格設定にしないと、これはお話になりません……」ということで、250万~270万円前後ということになりそうだ。(タイプRは350万円前後か)

次ページは : ■Q/なぜ日本仕様は1.5Lターボだけ?(タイプR除く) 今後ハイブリッド仕様が追加される可能性は??

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ