光岡の新車「ヒミコ 乱」この特別仕様限定車がいろいろすごくて楽しい!


 光岡自動車は、2017年9月1日、特別仕様車「Himiko 乱<RAN>」を発表した。限定数は4台で(4台!?)、価格は638万円。

 発表会に行き資料を読んでいると、なかなかすごい車なので、ここはひとつじっくり紹介してみたい。

文:大音安弘 写真:大音安弘、光岡自動車


■卑弥呼、織田信長、花吹雪とパワーワード連発

 まず光岡・Himiko(以下ヒミコ)について簡単に解説しよう。これは光岡自動車が2008年に発売を開始したオープンカーで、そのネーミングは、邪馬台国を治めていた女王、卑弥呼(卑弥呼!)に由来する。

 電動ハードトップを備えたNC型(3代目)ロードスターRHTをベースに、ホイールベースを大胆にも700mmのストレッチさせることで生み出したロングホイールベースとショートデッキのシャシーにクラシカルな専用エクステリアを与えている。

 パワートレインは、後期型RHTを使用するため、2Lの直列4気筒DOHCエンジンに6速ATの組みわせとなる。

 光岡自動車の販売モデルは全般的に豪華でクラシカルなイメージを押し出しているが、ヒミコはその中でも「女性向け」を意識しており、キャッチコピーは「宝石すら嫉妬する」。いやーこういうセンス、嫌いじゃないです。

 なお光岡「オロチ」は2014年4月に生産終了しており、それ以来このヒミコが光岡自動車のフラッグシップカーとなっている。

 新たな限定車「乱<RAN>」は、日本古来の「武の美」をテーマにデザインされたもの。ボディカラーは、日本の伝統色である漆黒(ブラック)と藍鼠(グレー)のふたつの専用色を用意。どちらもルーフパネルとボディサイドには、同じく日本の伝統色である朱殷(レッド)を組み合わせる。

 さらに塗装面に「花吹雪」と名付けた1%未満の金色のフレークを塗布する技巧を用いることで、まるで空に煌めく星々のごとく、重厚で奥深い複雑な立体感を表現したという。専用エンブレムが装着されるほか、足元には、甲冑の一部を連想させるマットグレーの専用18インチホイールを装着するなど差別化が図られている。

 これらの専用装備により(ノーマル仕様の502万2000円/本革パッケージは523万8000円に対して)この限定車は638万円。

■さまざまなところに「金」が

 インテリアには、かつて織田信長(織田信長!!)が愛用した「片身替」をイメージした、漆黒(ブラック)と朱殷(レッド)の半身ずつからなる「片身替」シートを採用し、異なる素材を組み合わせた華やかで斬新な印象のものとなっている。

 さらにダッシュボード漆黒(ブラック)と朱殷(レッド)の2色を取り入れた専用インパネデコレーションパネルの表面には、金沢の純金箔をちりばめているのも特徴。このほかにもドアハンドルやシフトノブ、パーキングブレーキレバーなどにも専用カラーと金箔泊を用いることで特別感を演出している。

次ページは : ■気になる人はぜひ日本橋三越(東京都中央区)へ!

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ