BMW 4シリーズ カブリオレが全面刷新! 伝統的なオープントップに回帰!!


 BMWのラグジュアリーオープン「4シリーズ カブリオレ」が、フルモデルチェンジ。2020年に、個性的なマスクが話題となった新世代4シリーズのオープンモデルである。

 全面刷新された新型4シリーズカブリオレでは、モデルラインの拡大やルーフ仕様の変更など、カブリオレとしての魅力が改めて追及されている。生まれ変わった新型の特徴を紹介しよう。

文:大音安弘   写真:BMW

【画像ギャラリー】よりスポーティに!4シリーズカブリオレ


少し身近となった新型カブリオレ

 BMWは、2021年2月25日、新型4シリーズカブリオレを発表し、同日より販売を開始した。全車右ハンドル仕様となり、価格は、641万円~1089万円となる。

 新型4シリーズカブリオレは、2020年10月より導入を開始した新型4シリーズクーペをベースとしたオープンカーであり、基本的な機能や性能を共有する。そんな新型カブリオレの特徴は、伝統のソフトトップの復活とより身近なエントリーグレードの設定だ。

新世代へと切替が進むBMW4シリーズに、オープンモデルのカブリオレが新登場

伝統のソフトトップが復活

 従来型4シリーズカブリオレでは、高いボディ剛性や使い勝手を実現した電動格納式リトラクタブルハードトップの採用が大きな特徴であったが、新型では、伝統的なオープンカー同様に、キャンバストップ製ソフトトップに変更。

 これにより、オープンカーらしい美しい2トーンスタイルと優雅なルーフラインが復活された。

  電動格納式ソフトトップは、ボタン操作ひとつで18秒でのフルオープンに。また50km/hまでの開閉操作が可能となり、従来型よりも使い勝手が向上。さらに先代比で約40%の軽量化を実現しているという。

 格納式ルーフによるトランクルームへの影響も抑制され、オープン時のトランク容量が、従来型比+80となる300Lを確保。クローズ時も+15Lの385Lに拡大するなど実用性が高められた。

 走行性能を高めるべく、サイドスカートを強化し、カブリオレ専用の補強ストラットの追加などボディ剛性の向上にも注力。その結果、同クラスの歴代BMWカブリオレと比較して、最強の運動性能を実現しているという。

 また50:50の重量配分や高い静粛性など、BMWの相応しい贅沢なオープンモデルへと鍛え上げられている。

最大の特徴は、キャンバストップ製ソフトトップの採用にある

次ページは : 2シリーズカブリオレの需要もカバー

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ