新型BMW M3ツーリングは史上最強ワゴンか? 20年の時を経て快速ワゴン誕生!?


 スバル レヴォーグ登場目前の今、日本でもツーリングワゴンへの関心が高まっている。そんな最中にドイツからホットなニュースが飛び込んできた。

 なんとBMWが、 3シリーズのスペシャルモデル「M3」に、史上初となるツーリングワゴン仕様を設定すべく、開発に取り組んでいることを明かしたのだ。

 史上最強のツーリングワゴンとなることが予測させる「M3ツーリング」はどんなクルマに仕上げられるのか、待ち受けるライバルとは? 最新情報をお届けしよう。

文:大音安弘、写真:BMW、アウディ、メルセデスベンツ

【画像ギャラリー】2016年に発売したBMW M3 特別限定車 30 Jahre M3をみる


度肝を抜くツーリングワゴンの誕生か!?

 2020年8月12日、BMWは、1枚の写真を添えたリリースを発表。それは史上初となるM3のツーリングワゴン仕様「M3ツーリング」市販化の予告(=メイン画像)であった。

こちらは現行型3シリーズツーリング。同車をベースとしたM3ツーリングが史上初設定される見込みだ

 リリースによれば、BMWのハイパフォーマンスモデルの開発を手掛けるBMW M社が、M3ツーリングのプロトタイプでのテスト走行を開始し、既に公道でのテストも実施していることを明かしたのだ。

 最新世代となる3シリーズは、2020年9月、新型M3セダンの世界初公開を予定しており、派生モデルとして、クーペ仕様の「M4」を同時公開。

 さらに2021年には、オープンモデルの「M4コンバーチブル」も新型へとアップデートすることを予告済みだ。その前祝いともいうべきタイミングで、史上初の「M3ツーリング」の存在を明かしたのである。

 現時点で明かされているのは、リアビューの一部を写した写真に加え、限定的な情報のみ。ただ、エンジンは、6気筒Mツインパワーターボを搭載し、日常からサーキットまで楽しめる究極のエステートカーになることを予告している。

 そこで投入目前のM3セダンの事前情報をベースに、究極のツーリングワゴンの性能を予測してみた。

BMW M3 特別限定車 30 Jahre M3に搭載された3.0L直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジン

 新型のM3に搭載されるエンジンは、M社による新開発の直列6気筒ターボユニットだ。排気量は不明だが、おそらく従来型同様の3.0Lと見られる。

 出力は2タイプあり、最高出力480hp仕様の6速MT仕様と、コンペティション向けの最高出力510hp仕様の8速Mステップトロニック(DCT)が用意される。最大トルクは共に650Nmを発揮する。

 また、伝統のFR(後輪駆動)に加え、今後、4WD「M xDrive」も投入予定だという。ちなみに、エンジン性能は、標準仕様で49hp、コンペティションで60hpも向上。最大トルクも100Nmも高められている。

 妥協なき、M社の姿勢と、待望のツーリングということもあり、エンジンとトランスミッションの仕様は、そのまま受け継がれると見られる。ただ、ワゴンという特性もあり、駆動システムは、4WDのみとなる可能性もある。

BMW M3 特別限定車 30 Jahre M3(2016年)

 エクステリアの特徴は、M3セダン譲りとなり、大型化されたフロントグリルとMモデルの特徴でもある中央にオフセットされた4本出しのエキゾーストパイプが採用される。

 もちろん、トレッドもワイド化され、ブリスターフェンダー仕様となることは、ティザー写真からも明らかだ。

実は過去に実在!! 幻のM3ツーリングとは?

BMW M5ツーリング(2007年)

 実は、BMW Mのツーリングワゴンは、今回が初でない。5シリーズツーリングをベースとした「M5ツーリング」が、1992年投入の第3世代ベースと2007年投入の第5世代ベースの2世代のみに投入されていた。

 しかし、日本ではセダンボディのみが正規導入されてため、あまり広くは知られていない。

 ただ3シリーズにも、「Mツーリング」が検討されたことがあった。それが2000年に発表された第4世代の3シリーズをベースとした「M3ツーリング」だ。

BMW M3 ツーリング コンセプトはジャーナリスト向けの試乗会も実施されたが、市販化とはいかず、お蔵入りした

 当時、走行可能な試作車まで制作され、ジャーナリスト向けの試乗会も実施されたというから、かなりの完成度だったのだろう。

 また、量産化の検討まで行われ、既存のラインで3シリーズツーリングとともに、混流生産の検証まで行われたが、結果的にはお蔵入りに。幻のM3ツーリングとなってしまったが、その20年越しの夢が実現へと動き出しているのだ。

次ページは : AMGやアウディには500ps級の快速ワゴンが存在

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ