新型アウディA4シリーズ登場!! 新デザインやMハイブリッドなどの魅力が豊富


選びやすいグレード構成に

 新A4では、グレード構成も一新。より分かり易いものとなった。セダンとアバント共に、装備を簡素化したエントリーグレード「ベース」、アウディらしい先進機能を強化した「アドバンスド」、スポーティな「Sライン」の3モデルで構成される。

 前輪駆動車の「35 TFSI」は、「ベース」、「アドバンスド」、「Sライン」の3タイプを設定。4WD車となる「45 TFSIクワトロ」は、「アドバンス」と「Sライン」の2タイプとなる。

 まさに、装備や駆動方式の選択が定まれば、グレードが限定される分かり易い構成だ。特にスポーティ仕様の「Sライン」がグレード化されたことで、スポーティ仕様のA4の姿が増えそうだ。

 一方、クロスオーバーワゴン「A4オールロード」と高性能モデル「S4」はモノグレードとなるが、装備内容はかなり充実している印象だ。

 またS4については、セダンとアバント共に、左ハンドル仕様が選択可能な点は、熱心な欧州車ファンから歓迎されるだろう。

ハイパフォーマンスモデル「S4」では、左ハンドルの選択も可能だ

【画像ギャラリー】フルモデルチェンジに匹敵!?激変したアウディA4

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

1年、 2年。時間が経てばクルマの評価も変わる!?  新モデルが登場した直後の試乗。自動車評論家のみなさんの評価はさまざまでしょうが、それから1年、あるいは2年経った今、再びそのクルマに向き合ってみると「違う印象」になり、評価が変わることも…

カタログ