ベンツとBMWの最新最安モデルを中古で狙え!! 現行型と先代型 どっちがいい??

ベンツとBMWの最新最安モデルを中古で狙え!! 現行型と先代型 どっちがいい??

 以前筆者が購入した中古のメルセデスベンツは、新車時価格こそ約800万円だが、支払いは150万円。新車の軽も買えない額だ。

 にもかかわらず、当時の筆者は周囲から“富豪”扱いされてしまった。皆、中古車の相場など知らないのである。

 ドイツの2大プレミアムブランドであるメルセデスとBMWは特に“高額”とのイメージが強い。

 だが中古車であれば、それも、やや小さめなメルセデスのA・B・CクラスやBMWの1・2・3シリーズであれば、実はそこまで高額ではないのだ。

 そこでここでは、ベンツA・B・Cクラス、およびBMW1・2・3シリーズの現行型&先代の中古車を対象に、「今、実は買い得なモデルはどれなのか?」ということを検証してみたい。なおボリュームの関係上GLAやX1などのSUV系は省かせていただいた。すみません!

【画像ギャラリー】憧れのBMW・ベンツが手に入る!? 各クラス&シリーズの現行型・先代型中古車相場をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年12月のものです
文/伊達軍曹、写真/BMW、Mercedes-Benz、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2021年1月26日号


■メルセデスのエントリー車 ベンツAクラス

●オススメは先代か現行か?

 まずはメルセデスベンツAクラスについて。先代Aクラスのデビューは2013年1月。先々代までは、言ってはなんだがややショボいBセグメント小型車だったAクラスだが、先代は「カッコよくて立派な、走りもかなりいいCセグハッチバック」へとガラリとイメチェン。

 基本となるエンジンは1.6Lまたは2Lの直4ターボで、トランスミッションは7速DCT。中古車の流通量は非常に多く、モデル全体としての相場は80万~350万円と上下に幅広い。

 だが車両価格で120万円も見ておけば、かなり良スペックなA180系(1.6L直4ターボ搭載グレード)を容易に探すことができる。

 一方、現行型は2018年10月、さらにイケメンかつ上質なCセグハッチバックとして登場し、翌2019年には4ドアセダンの「Aクラスセダン」も追加された。

ベンツAクラス(現行・2018年~)…中古相場:270万~470万円/新車時価格:322万~479万円/流通量:★★★☆☆
ベンツAクラス(現行・2018年~)…中古相場:270万~470万円/新車時価格:322万~479万円/流通量:★★★☆☆
ベンツAクラスセダン(現行・2019年~)/中古相場:300万~490万円/新車時価格:344万~599万円/流通量:★★★★☆
ベンツAクラスセダン(現行・2019年~)/中古相場:300万~490万円/新車時価格:344万~599万円/流通量:★★★★☆

 AMGではない通常モデルの搭載エンジンは、ハッチバックが1.3L直4ターボと2L直4ディーゼルターボ。セダンには、このほかに2L直4ガソリンターボも用意されている。

 中古車の流通量は早くもそれなり以上に豊富で、相場はハッチバックが270万~470万円、セダンが300万~490万円といったところ。

 で、現行型と先代のどちらが中古車的にお薦めかといえば、これはもう明らかに「先代」だ。

 現行型の各種性能は当然ながら先代以上であり、インフォテイメントシステムも大幅に進化した。

 だが、最安値の中古車でも乗り出し300万円以上となる現行型の予算に対しては、「それならいっそ中古じゃなくて新車のほうが……」と思ってしまう。

 ということで、中古車的な狙い目(お買い得)はズバリ、車両価格120万円前後で低走行な先代A180系。

 そのうえで「レーダーセーフティパッケージ」が付いていれば、ほぼ文句なしだ。

★オススメ!!! ベンツAクラス(先代・2012~2018年)…中古相場:80万~350万円/新車時価格:284万~596万円/流通量:★★★★★
★オススメ!!! ベンツAクラス(先代・2012~2018年)…中古相場:80万~350万円/新車時価格:284万~596万円/流通量:★★★★★

次ページは : ■ファミリーユースに最適! ベンツBクラス

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ