新型クラウン新情報キャッチ! すでに「GR」の開発が進んでいる!?

 今年最大の注目新型車といえる新型クラウン。本誌『ベストカー』ではクラウンの情報が入ると部数が伸びるという「勝利の方程式」が囁かれており、Webサイトでも順調にアクセスを集めている。

 そんな新型クラウンにさらなる新情報が入ってきた。以下、速報ベースでお届けしたい。

文:ベストカー編集部
ベストカー2018年2月10日号「2019年の超大物SCOOP!」より


■今夏デビューの新型クラウンに「あのグレード」の存在が

 今年7月にフルモデルチェンジを行う予定のクラウン。その次期型は、TNGAコンセプトの新開発プラットフォームを採用し、ニュルで鍛えた本格派スポーツサルーンであることを前面に打ち出している。

 最大のトピックスは、ノーマル仕様からV6エンジンのグレードがなくなり、2L直噴ターボ仕様と2.5Lエンジン+モーターのハイブリッド仕様の2本立てとなる変更。

昨秋の東京モーターショーに出品された新型クラウン(出品車はあくまでコンセプトモデル)。流麗なボディフォルムが特徴。ライバルはズバリ、アウディだ
昨秋の東京モーターショーに出品された新型クラウン(出品車はあくまでコンセプトモデル)。流麗なボディフォルムが特徴。ライバルはズバリ、アウディだ

 また「ロイヤル」、「アスリート」、「マジェスタ」という区分けも見直され、全般的にグレード体系が見直されることになる。

 クーペのような流麗なフォルムを持ち、スポーティなフロントマスクを持つことで、新型は(従来にはない)若々しいイメージで登場するという。

 そんなクラウンに新情報が入ってきた。

 「すでにGRシリーズの開発が進んでいる」とのこと。

GAZOOレーシングが開発する「GR」の本誌予想CG。「GRMN」はハイチューンの3L、V6ターボエンジンを搭載し、ボディ補強、足回りの強化なども実施。BMWのMシリーズに迫る運動性能を目指している
GAZOOレーシングが開発する「GR」の本誌予想CG。「GRMN」はハイチューンの3L、V6ターボエンジンを搭載し、ボディ補強、足回りの強化なども実施。BMWのMシリーズに迫る運動性能を目指している

 東京オートサロン2018には、TRDやモデリスタがエアロパーツを装着させたスポーツコンセプトを出展していたが、「GR」ではエンジンパフォーマンスの向上など、より踏み込んだスポーツモデルとして登場させるようだ。

 すでに発表されているヴィッツGRMNでは、エンジンを本来の1.5L、NAから、1.8Lスーパーチャージャーに換装するなど過激に変貌させている。

 クラウンも、「GR」までは標準車と同じ2L直4直噴ターボとし、「GRMN」では現在新たに開発している3LのV6ターボを搭載する可能性がある。

 デビューするとしたら(今年7月にノーマル仕様が発売され、モデリスタ版やTRD版は同時発売となり)、2019年の年頭、東京オートサロンあたりでお披露目……というスケジュールが考えられる。

 楽しみに待ちたい。

こちらも東京オートサロン2018に出品された、TRD製の漆黒の新型クラウン。各種エアロパーツおよびツヤ消しのボディカラーが美しいが、残念ながらこちらは発売予定なしとのこと。会場では大評判だったので、ぜひ市販してほしい
こちらは東京オートサロン2018に出品された、TRD製の漆黒の新型クラウン。各種エアロパーツおよびツヤ消しのボディカラーが美しいが、残念ながらこちらは発売予定なしとのこと。会場では大評判だったので、ぜひ市販してほしい
写真上は、モデリスタが製作し、東京オートサロン2018に出展した「クラウン コンセプト モデリスタ」。ノーマル仕様と同時に今年7月頃の発売予定
モデリスタが製作し、東京オートサロン2018に出展した「クラウン コンセプト モデリスタ」。ノーマル仕様と同時に今年7月頃の発売予定

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ