新型シビックへの5つの疑問を空気読まずに聞いてみました! 売れるの?

 2017年7月下旬に発表予定の新型シビック。一世を風靡した超名門ブランドとはいえ、いったん日本市場から撤退しているだけに、その仕上がりと販売状況は気になる人も多いだろう。

 はい、本企画担当も大変気になります。勝算はあるんでしょうか?

 「いいクルマ」に仕上がっているであろうことはわかるのですが、売れるかどうか、大丈夫なのか、一問一答、Q&A形式で明らかにしていきます!

文:ベストカー編集部 写真:池之平昌信
ベストカー2017年7月10日号


■Q/新型シビックは日本で「売れる」クルマなの?

 A/本田技研工業の、新型シビック国内営業の責任者、寺谷公良日本本部長に率直にその疑問を投げかけたところ「我々も爆発的大ヒットとなるとは思っていません。

 インプレッサやアクセラが直接的なライバルと考えています。その程度の台数は、頑張りたいと思っています」とのことだった。

 つまり月販平均2000~3000台を狙っているということだ。

シビック

■Q/まだ明らかにされていない「価格」は?

 A/これまた前出の寺谷日本本部長に聞くと「ライバル車と競争力のある価格設定にしないと、これはお話になりません……」ということで、250万~270万円前後ということになりそうだ。(タイプRは350万円前後か)

■Q/なぜ日本仕様は1.5Lターボだけ?(タイプR除く) 今後ハイブリッド仕様が追加される可能性は??

 A/開発責任者の竹澤修氏は「当然そういう論議はありましたが、ハイブリッドの追加設定は考えていません」と断言。

 さらに付け加えてパワートレーン開発責任者の松持祐司主任研究員は「グローバルでは1L直3ターボやディーゼルなど6種類のエンジンが設定されています。

 欧州向けの1L直3ターボなどはキャッチーなパワートレーンとなりそうなのですが、今回の日本向けモデルのコンセプトは【スポーティに走れるクルマ】ということなので、その観点から1.5Lターボがベストと判断しました」と補足説明。

シビック

■Q/でもこの1.5Lターボ、ステップワゴンでは市場の評判がイマイチとの声もありますが……?

 A/「ミニバンのステップワゴンとは明確に異なるキャラクターを与えています。しっかりとパワーを出し切るチューニング。ホンダのエンジンがパワーで負けてはダメ、という意識で開発しました。

 今の時代、当たり前になっているのであえて説明はしていませんが、例えばナトリウム封入バルブを使ったり、ボア間に水を流す技術などを投入するなど、スポーツエンジンとしてしっかり作っています。

 セダン用はレギュラーガソリン対応ですが、よりパワフルにチューニングしているハッチバック用はハイオクガソリン対応としています」(松持主任研究員)

■Q/ヒップポイント20mmダウンというけれど、どのような開発の苦労があった?

 A/これについては松持氏が興味深いことを言っていた。「企画サイドからヒップポイント20mmダウンという話が来ましたが、最初はなんととんでもない話をしているんだ、と。

 フロントウィンドウ下端では40mm下がっていて、そのぶんエンジンフードも低くなっています。これはもう、エンジンを積むスペースがない、と。この1.5Lターボはロングストロークがキモです。この部分には【魂】があるので絶対に変えたくはない。

 ヘッド周りでカムの位置を工夫したり、ロッカーアームの取り回しを工夫したり、下側ではオイルパンをギリギリまで薄くするなどして、これ以上やるとドライサンプにしなければ……というところまでやりました。ステップワゴン用とはまったくのベツモノなんです」と。

☆    ☆    ☆

 以上、新型シビックの取材会にて、空気を読まずに聞きづらいことをズバズバ聞いた回答でした。

 既報のとおり、新型シビックは7月下旬発表、発売は9月頃から。セダン、ハッチバック、そしてタイプRの3タイプが用意されます。

 かつて「シビック」という車名に胸を熱くした年頃のひとりとしては、とりあえずまず! 見て!! 触って!! 乗って!! いろいろと判断したいところであります!!

シビックタイプR

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ