BMW、2021年にEV3車種を日本導入へ! 駆け抜ける歓びはあるか?


 BMWジャパンは2021年1月末、オンライン発表会にて、BMW初のフル電動SUVのiX3、スペシャリティSUVのiX、4ドアクーペのi4という3台のEVを2021年に発売すると予告し、日本でも電動化戦略を強化していく姿勢を強く示した。

 その一方で、2021年に発表した新型車第一弾は、エコカーとは対極にあるMハイパフォーマンスモデル、M3/M4であった。このギャップには、戸惑いを感じる人もいるかもしれないが、実にBMWらしさに溢れた前向きな戦略とも解釈できる。

 クルマ好きにとってBMWは「駆け抜ける歓び」という企業スローガンの通り、走りを期待する人が多い。そこで、BMWが進めている電動化は今後、どんなものになるのか、迫ってみたい。

文/大音安弘、写真/BMW

【画像ギャラリー】充実しつつあるBMWのEVラインナップ


■電動車へシフトが進むBMW

2020年のBMWグループ(MINIを含む)のエレクトリックヴィークルのモデルラインナップ

 コロナ過による世界的な新車販売の減少を受けた2020年は、BMWグループ全体で前年比-8.4%となる232万4809台に留まった。ただ第4四半期販売台数は、前年比+3.2%の伸びを見せており、世界的に販売が巻き返したことで、痛手を最小限に留めたことが分かる。

 そのなかで大きな影響力をみせたのが、電動車(※EVおよびPHEVを指す)の存在だ。欧州でのCO2規制の強化を受けたモデルラインの拡大に加え、各国政府によるエコカー補助金による後押しもあり、販売を伸ばしている。

 2020年、世界で販売されたBMWとMINIの電動車の総数は、前年比+31.8%の19万2646台にも上った。販売全体からみれば、わずか約8.3%に過ぎない。

 しかし、仕様別で見ると、BEV(Battery Electric Vehicle=純電気自動車)は+13%、PHEVが+38.9%と、BMWユーザーの生活のなかに、電動車がより積極的に取り入れ始めていることが感じられる。欧州販売では、全体の15%が電動車へとシフトしているという。

 ちなみに、BMWでは非充電の48Vマイルドハイブリッド仕様は、電動車のなかに含めていない。もちろん、CO2削減のために、搭載モデル自体は拡大傾向にある。

■電動車は現在の13モデルから2023年までに25車種まで拡大

2020年に行ったプレゼンテーション「#NEXTGen 2020」では、電動化を含む未来のモビリティにおいて、BMWが主導的役割を果たすという目標を掲げている

 現時点の電動車のラインナップは13モデルに過ぎないが、2023年までにほぼ2倍となる25車種まで拡大。そのうち半数をBEVと明言している。そのため、日本でもBEVの拡大はマストだ。

 その反面、好調な伸びをみせたのが、Mモデルなのだ。全世界で昨年の+6%となる14万4218台を記録。世界的には、XシリーズのMハイパフォーマンスモデルとMパフォーマンスの新型「X6 M50i」が販売に大きく貢献。

 その流れは、日本市場も同様で、前年比+7.7%の成長をみせた。ただ日本市場では、「M8」シリーズや「M235iグランクーペ」の貢献が大きかったとのこと。

 つまり、全体的な販売が落ち込んだ状況でも、電動車とハイパフォーマンスカーは成長をみせたのだ。コロナ過でのハイパフォーマンスカー人気の背景には、富裕層の生活の変化にあるのだろう。

 これまでブランドファッションや贅沢な旅行などのアクティブな志向に使われていた資金が、クルマに流れたと思われるからだ。それを裏付けるように、日本でもフェラーリが+24.7%、ロータスが+35.5%と成長。販売台数自体は多くはないものの、販売台数を伸ばしている。

 また2輪車であるBMWモトラッドは、前年比+11.1%増の5007台を販売。輸入オートバイ全体も前年比+2.3%となる好調ぶり。

 しかもオートバイは、ハーレーダビッドソンやドカティ、モトグッチなどのメジャーどころの販売が少し落ち込んだのに対して、トライアンフやハスクバーナーなどの通好みなブランドは+20%を超える伸びを見せているのも興味深いところだ。

 つまり、お金を使える人たちの志向が、より拘りの強いもの、価値あるものに向いたともいえるわけだ。これは、経済的に厳しい状況にあっても高付加価値のものは、大きく販売が落ちないこととも解釈できる。

次ページは : ■2013年に登場したEVに特化したiブランドを強化

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ