最新のアルファードは最高のアルファードなのか!?

 いま一番「顔」が派手な国産車は何か、といえばアルファード/ヴェルファイアだと答える人が7割を超えるのではないだろうか。

 数字に根拠はまったくないが、ともかく顔が派手だ。「派手」とオブラートに包んで表現してみたが、本音を言えばドギツい。ここだけの話、マジンガーZとか『北斗の拳』に出てくるジャギみたいだと思っている。

 しかしそれでも売れている。なぜかと考えてみたが、乗ってると本人にフロントマスクは見えないしな、と思い至った。

 ビビるのは他人なのだ。「それでいいのか?」とも思うがしかし、むしろ「それがいい」と思っている人も多いようだ。

 そんなわけで、新型アルファード/ヴェルファイアである。2017年12月25日にマイナーチェンジを発表し、2018年1月8日に発売され、さらに「顔」が派手になった新型アルファード/ヴェルファイアを、じっくり紹介したい。

文:ベストカー編集部 写真:茂呂幸正


■クルマの進化を霞ませる「顔」

 2015年1月にデビューしたアルファード/ヴェルファイアは「ミニバンの皇帝」の名にふさわしい存在感を発揮し、日本を代表する高級車に成長。今やベンツ、BMW以上に憧れを抱かせるクルマになったといえる。

 そんなアル/ヴェルが初めてのマイナーチェンジを敢行。もう「参りました」というしかないほど猛烈なギラギラ顔で登場した。

こちら、さらに派手になったアルファード
こちら、さらに派手になったアルファード

 V6、3.5Lエンジンが301psの新しい直噴ユニットに変更されたのもニュースだし、第2世代に進化したトヨタセーフティセンスを初めて搭載したのも大きなニュースだが、そんなトピックが霞んでしまうのがこの新しいフロントマスク。

 従来型は「フォーマルなアルファード」に「華やかなヴェルファイア」というキャラクターだったが、新型は競い合うようにどちらも超ド派手路線。わずかに残っていた照れや逡巡のようなものがなくなり、完全に吹っ切れたようである。

こちらはヴェルファイア。まさに「マスク」というイメージ
こちらはヴェルファイア。まさに「マスク」というイメージ

 具体的にはヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リアコンビランプを一新。インテリアではメーター加飾、シート表皮、木目の色を変更し、高級感を向上させている。

 また、フロントバンパー両サイドの形状を変更したエアロ仕様を両車に設定。このエアロ仕様の最上級グレードとしてエグゼクティブラウンジS(アルファード)とZ(ヴェルファイア)を新たに加えている。

 301ps/36.8kgmを発生する直噴V6、3.5Lエンジンには新開発のダイレクトシフト8ATが組み合わされる。世界トップレベルの伝達効率を持つATで、その名のとおりダイレクトなフィーリングを味わわせてくれる。

 直4、2.5Lガソリンと2.5Lハイブリッド(E-Four)は従来型を踏襲するが、ボディ剛性や空力性能を高めることで、走りの質感を向上させているという。

 マイナーチェンジのレベルを超えた大胆な変更。ポルシェにキャッチフレーズ使用料を払って「最新のアル/ヴェルが最良のアル/ヴェル」というキャッチフレーズを付けてほしいくらいである。

■こんな顔をして究極の「おもてなし」

 撮影会で実車に触れると、アルファード/ヴェルファイアの凄さがよくわかる。当たり前のことをシタリ顔で言うが、とにかく広い、豪華、快適! 特にエグゼクティブラウンジの豪勢さには圧倒される。

 読者灯、温熱シート(1列目、2列目)、12.1型リアシートエンターテインメントシステム、LEDルーフカラーイルミネーション、大型アームレスト+格納式テーブル、パワーオットマンなどの装備が満載なのだ。

ロイヤルラウンジの内装。ホテルのスイートルームとか飛行機のファーストクラスのようだ
エグゼクティブラウンジの内装。ホテルのスイートルームとか飛行機のファーストクラスのようだ

 エグゼクティブラウンジは2列目セパレートシートの7人乗りのみだが、X(アル/ヴェル共通)とS(アルファード)、Z(ヴェルファイア)には8人乗りもあり、幅広く対応。

 3列目シートは左右両サイドに簡単に跳ね上げて格納できるスペースアップ機能を備えており、広大なラゲッジルームを作り出すこともできる。2列目シートを折り畳み、一番前までスライドさせると荷室長は2mを超える。

上質な肌ざわりのプレミアムナッパ本革シートを採用しているエグゼクティブラウンジ
上質な肌ざわりのプレミアムナッパ本革シートを採用している。フロントマスクにあれこれ言っていた本企画担当も思わずこの顔である

 また、助手席が最大1160mmスライドできる「助手席スーパーロングスライドシート」も新たに採用(一部グレード)。室内の収納スペースも豊富にあって、こんなに派手な顔をしていながら、おもてなしの心が溢れているのがニクイ。

 最も安い2.5LガソリンX(335万4480円)でもトヨタセーフティセンス(ACC付き)などが標準で、そのコスパの高さは驚異的。まったくスキのない構成だ。

 さて冒頭のタイトルに戻ろう。最新のアル/ヴェルは最良のアル/ヴェルなのか? ひとまず内装に関していえば、「最良なのだ!」と当サイトとしては認定したい。アルファード/ヴェルファイアは日本の誇りだ!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ