BMW伝統のブランド「ti」16年ぶり復活!! 欧州FFスポーツの頂点を狙え!


 BMWは2020年10月7日、BMW128tiを本国で発表した。「ti」といえば、かつて3シリーズに設定されていたコンパクトハッチバック。その「ti」が実に16年ぶりに復活したのだ。

 しかし、かつての「ti」のようなコンパクトなハッチバックではなく、往年のスポーツモデルとBMWコンパクトの両方の歴史を受け継ぐ正統派として復活した。

 「ti」シリーズ最初のモデルとなる128tiには265hpを発生する2L、直4ターボが搭載されている。まさにFFスポーツ最強といわれる、VWゴルフGTI(245hp/2L、直4ターボ)を打倒するべく投入された、ゴルフGTIイーターなのだ。

 さて、発表された新型128tiはどんなモデルなのか? ゴルフGTIと比較しながらその中身に迫ってみたい。


文/大音安弘
写真/BMW VW

【画像ギャラリー】はたしてどちらがFF最強か? 新型BMW128tiとVWゴルフGTIを写真でチェック!


FF最強のスポーツハッチとして復活!

アグレッシブな顔つきの128ti。ハイグロスブラック仕上げのキドニーグリルやブラック化したミラーキャップ、前後バンパーのサイドスリットとサイドシルスポイラーに赤を配することで、スポーティさを強調をしている
サイドシルスポイラーに貼られたtiの赤いレタリングが映える。225/40R18タイヤ+8J×18のMライトアロイホイールを装着。車高は10mmローダウン化され、専用チューニングのMスポーツサスペンションと機械式トルセンリミテッドスリップデフを標準装備

 BMWは、2020年10月7日、新型モデル「128ti」の詳細を発表した。同車は、2020年9月16日に、ニュルブルクリンク・ノルドシェラフにて最終テストを実施していることを公表し、その存在が明かされたばかり。

 「ti」といえば、BMWファンにとって、馴染みあるモデル名の復活となるが、同時にBMWにとって新境地を切り開く一台であることを忘れてはならない。

 なにしろ、「グリーンヘル」の異名をとる世界一過酷なサーキットで仕上げていることを強調しているのだから。

 まずは「ti」の歴史を振り返ろう。時は1963年まで遡る。BMW1800TIは、BMW1800の高性能モデルとして世に送り出される。

 その名は「Turismo Internazionale(国際ツーリングカーレース)」の頭文字を与えたものであり、高性能GTであるとともに、モータースポーツ車両として高い素質を備えていることを意味していた。

 最大の特徴は、デュアルキャブレターを2基与えることで高出力化を図ったこと。当時の標準的なセダンは、45hpから60hp程度だったのに対して、約2倍となる110hpを発揮しており、スポーツカーをライバルとした。

 その後、ツインキャブレターの「TI」は、日本でも有名なマルニこと「2002」まで受け継がれ、高い人気を誇った。

1966年から1977年にかけて生産された小型2ドアセダン、02シリーズに設定された2002ti

 さらに時は流れ、1994年、3シリーズのプレミアムコンパクトハッチバックとして「ti」の名が復活。

 3シリーズのトランクを切り落とし、ショートボディ化を図ったようなユニークなスタイリングが与えられていた。

1994年3月に登場した3シリーズtiコンパクト

 初代3シリーズtiは、E36型のデザインを纏っていたが、一世代前のE30型3シリーズベースに開発されたものであった。

 しかし、次期型となるE46型では、3シリーズとプラットフォームが共有化。ただフロントマスクも個性的な専用デザインとし、差別化が図られた。

2001年1月に登場した3シリーズtiコンパクト。他のE46型3シリーズとシャシー、サスペンションを共用化していた

FFスポーツモデルの頂点へ

ハイグロスブラック仕上げのキドニーグリルが特徴
バランスのとれたプロポーション。FF最強スポーツとしてどのように発展していくのかも楽しみだ
ブラックとレッドのアクセントがtiの特徴

 その後、3シリーズのコンパクトハッチ「ti」は、2004年に、1シリーズへと発展。独自路線を歩むことになる。つまり、新生「ti」は往年のスポーツモデルとBMWコンパクトの両方の歴史を受け継ぐ正統派として復活を果たそうとしているのだ。

 BMWは、新しい「ti」を「単なる新しい1シリーズのバリエーションではない」と明言する。そのポジションは、1シリーズの最上位モデル「BMW M135i xDrive」の次ぐものだというから、そのスポーツ度の本気が伺える。

 エクステリアデザインは、Mエアロを纏う「M135i xDrive」と似たMスタイリングのものだが、各部に専用のフィッシュが加えられている。

 キドニーグリルはハイグロスブラック仕上げとなり、ミラーキャップもブラック化。前後バンパーのサイドスリットとサイドシルスポイラーに赤を配することで、スポーティさを強調。

 さらにサイドシルスポイラーには、赤い「ti」レタリングが躍る。かなり軽快かつ若々しい装いだ。

 ただし、ボディ色にメルボルンレッドかミサイノブルーを選んだ場合は、アクセントパーツとバッチカラーは、ブラックに置き換えられるという。

次ページは : レッドステッチが入るスポーティなインテリア