新型スープラ登場カウントダウン!! 最終デザイン判明!!


■3月のジュネーブショーにはレーシングバージョンが出品

 まもなく、3月9日から開催されるジュネーブモーターショー。この新型発表の祭典では、TMGによるスープラのレーシング仕様が初公開される(市販バージョンの新型スープラについては3月末のニューヨークショーもしくはこの先のモーターショーで披露されることになる)。

新型スープラは市販バージョンよりもひと足先に、3月のジュネーブショーでレースマシンのGTEが初公開される
新型スープラは市販バージョンよりもひと足先に、3月初旬のジュネーブショーでレースマシンのGTEが初公開される

 欧州を拠点に車両開発をはじめ、トヨタのさまざまなモータースポーツ活動を行っているTMG。

 そのTMGによるレーシング仕様の詳細についてはまだ明らかになっておらず「GT3マシンか?」という憶測もあったが、「LM-GTEクラス」のレーシングマシンである、という情報が入ってきた。

 LM-GTEクラスは、グループGT-2から発展した耐久レース用競技車両のカテゴリーのひとつで、ル・マンやWEC(FIA世界耐久選手権)、デイトナ24時間レースなどに参戦が可能。レギュレーションによってエンジン排気量は、NAが5.5Lまで、過給器付きは4Lまでとなっている。

 トヨタは現在、WRC、WEC、ニュル24時間レースなど、世界のモータースポーツへワークス参戦&活躍しているわけだが、このスープラのLM-GTEマシンはル・マンをはじめWECなど、海外の耐久レースに参戦するのは間違いないところ。

 現在、トヨタはWECにスポーツプロトカーの「LMP1」クラスへハイブリッドマシンで参戦しているが、このスープラGTEでGTカーの「LM-GTEクラス」でも戦うことになるわけだ。

 LMP1はこれまでと変わらずワークス体制となるが(今年からF1王者のフェルナンド・アロンソがトヨタで参戦)、スープラGTEのほうはプライベーターを含めた参戦となる可能性もあり、その存在を欧州や北米の耐久レースでアピールすることになる。サーキットデビューは2019年と予想。

■ここで「スープラ」の歴史をざっと振り返ってみよう

 スープラが誕生したのは1978年。初代は2代目セリカをベースにフロントノーズを延長した上級モデルとして登場。国内モデル名となったセリカXXの「X」連記は成人指定度を連想するとして避けられ、輸出仕様はスープラの名が与えられた。

初代セリカXX(1978年~1981年)/スープラ(日本仕様は2代目までセリカXX)の歴史はこのモデルから始まった。歴代のトップグレードはすべてNA&ターボの直6エンジン。新型もそれを受け継ぐ
初代セリカXX(1978年~1981年)/スープラ(日本仕様は2代目までセリカXX)の歴史はこのモデルから始まった。歴代のトップグレードはすべてNA&ターボの直6エンジン。新型もそれを受け継ぐ

 1981年にセリカXXは2代目にFMCされるが、日本国内でもスープラの車名になったのは3代目となるA70型から。

2代目セリカXX(1981年~1986年)/2代目XXは一転してスポーティ路線へと変更
2代目セリカXX(1981年~1986年)/2代目XXは一転してスポーティ路線へと変更

 初代と2代目は5M系の直6DOHC搭載車がトップグレードとなっていたが、1986年登場の3代目(初めて車名が「スープラ」となる)は前期型が7M系直6、3L、DOHCCターボ、後期型が1JZ系の直6、2.5Lツインターボがトップグレードに。

 前期型の3Lターボには1988年、グループAホモロゲ用にターボAタービン採用でパワーアップされた3.0GTターボAが500台限定で発売されている。

初代スープラ(1986年~1993年)/セリカから独立。後期型には直6、2.5ℓターボ搭載
初代スープラ(1986年~1993年)/セリカから独立。後期型には直6、2.5Lターボ搭載

 1993年には最終型のA80型スープラにフルモデルチェンジ。パワートレーンには2JZ系の直6、3L、DOHCツインターボがトップグレードのRZなどに設定された。

2代目スープラ(1993年~2002年)/今なお高い人気を誇る当時のスポーツフラッグシップ
2代目スープラ(1993年~2002年)/今なお高い人気を誇る当時のスポーツフラッグシップ

 ホンダNSX、日産GT-R、マツダRX-7、三菱GTOなどと並び、フラッグシップスポーツカーとしてトヨタのイメージを牽引、ハイパワー化を受け止める頑強なエンジンや素直なボディバランスと足回り、どことなく愛嬌のあるマスクも手伝って根強い人気を博したが、2002年8月、平成12年度排出ガス規制に対応できずに生産終了となった。

 歴代モデルのサイズを見ると、全長は初代~3代目までが4600mmを超え、ホイールベースも2代目までは2600mmを超えていたのに対し、新型は全長もホイールベースも歴代で最も短くなっているのが興味深い。パワートレーンの進化と合わせ、新型の走りには大いに期待したい。

 一部繰り返しとなるが、新型スープラはまずジュネーブショー(3月6日、日本時間午後17時45分)でレーシングバージョンが公開され、その後、3月末のニューヨークショーもしくはその後のモーターショーで市販型が発表、今年末〜来年春にかけて日本で発表発売となるスケジュール。