え?? マツダがSUV一気改良!? CX-5&CX-8はディーゼル車がシレっとパワーアップ!!


 1年ごとに進化する? マツダならではの年次改良で、ひっそりディーゼルエンジンもパワーアップ!

 マツダはスバルとも共通する少数精鋭のモデルラインナップで、ほぼ全モデルを年に1回は改良するメーカーである。それだけに特に年末は改良の動きが多い。

 そうしたなかで12月3日、ミドルSUVのCX-5と3列シート大型SUVのCX-8が商品改良され、実はディーゼルエンジンのSKYACTIV-Dにもメスが入れられている。

 本稿では、SKYACTIV-Dを筆頭に、主な改良ポイントを見ていきたい。

文/永田恵一、写真/MAZDA

【画像ギャラリー】本文未掲載のマツダCX-5とCX-8の改良版全写真を見る!


CX-5はディーゼル+装備&グレード強化!

●2.2Lディーゼルターボのパワーアップ

 常用域から高回転域まで全域での力強さと低燃費、そのうえ静かという三拍子そろった2.2Lディーゼルターボエンジンは、2代目の現行CX-5登場翌年の2018年に175馬力から190馬力へと改良された。

SKYACTIV-D搭載車、CX-5 Exclusive Mode(価格:380万円(2WD・AT)~/403万(4WD・AT)~)

 今回の商品改良では2000回転で発生する45.9kgmという最大トルクはそのままながら、最高出力は190馬力/4500回転から200馬力/4000回転に10馬力パワーアップされた。

 特に自動車専用道路本線への合流や追い越し加速といったアクセルを深く踏み、高回転域まで引っ張る際のパワフルさにより磨きが掛かっているに違いない。

 また、2.2Lディーゼルターボ搭載車はアクセルペダルの操作力の最適化により、より操作に対し正確にクルマがレスポンスするよう改良されている。

 合わせて6速ATもレスポンスが向上(2.5Lガソリンターボを除く)。アクセルを深く踏んだ際の変速がより素早くなっており、瞬発力を向上する改良が施された。

●センターディスプレイのサイズ拡大

センターディスプレイが拡大し、視認性を向上した。さらにSOSコール等のマツダコネクテッドサービスが導入された(サービス料は初度登録から3年間は無料)

 センターディスプレイを今までの8インチから、上級グレードまででは8.8インチ、最上級グレードクラスでは10.25インチに拡大し、視認性を向上。

 なおセンターディスプレイが8.8インチとなる主力グレードではメーカーオプションで10.25インチも選択可能だ。

●マツダコネクテッドサービスの導入

 エアバッグが展開する、後突時といった大きな事故の際の自動通報、SOSコール、車両トラブル時のオペレーター対応に代表されるサービスを受けられる。サービス料は初度登録から3年間は無料だ。

●グレードの追加

 パールホワイトのボディに、レッドのナッパレザーシートなどの内外装を持つマツダ100周年特別記念車の2.5Lガソリン車「プロアクティブ」をベースに、ブラックのドアミラーやホイール、レッドステッチとなるグランリュクスと合皮のシートでスポーティさを増した特別仕様車「ブラックトーンエディション」が加わった。

CX-8はエクステリアも改良

●エクステリア

 「Lパッケージ」、「エクスクルーシブモード」という上位グレードのグリルを水平基調から、エレガントな質感を表現するブロックメッシュと呼ばれるものに変更。

 また、「エクスクルーシブモード」では19インチアルミホイールのデザイン変更、フロントバンパー下部のガーニッシュ追加なども行われている。

SKYACTIV-G搭載車、CX-8 Exclusive Mode(価格:476万円(2WD)~/499万(4WD)~)

●パワートレーン関係

 2.2Lディーゼルターボエンジンの性能向上、アクセル操作に対するレスポンスの正確性向上、2.5Lガソリンターボエンジンを除く6速ATのレスポンス向上と、CX-5と同様だ。

●ハンズフリー機能付パワーリフトゲートをほとんどのグレードに設(メーカーOP設定含む)
●ワイヤレス充電をメーカーオプションも含め、ほとんどのグレードに設定。

●センターディスプレイのサイズ拡大

 CX-5同様にセンターディスプレイを今までの8インチから、上級グレードまででは8.8インチ、最上級グレードクラスでは10.25インチに拡大し、視認性を向上。センターディスプレイが8.8インチとなる主力グレードではメーカーオプションで10.25インチも選択可能だ。

●CX-5と同様のコネクテッドサービスの導入

●シート関係

最上級グレード「エクスクルーシブモード」に6人乗り仕様に加えて、7人乗り仕様が追加された

 今まで2列目シートが独立したキャプテンシート(6人乗り)のみだった最上級グレード「エクスクルーシブモード」に、2列目が3人掛けベンチシートとなる7人乗り仕様を追加。なお価格は6人乗り仕様に対し16万5000円安い。

●グレードの追加

 「プロアクティブ」がベースとなる点も含めCX-5とほぼ同じ内容の特別仕様車「ブラックトーンエディション」が加わった。

◆  ◆  ◆

 今回のCX-5とCX-8の商品改良の内容は、2.2Lディーゼルターボの性能向上がハイライトとなる、「やや大きめのもの」といった印象で、「市販車に盛り込める改良は素早く水平展開する」という点は好感が持てる。

 苦戦を強いられているマツダではあるが、美点であるマメな商品改良を継続し、クルマを磨き続けることが苦戦から脱することにつながるに違いない。

【画像ギャラリー】本文未掲載のマツダCX-5とCX-8の改良版をみる