アルファード/ヴェルファイア12/25に新型へ


 トヨタの最上級ミニバン、アルファード/ヴェルファイアが2017年12月25日にマイナーチェンジを実施する。すでに各販売店には通達されており、一部のディーラーでは見積もりを出して予約を受けているところもある。

 以下、現時点で入ってきた情報をまとめてお届けしたい。

 なお先月までは「アルファード/ヴェルファイアもこのマイチェンを契機にV6エンジン仕様を廃止して2.5L直噴ターボ搭載仕様を用意」という情報をお伝えしておりましたが、間違いでした。慎んで訂正いたします。

文:遠藤徹


■デザイン変更、新型エンジン、安全装備強化

 現行型(3代目)のアルファード/ヴェルファイアは2015年1月にデビューしている。先代型は約6年半にわたって作り続けているため、デビュー後約3年となるこのタイミングでのマイナーチェンジは、スケジュールどおりといったところだろう。

こちらは新型ヴェルファイアのベストカー予想CG。現行型よりさらに派手になるとは……

 主な変更メニューは

◎内外装のデザイン変更

◎3.5L、V6に新開発エンジンを搭載

◎安全対策強化

 外観はフロントグリル、ランプ回り、バンパーのデザインを変更し、さらに見栄えをよく、派手になる。フォグランプはLEDに。リヤはコンビランプとバンパー形状変更。内装はダッシュボード、シート材質変更でクオリティアップ。

 3.5Lは従来の間接噴射から直噴方式に変更し、最高出力を20馬力アップしながら燃費を改良。トランスミッションは6速ATから8速ATにランクアップする。

 グレードはハイブリッドエグゼクティブにエアロバージョンを設定。

 進化型の安心パッケージ「トヨタセーフティセンスP」を全グレードに標準装備する。自動ブレーキを40km/hから50km/hで止まるように速度を引き上げ、人だけでなく、自転車も検知し危険を知らせる。そして高速レーンでの追随機能(自動運転アシスト)を追加。T-コネクトナビに安心のセキュリティサービスにつながる「DCM」パッケージを標準装備し、スマホやケータイを接続しなくても利用できるようになる。

 こうした進化型の「トヨタセーフティセンスP」は今回マイナーチェンジするアルファード&ヴェルファイアが初めてとなる。

 装備の充実やクオリティアップ、使い勝手の向上などによるコストアップによって、車両本体価格は10万~20万円、平均15万円アップする。

 今年11月中旬から下旬にかけて価格を決め、全国へ通達。正式に事前予約を開始する見込みである。

■大幅値引きを狙うなら、あえて現行型という手も

「もうすぐ新型が発売する」と言っても、まだ現行型(従来型)の在庫は残っていて、現場では販売が続いている。ではそうしたモデルはどうするか?

 従来モデルはエンジンごとに2.5L、3.5L、ハイブリッドで最終の生産枠を決めて組み立てを継続している。3.5Lは新開発エンジンに切り替わるため、11月初めにも在庫を売り切る見通し。次いでハイブリッドは11月中旬、2.5Lは下旬あたりに売り切り、在庫を一掃する予定である。

現行型ヴェルファイア

 この直前あたりに大幅値引きが発生する可能性が高いので、今からディーラーにあたりをつけておくことをお薦めしたい。

次ページは : ■証言1 首都圏トヨペット店(アルファード取扱店)

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ