BMW史上最大最強のデカ鼻!! 新型M3&M4は性能もすごいが顔もすごい

 2020年9月23日、BMWはスポーツモデル、新型M3セダンとM4クーペを発表した。

 公開された写真を見て仰天したのはキドニーグリルの大きさ。2020年6月に4シリーズクーペが発表された時にも相当ショックを受けたのだが、今回はそれを上回るデカ鼻キドニーグリルの登場だ。

 さて、新型M3セダン、M4クーペはどんなモデルなのか? デカ鼻グリルととともにその概要を解説していこう。


文/清水草一
写真/BMW Adobe Stock

【画像ギャラリー】過激さは歴代最強! 新型M3セダン M4クーペを写真でチェック!


史上最大(!?)のデカ鼻キドニーグリルに仰天!

2020年9月23日に発表された新型M3セダン(左)とM4クーペ

 本企画担当者から一報が入った。「清水さん、新型M3セダンとM4クーペの写真を見ましたか? 6月に発表された4シリーズクーペよりもさらにグリルがデカいですよ。どこまで大きくなるんでしょうね」。

 新型4シリーズクーペといえば、キドニーグリルの上下幅を一気に従来の2倍ほどまで巨大化したことで話題をさらったが、新型M3セダンとM4クーペはさらにデカいという。

 急いで画像を見ると、確かに若干大きい気もするが、グリル内が横桟になったことで、一瞬そう見えるだけ……にも思える。

 じっくり観察すると、グリル内に取り付けられたナンバープレートからはみ出した部分の幅は、少しだけ新型M3セダン&M4クーペのほうが広い。

新型M4クーペのグリル。欧州仕様のナンバープレートでも邪魔な感じがするが、日本のナンバープレートをつけるとさらに……
2020年6月に発表された新型4シリーズクーペ

 ただ、4シリーズクーペに比べ、新型M3セダン&M4クーペのグリルは上下がすぼまった樽型なので、グリルの面積自体はほぼ同じではないだろうか。

 さらに細部に目をやると、4と新型M3セダン&M4クーペとはヘッドライト形状はほぼ同じだが、バンパー下部ははっきり異なる。

 加えて新型M3セダン&M4クーペのボンネットフードには、キドニーグリルから伸びるパワーバルジ的なラインが明確。

グリル上のパワーバルジの造形も凄い!

 フード上にエアアウトレットも設けられ、断然スポーティに仕上がっている。全体としては、新型M3セダン&M4クーペは、よりエアの吸い込み感が高く、パワフルかつ戦闘的な顔付きだ。

 この新型M3セダン&M4クーペと、それぞれに超スポーツバージョンのM3コンペティション・セダン、M4コンペティション・クーぺも用意される。

 4つのモデルともに、2021年3月からドイツ本国で発売される。おそらく日本へは2021年秋頃になると予想。

3L、直6ツインターボユニットは480hp、コンペティションは510hp!

新型M3セダン。ボディサイズは全長4794×全幅1903×全高1433mm
新型M4クーペ・コンペティション。ボディサイズは全長4794×全幅1887×全高1393mm
新型M3セダンのコクピット
M4クーペ・コンペティションのコクピット
M3、M4コンペティションは専用のスポーツシートを装備する

 さて搭載される注目のパワーユニットは、先代モデル同様の3L、直6ツインターボながら、パワーは大幅にアップ。

 ノーマルのM3セダン&M4クーペでは最高出力480hp(先代は431hp)、M3コンペティション・セダン&M4クーペ・コンペティションは最高出力510hp(先代は450hp)になる。

 トランスミッションは、ノーマルのM3セダン&M4クーペがクラス唯一の6速MTである点に注目が集まる。次期フェアレディZもそうだが、スポーツモデルのMT回帰は本物かもしれない。

 一方、「M3セダン&M4クーペ・コンペティション」はMステップトロニック8速ATとなっている。純粋な速さを追求すればATにならざるを得ないということだろう。

 駆動方式は後輪駆動が基本だが、「M3セダン&M4クーペ・コンペティションモデル」には、AWDの「M xDrive」も2021年夏(本国)に追加されるという。

 6速MTの復活で、M3セダン&M4クーペに対するカーマニアの熱量は間違いなく上がりそうだが、そこに立ちはだかるのが、例の「縦長デカグリル」だ。

 4シリーズクーペの段階で、多くのクルマ好きからは「何コレ?」「正気か……」などのネガティブな反応が噴出していたが、今回は4ドアセダンボディのM3にも、縦長デカグリルが採用されている。

 個人的には、このグリルについて、一瞬「ゲッ!」と思ったが、その迫力にすぐに引き込まれた。

 キドニーグリルはもともと、腎臓(キドニー)に似た縦長楕円が2個組み合わされた形状からスタートしている。最もなじみの深い3シリーズを見ても、初代は完全な縦長。そこから徐々に横長に変化している。

 キドニーグリルはもともと縦長だったので、現行Z4や8シリーズのような横長の巨大グリルに比べると、縦長巨大グリルのほうがむしろ違和感は小さく、上品に感じるのは私だけだろうか?

Z4ロードスター
8シリーズグランクーペ

 4シリーズクーペに比べると、M3セダンとM4クーペはより引き締まって見える形状に微妙に変更されているため、「エアをどんどん吸い込んでどんどんパワーを出す!」というメッセージ性がさらに強烈。全体のフォルムにも、マッチしているように思える。

 ただ、公開された写真には、欧州型の横長ナンバープレートが付いている。ナンバープレートがバンパーのようにグリルを二分しているので、それで違和感が少なく見える面はありそうだ。

 ここに日本やアメリカのナンパープレートが付くと、ちょっとマヌケに見えるかもしれないが、それもすぐ慣れるのではないだろうか。

なぜデカ鼻グリルを採用したのか?

 この巨大グリルについてBMWは「ハイパワーエンジンへのエアフロー導入に貢献している」と述べているが、それは建前で、主たる狙いは見た目のインパクトだ。

 ボディ前面にこんな巨大な穴があったら、空力的に非常に不利になってしまう。詳細は不明ながら、グリルシャッターなどでエア導入量をコントロールするのは間違いない。

 近年BMWは、キドニーグリルを次々に巨大化させている。法則としては、新しくて上級モデルほど巨大で、代表は7シリーズとX7。スポーツモデル(Z4や8シリーズなど)は横長で、ラグジュアリー寄りはタテヨコ比ほぼ同じというのが基本だ。

7シリーズのグリルも巨大だ
X7のグリルは縦型に近い

 キドニーグリル巨大化に対しては、刹那的な刺激の巨大化であって機能の裏付けはなく、いずれ行き詰まるという意見もあろう。

 が、裏を返せば、単なる刺激の巨大化は効果もダイレクトで、大きくした分だけ確実にインパクトは高まる。アウディのシングルフレームグリルはそれで成功し、レクサスなど多くのフォロワーを生んだ。

 今になってBMWがそれに追従することはないだろう、という思いもあるが、象徴的パーツの単なる巨大化は、デザイン手法としては超シンプルなだけに、目が慣れやすい。

 いつまでもパーツの巨大化を続けることはできないが、いずれ一気に小さくして逆方向の刺激を与える手もある。

 個人的には、新型M3セダンとM4クーペで気になるのは、むしろリアデザインの煩雑さだ。リア左右の下部にえぐられたエアアウトレット状のエラがどうにも余計に感じる。

新型M4クーペ・コンぺティション
新型M3セダン

 M8も同様のエラを持つが、内部には反射板があるだけでエアが抜ける構造にはなっていないので、ムダな存在に見えてしかたがない。M3セダンもM4クーペも、全体としてはデザインの完成度はそれほど高くないと思う。

 しかしBMWには、デザイン上の齟齬を軽く乗り越えてしまうブランド力がある。

 かつて世界中からブーイングを浴びたクリス・バングル氏率いるBMW社内デザインチームがてがけた7シリーズや5シリーズも、現在では新しいデザイン手法を切り開いたと評価され、当時の違和感は忘れ去られている。

 BMWのデカグリルは必ず慣れるし、逆に麻薬的な力を徐々に発揮していくだろう。

2001年に登場した4代目7シリーズ。クリス・バングル氏率いるBMW社内デザインチームによるもの
2003年登場の5代目5シリーズもクリス・バングル氏率いるBMW社内デザインチームが手がけたもので、鷹の目のようなヘッドライトが話題になった

■新型BMW M3セダン主要諸元
●全長×全幅×全高:4794×1903×1433mm
●ホイールベース:2857mm
●車両重量:1705kg(1730kg)
●エンジン:2993㏄、直6ツインターボ
●最高出力:480hp/6250rpm(510hp/6250rpm)
●最大トルク:550Nm/2650~6130rpm(650Nm/2750~5500rpm)
●タイヤサイズ:フロント275/40ZR18、リア285/35ZR19
●0→100km/h加速:4.2秒(3.9秒)
※カッコ内はコンペティション

特に深い意味はないが、こちらの写真はセイウチ(写真:Adobe Stock)

【画像ギャラリー】過激さは歴代最強! 新型M3セダン M4クーペを写真でチェック!