アウディQ3&アウディQ3スポーツバックが新登場!! 着こなすライフスタイルSUVへ


 アウディSUVの中核的モデル「Q3」が8年ぶりに刷新。新たなエントリーモデル「Q2」の登場もあり、そのポジションの見直しも図られ、より上級に。そして遊び心も加えられた。

 最大のトピックは、Qシリーズ初のスポークバックモデルの投入だ。これによりQ3の守備範囲は、より拡大され、アウディSUVの中でも存在感を強めるだろう。新たなファン拡大にも繋がりそうな新アウディSUVは一体どんなクルマなのだろうか。

文:大音 安弘 / 写真:アウディジャパン

【画像ギャラリー】第2世代は選ぶ楽しさアップ!アウディQ3&Q3スポーツバッ


仲間が増えた第2世代のQ3

 アウディ ジャパンは、2020年7月7日、アウディSUVシリーズの中核的モデルであるプレミアムコンパクトSUV「Q3」のフルモデルチェンジを発表すると共に、新型プレミアムコンパクトクロスオーバーSUV「Q3スポーツバック」の投入を発表した。

 価格は、Q3が438万~543万円。Q3スポーツバックが452万~563万円。全車右ハンドル仕様となる。販売開始は、2020年8月19日からとアナウンスされている。

2代目に進化したQ3には、新たにクロスオーバーSUVである「スポーツバック」を追加

質感が高められた第2世代

 全面刷新が図られた新型Q3は、先代のカジュアルなイメージを払拭し、質感とSUVらしさを高めている。その象徴となるのが、新生代のSUVスタイルだ。

 アウディSUVのアイコンである「オクタゴン(八角形)のシングルフレームグリル」を取り入れた力強いマスクと、SUVらしい安定感のある筋肉質なボディライン。

 そしてアウディらしいスポーティさを加えることで、魅力的なコンパクトSUVに成長を遂げている。

 そのデザインから推測できるようにボディサイズは、ひとまわりほど拡大され、全長4490mm×全幅1840mm×全高1610mm(※Q3 35TFSIの値)に。

 特に全長は先代比+90mmも延長されている。しかし、同時にホイールベースもストレッチされており、+75mmの2680mmを確保。これがキャビンの快適性の向上に繋がっている。

アスリートのような力強さを感じさせるスタイリング。Q2のたん場も有り、従来型よりもポジションも上にシフトした

次ページは : 広く快適、そして未来的になったキャビン

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ