【ジムニーら注目の新車3台投入! 】2018年にスズキが大攻勢をかける!!

 この年末から2018年にかけて、スズキが新型車を連続投入します。しかも根強いファンが多い伝統の名車、売れ筋の超ハイトワゴン、大ヒット軽自動車のワイド版と、注目モデルが目白押しです!

 文:ベストカー編集部
ベストカー2017年12月10日号より


■新型ジムニー 2017年秋発売

 欧州ではテスト走行の様子が撮影されていたこともあり、今回の東京モーターショーでコンセプトモデルがお披露目されるかと思われた次期型ジムニー。残念ながら出展されなかったが、開発は順調に進んでいるという。

 その次期モデルのエクステリアデザインは、現行型よりも全体的にスクエアなフォルムへと変身。ベンツGクラスのようなクロカン4WDテイストがより強調される。

 中身のほうもこの外観のイメージどおりで、ジムニーらしく本格的なクロカン性能を追求。次期モデルもこれまでと同様にずば抜けた悪路走破性や山岳路での信頼性に優れるラダーフレーム、パートタイム式4WDが継承される。

 搭載されるエンジンは、現行モデルのK6型ターボから、

 ワゴンRなど最新スズキ軽モデルと同じR06型直噴ターボへと変わる見込みだ。

 そして、次期型ジムニー登場の数カ月後にはワイド版のジムニーシエラもフルモデルチェンジする。こちらのエンジンはスイフトなどと同じ1.2L直4が搭載され、よりパワフルな1L直3ターボも用意される可能性がある。

 気になるデビュー次期だが、スズキは新型車情報が出てきにくいので情報は少ないが、ジムニーが2018年秋、ジムニーシエラは2019年初旬と予想。

本誌ベストカーの予想CG。発売は2018年秋頃か
本誌ベストカーの予想CG。発売は2018年秋頃か

■スペーシアの新型は年末発表、年始発売

 軽のスーパーハイトワゴンであるスペーシアのコンセプトモデルとして東京モーターショーで初公開された「スペーシアコンセプト」「スペーシアカスタムコンセプト」。

 参考出品車ながら、プレスカンファレンスでスズキの鈴木俊宏社長が「もうすぐお客様へお目にかけられる」と発言したとおり、ほぼそのまま市販化されそうだ。

 その新型スペーシアの特徴が、前後ウィンドウの傾斜角を立て、全高も現行型から65㎜高くした、さらなる背高のスタイル。

 これによって室内空間が拡大して室内高は1410mmを確保。後席を前側に倒せば、26インチの一般的な自転車、いわゆるママチャリを楽に積むことができる。

 パワーユニットは、653cc直3エンジン、そのマイルドハイブリッド、ターボ+マイルドハイブリッドの3タイプ。デビュースケジュールは年末発表、来年1月発売か。

ほぼ市販型として東京モーターショーに出品されたスペーシア。カスタムも同時発売
ほぼ市販型として東京モーターショーに出品されたスペーシア。カスタムも同時発売

■ハスラーの乗用車版、クロスビー

 スズキの大ヒット軽、ハスラーの兄貴分となるコンパクトクラスのクロスオーバーワゴンが「クロスビー」も2018年登場車種。

 ソリオやイグニスなどと同じAセグメント用プラットフォームを採用し、内外装は軽のハスラーとは一線を画す質感の高さを追求。さらにコンパクトサイズながらホイールベースが同じイグニスよりも圧倒的に広い室内を実現している。

 パワーユニットは1L、3気筒ターボをベースにしたマイルドハイブリットで、4WDもラインアップ。デビューは、発表はスペーシアと同じく年末だが、発売は来年2月頃が予想される。

こちらも東洋モーターショーに出品されたワイド版ハスラー「クロスビー」
こちらも東洋モーターショーに出品されたワイド版ハスラー「クロスビー」

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ