新型フェラーリ日本上陸!! その名も「ポルトフィーノ」!!

 2018年2月19日、フェラーリジャパンは新型車「ポルトフィーノ」の日本仕様を発表しました。

「ポルトフィーノ」とは北イタリア(リグーリア州ジェノヴァ)にある地中海沿いの港町の名前で、イタリア国内でも最も美しい観光地のひとつ。

 「その名を関するフェラーリ・ポルトフィーノは、 GTレンジで最も多用途性に優れたモデルとなりました」と公式リリースにある。

 そんな「フェラーリ・ポルトフィーノ」の概要を、速報ベースでお届けします。

文:ベストカーWeb編集部


■「フェラーリ史上最も強力なコンバーチブル」

 この「フェラーリ・ポルトフィーノ」は、 2009〜2017年に発売されたフェラーリ初のクーペカブリオレの2+2(つまり4人乗り)モデル、「フェラーリ・カリフォルニア」の後継車となる。

フェラーリ・ポルトフィーノ。めちゃくちゃカッコいい
フェラーリ・ポルトフィーノ。めちゃくちゃカッコいい

 FRであり、後席とトランクを持つフェラーリは日常的な使い勝手が高く、アメリカ市場を中心に大ヒット。フェラーリ社の業績向上に大きな役割を果たした(なにしろ購入者の70%が「初めてのフェラーリオーナー」だった)。

 そんなカリフォルニアの後継車として登場したのが、このフェラーリ・ポルトフィーノ。 2017年9月のフランクフルトショーでワールドプレミアとして登場し、この2月の発表会で日本上陸。すでに全国のフェラーリ正規代理店では注文を受け付けている。

リアスタイルも美しい。広がりがあるのに流れるようなボディライン
リアスタイルも美しい。広がりがあるのに流れるようなボディライン

 電動ハードトップ、広いトランク、約 600馬力の 3.9L、V8ターボエンジン(トランスミッションは7速DCTのみ)、0〜100km/h加速わずか3.5秒と、公式リリースでは「フェラーリ史上最も強力なコンバーチブル」と胸を張るだけの実力を持つ。

 先代のカリフォルニアがそうであったように、アメリカ市場でバカ売れすること間違いなしのモデルとなる。

 お値段2530万円(税込み)〜。正直いって一生買える気がしないが、ぜひ一度試乗してみたい一台。

ダッシュボード中央には10.25インチのモニターを装備。豪華かつ使い勝手も高いインテリア
ダッシュボード中央には10.25インチのモニターを装備。豪華かつ使い勝手も高いインテリア

■フェラーリ・ポルトフィーノ主要スペックはこちら

●エンジン 
タイプ V8 – 90°ターボ
総排気量 3,855cc 
ボア&ストローク 86.5 mm x 82mm 
最高出力 441 kW(600ps)/7,500rpm 
最大トルク 760 Nm/3,000-5,250rpm 
最高許容回転数 7,500rpm 
圧縮比 9.45:1 

●サイズ & 重量 
全長 4,586 mm  全幅 1,938 mm  全高 1,318 mm 
ホイールベース 2,670 mm 
フロント・トレッド 1,633 mm 
リア・トレッド 1,635 mm 
空車重量 1,664 kg 
乾燥重量 1,545 kg 
重量配分 46:54(フロント:リア) 
トランク容量 292 L 
燃料タンク容量 80 L 

●タイヤ 
フロント 245/35 ZR20; 8J×20
リア 285/35 ZR20; 10J×20
カーボンセラミックブレーキ 
フロント 390 mm×34 mm 
リア 360 mm×32 mm 

●トランスミッション&ギアボックス 
7速F1デュアルクラッチ・トランスミッション 

●電子制御 
ESP、ESC、F1-Trac、E-Diff 3、ツインソレノイド装備 SCM- E 

●パフォーマンス
最高速度 > 320 km /h 
0-100km/h 3.5秒 
0-200km/h 10.8秒 
100-0km/h 34 m 

●燃料消費 & CO2排出量
燃料消費量 10.7 L /100 km 
排出量 245g CO2 /km 

●価格
2530万円〜(税込み)

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ