BMW 4シリーズクーペが登場! 個性派・新キドニーグリルで攻める!!

 2020年6月のオンライン発表会で世界初公開されたBMW4シリーズのフルモデルチェンジモデルは、大胆なフロントマスクの刷新から、賛否を呼んだことは記憶に新しい。その日本仕様が上陸した。

 ワイドなキドニーグリルは新時代の幕開けを示すものなのか?新型4シリーズの日本仕様の内容を含めて、紹介しよう。

文:大音 安弘、写真:BMW

【画像ギャラリー】強烈なインパクトを持つ新生BMW4シリーズクーペのデザイン


クーペの特別感を高めた新型4シリーズ

 BMWは、2020年10月16日、第2世代となる新型4シリーズクーペを発表し、同日より販売を開始した。価格は、577万円~632万円となる。

 4シリーズは、3シリーズクーペを独立させたモデルで、2013年に初代を発売。その後、オープンカー「カブリオレ」や4ドアクーペ「グランクーペ」を追加し、バリエーションを拡大。独立後、今回が初のフルモデルチェンジとなる。そのトップバッターとなるのが、2ドアクーペだ。

 日本仕様は、スタンダードな「420iクーペ」、スポーツ仕様の「420i Mスポーツ」、Mパフォーマンスモデル「M440i xDrive」の3タイプを設定。

 全車8速ATで、基本的には右ハンドル仕様となるが、M440i xDriveのみ左ハンドル仕様も用意される。

初のフルモデルチェンジを迎えた4シリーズ。左がM440i xDrive、右が標準マスクの4シリーズクーペ(共に本国仕様)

 賛否を呼ぶ!大胆なキドニーグリル

 新型4シリーズの話題の中心となるのが、キドニーグリルを前面に押し出した新しいフロントマスクだろう。時代と共に変化してきたBMWのアイコンであるキドニーグリルだが、最新モデルでは、よりスクエア的かつワイドなデザインを好んで採用している。

 そこで、モデルラインの中でも、特別感が強調されるクーペだけに、4シリーズには、全く新しいグリルデザインが採用したようだ。

 しかし、これは何も新しいことではなく、初の完全オリジナル量産車「303」のフロントマスクには、大型のキドニーグリルを備えており、原点回帰とも受け取れる。

 ただインパクトが大きいのも確かで、その点は熱心なBMWファンの間でも賛否の声が聞かれる。とはいえ3シリーズの派生モデルである4シリーズの個性を高め、特別感を与えた点は大きいだろう。

好みがわかれる新キドニーグリルだが、強烈なインパクトがあるため、BMWの中でも存在感を一気に強めた

 よりクーペらしい流麗なスタイルへ

 好戦的なフロントマスクとは裏腹に、スタイリング自体は、フラッグシップクーペの8シリーズとの共通性を感じさせる、より流麗なものへと進化。

 ルーフの傾斜はなだらかとなり、サイドウィンドウも薄さが強調されている。ただリヤサイドガラスの幅が確保されていることから、後席空間もしっかりと確保されていることが伺える。

 新4シリーズが伸びやかなデザインと感じるのは、3シリーズとのボディサイズの違いも大きい。

 420iクーペと320iセダンを比較すると、全長で40mm、全幅で25mmもクーペの方が大きい。さらにリヤトレッドをワイド化することで後輪駆動車らしい走りの力強さも印象付けている。

 リヤテールランプは、8シリーズなどの新生代クーペと共通の薄型デザインのものを備え、ワイド&ローのスタイリングを強調する。

 またトランクリッドがコンパクトとなったことで、独立したトランクを備えながらも、ファストバック風にも映る。この美しさを邪魔しないように、M440i xDriveのスポイラーは、リップタイプが標準だ。

流麗なルーフデザインを受け止めるトランクリッドはコンパクトなデザインに。

デジタルながらエレガントなキャビン

 コクピットは、BMW最新デジタル機能を備えたもので、デジタルメーターと10.25インチのタッチスクリーンを組み合わせた「BMWライブ・コクピット」を全車に標準化。先進の安全運転支援機能を含め、充実の装備を誇る。

 BMWのスポーティな走りが存分に楽しめるように、新開発のスポーツシートも採用。420iクーペのみファブリック仕様となるが、その他はヴァーネスカレザー仕様となる。

 新機能としてi Phoneを活用したデジタルキー機能も全車に標準化。これはi Phoneだけで、ドアの施錠・開錠に加え、エンジン始動まで行えるため、事実上、既存のキーの持ち運びが不要となるのがポイントだ。

デジタル機能満載だが、温かみのある質感にも拘ったインテリア

パワートレインは2タイプ

 パワートレインは、ガソリンエンジンの2種類を設定。420iシリーズは、2.0L直列4気筒DOHCターボを搭載し、最高出力184ps、最大トルク300Nmを発揮する。

 エントリーながら、バランスの良いエンジンとの組み合わせで後輪駆動らしい走りを満喫できるのが魅力だ。

 MパフォーマンスモデルとなるM440i xDriveは、3.0L6気筒DOHCターボエンジンを搭載し、最高出力387ps、500Nmと戦闘力を大幅に向上。そのパワーを活かすべく、4WDシステムが標準となる。

 またMチューンというべき、MアダクティブサスペンションやMディファレンシャルなど走りを強化するアイテムも追加。エクステリアもMスポーツとも差別化し、特別感を纏う。

 トランスミッションは、全車8速ATを標準化するが、420i MスポーツとM440i xDriveには、仕様が異なるスポーツATとしている。

387ps、500Nmを発揮するM440i xDriveの走りにも期待が膨らむ

4シリーズの今後は……

 2020年11月以降の納車開始となる新型4シリーズだが、すでに海外では、「カブリオレ」や最上級のスポーツモデル「M4」も披露されている。2021年中の導入は確実と見られ、M4に関しては世界市場には、2021年3月からと公表している。

 ただ異例なのは、M4の新型モデルの日本導入発表前に限定車「BMW M4 Competition x KITH」の日本導入が発表されたことだ。

 これはアパレルブランド「KITH」とのコラボレーションモデルで全世界150台限定となるもの。KITH専用外装色やアルミホイール、専用カラーのシートなどを装備している。

 日本での価格は1680万円を予定。日本でも2020年10月24日よりオンラインでの予約を受け付けている。

 こちらは本国発表での納車開始は2021年の夏以降としており、日本にも2021年中の上陸となるはずだ。

一足早く導入が発表されたM4限定車「BMW M4 Competition x KITH」

 新デザインマスクを採用した新4シリーズだが、このマスクが他モデルに展開されるかは、現時点では不明。

ただ定期的なキドニーグリルを中心としたデザイン改革を行っているBMWだけに、未来のBMWデザインを想像させる重要なファクターとはなりそうだ。

【画像ギャラリー】強烈なインパクトを持つ新生BMW4シリーズクーペのデザイン