BMW 4シリーズクーペが登場! 個性派・新キドニーグリルで攻める!!


 2020年6月のオンライン発表会で世界初公開されたBMW4シリーズのフルモデルチェンジモデルは、大胆なフロントマスクの刷新から、賛否を呼んだことは記憶に新しい。その日本仕様が上陸した。

 ワイドなキドニーグリルは新時代の幕開けを示すものなのか?新型4シリーズの日本仕様の内容を含めて、紹介しよう。

文:大音 安弘、写真:BMW

【画像ギャラリー】強烈なインパクトを持つ新生BMW4シリーズクーペのデザイン


クーペの特別感を高めた新型4シリーズ

 BMWは、2020年10月16日、第2世代となる新型4シリーズクーペを発表し、同日より販売を開始した。価格は、577万円~632万円となる。

 4シリーズは、3シリーズクーペを独立させたモデルで、2013年に初代を発売。その後、オープンカー「カブリオレ」や4ドアクーペ「グランクーペ」を追加し、バリエーションを拡大。独立後、今回が初のフルモデルチェンジとなる。そのトップバッターとなるのが、2ドアクーペだ。

 日本仕様は、スタンダードな「420iクーペ」、スポーツ仕様の「420i Mスポーツ」、Mパフォーマンスモデル「M440i xDrive」の3タイプを設定。

 全車8速ATで、基本的には右ハンドル仕様となるが、M440i xDriveのみ左ハンドル仕様も用意される。

初のフルモデルチェンジを迎えた4シリーズ。左がM440i xDrive、右が標準マスクの4シリーズクーペ(共に本国仕様)

 賛否を呼ぶ!大胆なキドニーグリル

 新型4シリーズの話題の中心となるのが、キドニーグリルを前面に押し出した新しいフロントマスクだろう。時代と共に変化してきたBMWのアイコンであるキドニーグリルだが、最新モデルでは、よりスクエア的かつワイドなデザインを好んで採用している。

 そこで、モデルラインの中でも、特別感が強調されるクーペだけに、4シリーズには、全く新しいグリルデザインが採用したようだ。

 しかし、これは何も新しいことではなく、初の完全オリジナル量産車「303」のフロントマスクには、大型のキドニーグリルを備えており、原点回帰とも受け取れる。

 ただインパクトが大きいのも確かで、その点は熱心なBMWファンの間でも賛否の声が聞かれる。とはいえ3シリーズの派生モデルである4シリーズの個性を高め、特別感を与えた点は大きいだろう。

好みがわかれる新キドニーグリルだが、強烈なインパクトがあるため、BMWの中でも存在感を一気に強めた

次ページは :  よりクーペらしい流麗なスタイルへ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ